NANO-MAN (deep nasal swab tech, radiation, injection tech, Borg assimilation) (bitchute.com)

neurorightschile
チリ憲法の改正は、歴史上初めて精神的アイデンティティを操作不可能な権利として定義し、ニューロサイエンスや人工知能の技術的進歩から精神的アイデンティティを守ることを目的としています。
この法案は、精神的なプライバシー、個人のアイデンティティ、思考の自由意志、人間の能力を高める技術への公平なアクセス、差別からの保護などの権利を守ることを目的としています。





チリは来るべきトランスヒューマンへの変身後の制度を防ぐために防御策に出たのでしょうか?


スクリーンショット (588)

毒物であるアジュバントに体が反応しているに過ぎず、体が毒されると、これらの毒物によって細胞に穴が開き、細胞が破壊されてしまうのです。細胞が破壊されたときの体の反応は、セリン物質グロブリンを形成することである。グロブリンとは、酸性環境下ですぐに膨張し、扁平になり、硫化水素基で架橋された小さなタンパク質体のことで、この中にエネルギーが他のタンパク質などと一緒に蓄えられる。これらは、血液を凝固させたり、傷を治したりする原因となり、毒素が体内に注入されたときには細胞を封鎖する。筋肉に打撃を受けたり、特に敏感な腎臓や肝臓に打撲や打撃を形成しても、すぐに力価の上昇が見られます。
体はこれに反応して、傷ついた細胞を封じ、成長する細胞を封じます。それは、窓を入れて密閉するまで雨漏りする家のようなものです。これを抗体、さらには特異抗体と呼んでいましたが、それは間違いです。この硫化水素型タンパク質の結合特性は非特異的で、あらゆるものに結合します。実験室では、酸の濃度を変えたり、ミネラルの濃度を変える洗剤を加えたりして、結合するかどうかを操作することができます。

※抗体とか特異抗体も間違いなんだってさ...

これに載せてた動画だけど、誰も読んでないかと思って...再投稿
いくつかの動画:突然死・黒目の赤ちゃんについてなど : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)