CV19 Booster Shot Also a Bioweapon – Karen Kingston | Greg Hunter’s USAWatchdog

CV19 ブースターショット も生物兵器 – カレン・キングストン




カレン・キングストンは、バイオテクノロジーのアナリストであり、元ファイザーの社員であり、多くの最先端の医薬品問題について研究し、執筆している。キングストンは、Covid 19といわゆるワクチンやブースターは、今後も長く続くと考えている。 キングストンは次のように述べている。「なぜ、このような状況が続くのかというと、COVID19は今や数兆ドル規模の産業になっており、今後10年以上の見通しが立っているからです。 私には、バイオテック業界のウェブサイトに掲載されている数多くのビジネスプランがあります。 私はバイオテック産業のメッカであるサンディエゴにいます。 私はサンディエゴにいますが、ほとんどの人は私たちが世界のバイオテック産業であることを知りません」

キングストンによると、CV19注射剤には、数十億ドルが投資されていると言います。 
あるファンドだけでも、すでに5億ドルを研究に投資しており、キングストンは次のように指摘しています。「5億ドルのファンドでは、クアルコム社と提携して、Covid 19のすべての遺伝子のバリエーションをマッピングしています。 Covid 19はまさに人間を表すコードであり、彼らは人間の遺伝子構成をマッピングしたいと考えています。 

もし、Covid 19がなくなったら、5億ドルのプロジェクトはどこへ行くのでしょうか?彼らは、ここカリフォルニア州カールスバッドに、年間6億回のCovid19の迅速な検査を生産するための新しい製造施設を作ることを発表したばかりです。
 
もしCovid 19がなくなったら、その製造施設と年間10億ドルの企業はどこに行くのでしょうか? これは何万もの例の中の、ほんの2つの小さな例に過ぎません。 従って、なくならないのです。それが消えない理由です。

だからこそ、学校や市や州の職員には強い義務が課せられているのです。. . . サンディエゴの1,850人の警察官のうち740人はワクチンを接種しておらず、接種を望んでいません。
トッド・グロリア市長は彼らに2つの選択肢を与えました。 この生物学的製剤を注射するために自分の体を差し出すか、バッジと銃を差し出すかです。 私は警察に、市長を逮捕するという3つ目の選択肢を与えました。



キングストンは、CV19のいわゆるワクチンはワクチンではなく生物兵器であるとし、さらに次のように述べています。ファイザー社が陥っている問題は、彼らがワクチンであることを少しでも証明したことがないということであり、彼らの作用機序はFDAによってウイルス遺伝子ベースの治療法と定義されています。 ワクチンとしての基準を満たしていないのです。 その上、FDAはこのカテゴリーの他の製品をがん治療薬として承認しています。 ですから、私や私のアナリストと関わりたいと思っている真面目な弁護士がいたら、これは実際に大きなケースです。 ファイザーは(責任の)盾を破り、FDAは重大な過失を犯したのです。 データを見れば、これが虚偽の誤解を招くような表示や適応外の主張にとどまらないことがわかるでしょう。. . . 彼らは医師たちに、これはワクチンであるが、そうではないと言ったのです。」


ファウチ博士は現在、CV19に対する予防にはブースターが「必須」であると主張しています。キングストンはCV19のブースター注射を推奨しているのでしょうか? 「私は、誰もが自分自身に生物兵器を注射すべきではないと考えていますので、そうではありません。 また、誰も自分の子供に生物兵器を注射する権利を持つべきではないと考えています。 これは断固としてダメです、止めるべきです。. . もし私が(CV19の注射で)悪い反応が出なかったら、私はひざまずいて神に感謝します。. . . 騙されていたことを許してください」と祈ります。」




 
※「COVID19は10年以上の見通しが立っている」とのことで、なんとまあ憂鬱なことですな....