BitChute

スクリーンショット (634)

スクリーンショット (635)
ファイザーワクチンのサンプルで観察された人工的なパターンと、学術論文の画像を比較したもの

スクリーンショット (633)

5Gのための26GHzと28GHz
広がるミリ波スペクトラムの機運
5Gとミリ波を組み合わせることで、超高速・低遅延のモバイル性能を実現することができます。28GHz帯は、商用サービスやデバイスの利用が可能になるなど、普及の機運が高まっています。26GHzについては、WRC-19でこの周波数帯が世界的に認められたことで、大きく前進することになるでしょう。規制当局は、エコシステムが確立されていることを認識した上で、モバイルの割り当てを検討することができます。

このグレッグ・リースの最新のビデオは、ラ・キンタ・コルムナ(第5列)の発見についてのもので、注射を受けた人も受けていない人も、何が入っているのか、その潜在的な影響を知る必要があるので、興味があります。処置を生き延びることができた人は、もはや自分の意志をコントロールできないことに気づくかもしれません。

ラ・キンタ・コルムナは最近、ファイザー社のmRNAワクチンの中に発見された自己組織化する奇妙なナノテクについて、光学顕微鏡による分析結果と結論を発表しました。

つまり、生きている人間にナノテクノロジーを使用して、複数のナノマシンを制御できるネットワークを形成するという、科学的に十分に立証された目標が、現在、CoV-19ワクチンに展開されており、これは記録された歴史の中で、人類に対する最も強引な攻撃に相当するというのです。

メディアや政府が大手製薬会社をかばうために嘘をついている間は、正式な成分はまだ不明です。

しかし、世界中の
何千人もの優秀な科学者たちが、これらの実験的なワクチンを研究しています。中には一部の人々は不幸な死に方をした人もいますが、ほとんどの人が研究成果を発表しており、その中で酸化グラフェンが重要な役割を果たしていることがわかっています。

酸化グラフェンの使用については、公式に文書化された研究が何十件もあり、今日ここで見られるような、とりわけ電力変換器としての使用に関連しています。

グラフェン。厚さ1原子の六角形に配列された炭素原子は、人類が知る限り最も薄くて強い物質であり、熱と電気の優れた伝導体です。厚い六角形に配置された1原子の炭素原子は、人間に知られている最も薄く、最も強い材料であり、熱と電気の優れた導体です。

ギガヘルツ帯の周波数をテラヘルツ帯にまで高めることができ、まさにこれらのナノテク機器が必要とする電力を供給することができるのです。

グラフェンに電気を供給するためには、まず周波数が必要です。グラフェンに外部から電力を供給するための最適な周波数は26GHzであることが知られており、これは5Gの周波数でもあります。

このモデルでは、体内のグラフェンがギガヘルツ帯のマイクロ波信号によって
活性化され、それがテラヘルツ帯に引き上げられることで、斬新なナノテク機器が体内で自己組織化されることになります。

いったん組み立てられたナノテク・マシンは何をするのか?

科学文献に掲載されている画像を見ると、これらは内部電子システムの基盤であり、人間のホストを操作するための無限の可能性を秘めていることがわかります。

ナノルーターは、Bluetoothで登録可能なMACアドレスを発信します。信号を増幅するためのナノアンテナとプラズマアンテナ。ナノレクタンナーは、ACからDCへの整流ブリッジとして機能し、通信を暗号化するためのコーデックとロジックゲートを備えています。

このような自己組織化の原料も酸化グラフェンであり、酸化グラフェンの既知の副作用とCoV-19ワクチノイドの副作用を比較すると、同じであることがわかります。

酸化グラフェンが体内に注入されると、予想通り、注入部位、心臓、脳の傍らで、磁気特性を獲得します。

グラフェンは、私たちの免疫システムによって病原体とみなされ、しばしば麻痺や脳卒中を引き起こすでしょう。グラフェンは、血栓や心臓病を引き起こすことが知られています。

酸化グラフェンは小さな放電を発生させ、心臓の不整脈を引き起こすことがあります。

これらの実験的なワクチンには多くのことが起こっており、特定のバッチが他のバッチよりも致命的であるという大量の実験が行われているという証拠は明らかです。

特定のロットには、人造の寄生虫のような大胆な新技術が含まれており、宿主である人間を最初に殺さない限り、その過程でコントロールすることを目的としています。


おそらく、マッドサイエンティストやサイコパスが狙っているのは、この侵略的で致命的なナノテクノロジーに耐えられる人間の遺伝子なのだと思われます....
5G Powered Graphene Based Nano-Tech in the Pfizer Vaccine – Forbidden Knowledge TV


※最近死者数が増えてませんか?オミクロンのただの風邪だからと安心させといて、接種者のグラフェン持ちが5G活性化でやられてるんじゃないですか?