Washington sanktioniert Putin und Lawrow (report24.news)

ワシントンがプーチンとラブロフを制裁
スクリーンショット (816)

米国財務省は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、セルゲイ・ラブロフ外相、およびロシア安全保障理事会の他のメンバーに対して制裁を課した。クレムリンはこれを「宣戦布告」とみなしている。

米国財務省は、ロシアのプーチン大統領とその閣僚に個人的な制裁を課した。

「米財務省、ロシア連邦のプーチン大統領とラブロフ外務大臣に制裁を発動」


米国財務省のテキストには、特にこう書かれています。

本日、米国は同盟国およびパートナーとの連携の下、ロシアの不当、無謀かつ早計なウクライナ侵攻に対し、プーチン大統領、ラブロフ外相、およびその他のロシア安全保障理事会メンバーに対する制裁を課すことにより、引き続き力強く対処した。これらの措置は、今週初めに米国とそのパートナーがロシアの金融システムの中核インフラに対して行った、ロシア最大の金融機関に対する制裁、ロシア連邦政府の資金調達能力の制限、重要技術へのアクセスの遮断などの広範囲な措置に基づくものです。これらの措置は、ロシアに前例のない外交的・経済的コストを課し、国際金融システムや国際社会からロシアをさらに孤立させるものである。

プーチン自身を含むロシアの有力政治家は、これまでの声明で、現職の国家元首に対する制裁は戦争行為とみなされると警告している。

プーチン大統領、バイデン大統領に制裁を課すことは「戦争行為」と見なされると発言


さて、問題はクレムリンがこれにどう反応するかです。もしモスクワが本当に戦争行為とみなして行動するならば、それは重大なことである。


Mehrere europäische Regierungen wollen Russland nicht aus SWIFT ausschließen (report24.news)
複数の欧州政府はロシアをSWIFTから排除することを望まず
スクリーンショット (817)

ドイツ、オーストリア、ハンガリー、イタリア、フランスは、ロシアをSWIFT決済システムから排除することを拒否している。その結果、ガスの供給がストップしてしまうことを恐れているのです。ウクライナの外務大臣は圧力をかけ続けようとしている。

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、国際決済システムSWIFTからの排除を含む対ロシア制裁に同意することを拒否しました。パイプライン「ノルド・ストリーム2」の認証停止に加え、エネルギー分野でのさらなる制裁を拒否しています。「団結と決意の精神に基づき、ここ数週間で現在準備されている措置を決定し、他のことも必要な状況まで取っておくことが非常に重要だ」と、ショルツ氏はEUサミットで述べた。これによって、社会民主党はどうやら仲直りしようとしているようです。ドイツが制裁に応じれば、モスクワはガス栓を閉めることで対応できます。

イタリア、ハンガリー、オーストリア、フランスも対ロシア制裁にSWIFTを加えることに反対している。とりわけ、これらのヨーロッパ諸国は、ロシアのガスに対する支払いシステムを保護したいからです。支払い方法がなければ、ガスもなくなります。これらの政府は、そのことをよく理解しています。

ドイツ、オーストリア、イタリアはロシアのガスに大きく依存しており、その代金をSWIFTシステムを通じて支払っており、どの国もロシアと密接な銀行関係を築いている。チェコ共和国はSWIFTを制裁対象に含めるよう求めているが、プーチンの盟友ヴィクトール・オルバンが率いるハンガリーは引き下がらないようです。イタリアは、ロシアのオリガルヒが主な顧客であることから、高級品を制裁対象から外すようEUに要求するまでになった。しかし、ロシア外相によると、イタリア外相もロシアをSWIFTから排除することに賛成すると言っているという。ただし、中国のCIPSは、決済においてロシアも代替可能ですが、そうなるとさらに脱ドル化が進みます。


西ヨーロッパが制裁に抑制的な対応をしたため、キエフは混乱している。ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、ロシア軍がキエフに侵攻した場合、「西側諸国の手に血が渡る」と警告したと、ガーディアン紙は報じた。「この問題で外交的になることはない 」とツイートしている。

さらに、「いまだに躊躇している一部の欧州の指導者たちへ:毎年、記念行事で『二度とない』と言いなさい」とも述べた。今こそ、それを証明するときです。ロシアはヨーロッパで残酷な侵略戦争を行っている。ロシアをSWIFTから追放し、あらゆるところから追い出すことです。


まだ躊躇している一部の欧州の指導者たちへ:毎年、記念行事であなたは「二度とない」と言う。今こそ、それを証明するときです。ロシアはヨーロッパで恐ろしい侵略戦争を繰り広げている。ここに、あなた方の「二度とない」テストがある。ロシアをSWIFTから追放し、あらゆるところから追い出すのです。


エネルギー制裁はまだテーブルにない。西ヨーロッパ諸国、特にドイツ、イタリア、オーストリアはこの案に反対するだろう。欧州の結束がなければ、バイデンは昨日、新たな制裁措置は特にエネルギー部門への影響を減らすと発表したが、これは欧州がウクライナのために進んで行おうとしない犠牲であった。「制裁措置の中で、エネルギー支払の継続を明確に規定しています。バイデンは木曜日の講演で、「私たちはエネルギーの供給に支障がないかを注意深く監視している」と述べた。「世界のエネルギー供給の確保という共通の利益を守るため、主要な産油国・石油消費国と調整を行った。」 アメリカもロシアから多くの石油を輸入しているのだから、当然である。そして、それに対応する制裁は、世界の市場価格を1バレルあたり200ドルをはるかに超える水準に引き上げる可能性がある。言うまでもなく、ロシアは世界の石油の約10%を生産している。