サイレンが聞こえてくる中、森のどこかで行進するロシア軍
場所はベラルーシと思われる



ジョージ・イートン
現状では、バイデンは8,500人のアメリカ軍をヨーロッパに派遣するために活動させており、さらに5万人が迅速な展開のために待機しています。ロシアは、ロシア西部とベラルーシに、軍事機器と軍隊を満載した列車200両を送りました。ロシア軍の数は30万人と推定されており、50万人に上る可能性もあります。これらの軍隊と軍需品は、ウクライナを包囲しているように見え、ポーランドの東側国境にも不安定に近づいています。

ロシアがウクライナに侵攻するのではないかと、NATOやアメリカ、そして多くのヨーロッパ諸国がコメントしている。それはまだわかりません。侵攻する可能性があるのは明らかですが、現時点では侵攻するかどうかは不明です。ウクライナには全国で25万人の軍隊があり、ドンバスとクリミアの戦域には12万5千人が駐留しています。


欧米の戦争計画担当者はようやくこのことに気付きつつありますが、ロシアがウクライナを回避または保留し、代わりにウクライナほど防御力の高くない他の北欧諸国を狙う可能性があります。つまり、バルト3国とポーランドです。プーチンは、ブリュッセルのNATO本部や、英国の基地を含むいくつかのターゲットを攻撃することもできるでしょう。

米国は、他のNATO軍に加わるために何十万人もの軍隊を派遣することができますが、ロシアが今後2週間のうちに行動を起こせば、ゲームに遅れることになります。ロシアがウクライナや他のヨーロッパ諸国を攻撃するのを防ぐために、NATO関係者や西側の政治家は核による威嚇に頼っていたようです。これは彼らにとって大きな誤算となるかもしれません。

現状では、ロシアは、安全保障上のリスクを生み出しているロシアに隣接するいくつかの国との戦いに勝てるだけのマンパワー、軍備、通常兵器を持っています。双方の軍備を増強し、敵対行為の勃発を待つことで、ヨーロッパとアメリカは緊張しています。ストレスレベルは第二次世界大戦以来、いつにも増して熱を帯びています。


ベラルーシ国営テレビからヨーロッパへ:「スラブの連合軍は断固とした手腕で封鎖を突破する!イワンはこのクソ野郎にとどめを刺すだろう。我々はワルシャワとキエフを奪うだけではなく、汚いヨーロッパ全土に一片の石も残さない!サイコパスども、邪魔をするな。ここから出て行け!」

1月25日
アメリカはポーランド経由でウクライナに戦車を動かし始めた?


Hal Turner Radio Show - Belarus Railroad Computer Servers HACKED to Slow Down Russian Military Trains
ベラルーシの反体制派グループ「Cyber-Partisans」は、ベラルーシ鉄道のコンピュータ・ネットワークへの攻撃を報告しました。

彼らは、ベラルーシ鉄道のサーバー、データベース、ワークステーションの大部分を暗号化し、ロシアの軍隊や兵器を乗せた列車がベラルーシに到着するまでの間、鉄道の運行を遅らせ、混乱させました。銃撃戦はまだないものの、「戦争」は現在進行中である......。


Hal Turner Radio Show - 82nd Airborne To Send Some Soldiers to Europe over Ukraine Troubles
第82空挺師団、ウクライナ問題で一部兵士を欧州に派遣へ

ロシアによるウクライナ侵攻の可能性を考慮して、米国陸軍第82空挺師団の「一部の」メンバーが、今後72時間以内に「ヨーロッパ」に派遣されるという情報が流れています。 表現に注目してください。 「一部の」と「ヨーロッパ」です。  これはすべてポーズである。 アメリカはウクライナをめぐって戦うことはないし、そうすべきでもない。

月曜日、米国防総省は、ロシアとウクライナの間の緊張が高まり続ける中、8500人の米軍兵士を厳戒態勢で配備した。軍関係者によると、第82空挺師団の第3旅団戦闘チームが72時間以内に配備されるという。

バイデン政権は、東ヨーロッパにおける米軍のプレゼンスを強化したいと考えています。近い将来、ロシアがウクライナに侵攻するのではないかという懸念からの動きです。 しかし、アメリカが言う「東ヨーロッパ」とは、ウクライナではなく、ポーランド、リトアニア、ルーマニア、ブルガリアを意味しています。

軍事アナリストはハル・ターナー・ラジオショーで、「8500人の部隊は基本的に何もない。  また、ウクライナはNATOに加盟しておらず、条約上、ウクライナを防衛する義務はないと明言しています。

もし、わが国の軍隊が間違った時に間違った場所にいたらどうするのか? それが問題なのだが、そのときアメリカはどうするのだろうか?


Hal Turner Radio Show - Analysis: What Would a Confrontation Between Russia and NATO Look Like?
分析: ロシアとNATOの対立はどのようなものか?


