関連:もう庶民に対する病院はいらなくなるそうですからね(病院は歴史の一部になる)
2030年世界の8つの予測 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

医師会:「COVID-19」の投与を警告した
医師の免許剥奪を支持

米国小児科委員会、米国家庭医療委員会、米国内科委員会は、実験的なCOVID-19ジャブの安全性に疑問を持つ医師の免許や資格をすべての委員会が取り消すか停止すべきであるという米国医師会連合の決定を支持します。

Covid-vaccine-coercion-scapegoat-unvaccinated-feature
2021年9月20日

ワシントンD.C(LifeSiteNews)-  3つの専門的な医学協会が、斬新なCOVID-19予防接種に反対の意見を述べた医師から医療行為の資格を剥奪する提案を支持しました。

 9月9日(木)、米国小児科学会、米国家庭医学会、米国内科学会は、7月29日に行われた米国医師会連合(FSMB)の決定を支持する共同声明を発表しました。これは、実験的なCOVID-19注射の安全性に疑問を持つ医師の免許や資格を、すべての医師会が取り消すか停止すべきだというものです。

「米国家庭医療委員会(ABFM)、米国内科医会(ABIM)、米国小児科医会(ABP)は、FSMBの立場を支持します。また、このような非倫理的、非専門的な行為は、それぞれの委員会に認証を危険にさらすような行動を促す可能性があることを、我々の委員会から認証を受けているすべての医師に知っていただきたいと思います」と、3つの委員会は声明を発表しました。 

ABFM、ABIM、ABPを含む、医師の免許や懲戒を行う米国のすべての医学委員会を代表する全国組織である国家医療委員会連盟Federation of State Medical Boards(FsMB)は、7月29日に発表した声明の中で、現在は支持されている立場を表明しました。 

FSMBは、「COVID-19ワクチンの誤報や偽情報を流した医師は、医師免許の停止や取り消しを含む、各州の医療委員会による懲戒処分のリスクがある」と発表しています。 

Medical associations back stripping licenses from doctors who warn against COVID-19 jabs - LifeSite (lifesitenews.com)


※アメリカ的ですな....でもきっと裁判ラッシュで無効になりそう
もし無効にならなかったら一大事...