「ロシアとNATOの対立はどのようなものになるでしょうか?」一言で言えば、NATOが準備してきたようなものではありません。

このような紛争においてNATOの味方となるのは、制裁によってロシア経済を弱体化させる時間と、NATOがロシアの通常戦力に対抗できるだけの軍事力を蓄える時間です。

ロシアはこのことを知っているので、ロシアの動きは、迅速かつ決定的なものになるように設計されています。

まず第一に、いざとなれば、ロシアがウクライナに対して行動を起こすときには、十分に考え抜かれた行動計画と、それを成功させるために十分な資源が割り当てられた状態で行動するでしょう。ロシアは、米国がアフガニスタンやイラクで経験したような、延々と続く可能性のあるウクライナでの軍事的不運には巻き込まれないだろう。ロシアは、米国の第一次湾岸戦争における「砂漠の嵐作戦」を研究し、その教訓を生かしている。

敵を破壊するためには、領土を占領する必要はありません。その国の経済的、政治的、軍事的、あるいはそれらすべての能力の特定の側面を無効にするように設計された戦略的な航空キャンペーンと、敵の領土を占領するのではなく、敵の軍隊を破壊するように設計された集中的な地上キャンペーンを組み合わせることが、考えられる行動方針です。

精密なミサイル攻撃に裏打ちされた航空戦力という点で、ロシアは圧倒的な優位性を持っており、ウクライナに対する戦略的航空作戦は、米国が1991年にイラクに対して1ヶ月以上かけて行ったことを数日で達成することができる。

地上では、ウクライナ軍の破壊はほぼ確実である。簡単に言えば、ウクライナ軍は大規模な地上戦を行うための装備も訓練もしていない。ウクライナ軍は断片的に破壊され、ロシア軍はウクライナ軍の兵士を殺すよりも、ウクライナ軍の捕虜の処理に時間を費やすことになるだろう。

しかし、ロシアがウクライナに対して行う軍事作戦が、NATOとのより大きな紛争において効果を発揮するためには、次の2つのことが起こらなければなりません。すなわち、ウクライナが近代的な国民国家として存在しなくなること、そしてウクライナ軍の敗北が大規模かつ一方的で迅速なものでなければならないのです。もしロシアがこの2つの目標を達成することができれば、ロシアはNATOに対する全体的な戦略的姿勢の次の段階である威嚇に移行することができます。

米国、NATO、EU、G7は「前例のない制裁」を約束しているが、制裁は相手が気にしていなければ意味がない。ロシアは、欧米との関係を壊すことで、もはや制裁を気にしなくなる。さらに、ロシアが銀行間SWIFT取引を遮断されても、ヨーロッパがロシアのエネルギーなしに生き延びるよりも長く生き延びることができるということは、現実をシンプルに認識していると言えるでしょう。ロシアと欧米の関係が破壊されれば、ロシアのガスと石油が欧州の顧客に完全に行き渡らなくなります。

ヨーロッパにプランBはありません。ヨーロッパは苦境に立たされ、かつての民主主義国で構成されているため、政治家がその代償を払うことになります。米国に盲目的に追随してロシアとの対決に踏み切った政治家たちは、他のヨーロッパとは何の共通点もない、ナチスを崇拝し、徹底的に腐敗した国家(ウクライナ)のために、なぜ経済的な自殺をしたのか、それぞれの有権者に答えなければならない。それは短い会話になるだろう。

もしロシアがウクライナに侵攻した後、米国がロシアの西の辺境にNATO軍を増強しようとするなら、ロシアは「ウクライナ・モデル」と呼ばれる形で、ヨーロッパに既成事実を提示するだろう。要するに、ロシアはウクライナのやり方を、バルト諸国やポーランド、さらにはフィンランドがNATO加盟を目指すほど愚かな場合にも適用することを保証するのである。

ロシアは、米国が十分な軍事力を蓄えるまで待つこともしない。ロシアは、対象国の経済機能を低下させるための航空作戦と、戦争遂行能力を消滅させるための地上作戦を組み合わせて、違反国を破壊するだけです。ロシアは、NATOの領土を長期間占領する必要はなく、NATOが国境付近に蓄積した軍事力を破壊するには十分である。

核兵器を使用しない限り、NATOはこの結果を防ぐことはできません。

ワシントンの現在のプロパガンダは、ロシアがウクライナを「侵略」して吸収するというものです。それはないだろう。ウクライナは衰退し、貧困に陥り、産業が衰退し、分裂し、腐敗し、崩壊している。モスクワはこのパッケージの責任を負いたくないのである。

モスクワは、自国の軍隊がウクライナの多くの地域で歓迎されても、他の地域では歓迎されないことを十分認識している。実際、モスクワでは、スターリンが戦後ガリシアをウクライナSSRに与えてワルシャワに問題を押し付けるのではなく、ガリシアをポーランドに返しておけばよかったと思っているに違いない。しかし、このことは、最終的にノボロッシヤの大部分(ルハンスクとドネツク、つまりドンバス)が最後まで吸収されることを否定するものではない。

ワシントンの2つ目の妄想は、もしモスクワが「ウクライナに侵攻」したら、できるだけキエフから離れた場所から始めて、戦車を次々と道路に送り込み、アメリカが供給したPAWが大きな犠牲を払うことになるだろうというものです。しかし、スコット・リッター氏が説明するように、モスクワはそのようなことは絶対にしないでしょう。モスクワはスタンドオフ兵器を使って、ウクライナの部隊配置、C3I資産、集合場所、砲兵配置、弾薬庫、飛行場、港などを消滅させるだろう。好きなように。すべてがあっという間に終わり、ジャベリンが箱から取り出されることもないだろう。しかし、それはリッター氏が説明するように、極端なオプションである。

残念ながら、米国の政策を推進していると思われるブリンケン、サリバン、
ファルカス、ヌーランズらは、このことを全く理解していません。彼らの理解不足が何百万人もの命を危険にさらしているのです。