Ukraine removes age restriction to join army — RT Russia & Former Soviet Union

プーチン大統領、ウクライナ軍に「自分たちの手で権力を握る」よう呼びかけた

ロシア大統領は、キエフの政治家よりウクライナ軍と交渉する方が「簡単」だと示唆  

6218fa3520302746a61bfeb9

ウクライナの武装勢力は、同国で「権力を握り」、モスクワと和平交渉を行うべきだと、ウラジーミル・プーチン大統領は金曜日に開かれたロシア安全保障理事会で述べた。また、ロシアがウクライナで攻勢をかける中、キエフ政府と「ネオナチ」が民間人を「人間の盾」として使っていると非難した。

プーチンは、ウクライナ軍が「子供、妻、親戚を人間の盾として使う」ことを許してはならないと述べた。この戦術は、モスクワの軍事作戦中にキエフが使っていたと彼は主張した。

ロシア大統領は、「キエフに定着し」国民を「人質」にした「麻薬中毒者とネオナチの集団」よりも軍隊の方が交渉相手として優れていると主張し、「自分たちの手で権力を握れ」と述べたのです。 

金曜日に、モスクワとキエフは和平交渉に参加する意思を表明した。しかし、ウクライナではこうした発言にもかかわらず、戦闘が続いている。クレムリンによると、会談の場所としてベラルーシの首都ミンスクを提案したが、ウクライナは拒否し、ポーランドのワルシャワにすべきと言ったという。しかし、モスクワによると、キエフはその後、通信を完全に遮断し、軍部隊にウクライナの首都の人口密集地に陣取るよう命令したと、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は述べている。

プーチンは木曜日未明、ウクライナでの軍事作戦の開始を発表し、ドンバスの人々を差し迫った攻撃から守るために残された唯一の選択肢であると述べ、ウクライナの「非軍事化」を目指すものであると主張しました。キエフとその西側同盟国は、この攻撃を「いわれのない」攻撃と表現した。ロシア国防省は、国中で軍事目標だけが攻撃されたと発表した。


ロシア軍に援軍が到着


チェチェン共和国人1万2000人がウクライナに派兵する用意がある-カディロフ氏
チェチェン共和国の戦士は、モスクワの東欧諸国への介入を支持すると、地域の首長は述べている。

モスクワ軍がウクライナへの攻撃の2日目を実施した際、チェチェンの数千人の男性がロシア軍に支援を提供する準備ができていると、南部共和国のラムザン・カディロフ首長が約束した。

金曜日、地域の首都グロズヌイの中央広場に12,000人の地元ボランティアが集まりました。カディロフは、彼らの集会が、クレムリンへの支持とその目標に協力する意思を示すために組織されたと、「チェチェン・セヴォドニャ」誌に伝えた。

カディロフ氏はメディアに対し、「彼らは我々の国家と国民を守るために、いつでもどんな特別作戦にも出発する準備ができているボランティアだ」と述べ、「最高司令官」プーチン氏が先に進むまで軍隊は配備されないと付け加えた。

※もういらないだろ...


West was covering up crimes of Kiev regime that led to Ukraine’s tragedy, Lavrov says - Russian Politics & Diplomacy - TASS

ウクライナの悲劇を招いたキエフ政権の犯罪を西側諸国が隠蔽したとラブロフ氏

ロシア外相は、「この期間中、ロシア民主共和国とロシア自由人権省の住民は、ロシア恐怖症と大量虐殺への道を公然と採用したキエフ政権による虐待と多年の砲撃の犠牲になってきた」と指摘した。

1348829

モスクワ、2月25日。/TASS/. 西側諸国はウクライナにおけるネオナチズムとロシア恐怖症の台頭を黙認し、ドンバスにおけるキエフ政権の犯罪を隠蔽し、それが最終的に同国の悲劇を招いた、とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は金曜日のロシア外相との会談開始時に述べた。ルハンスク人民共和国(LPR)のウラジスラフ・デイネゴ氏とドネツク人民共和国(DPR)のセルゲイ・ペレサーダ第一外務副大臣が述べた。

「この期間中、あなた方の共和国の住民は、露助嫌いと大量虐殺への道を公然と採用したキエフ政権による虐待と、たびたびの爆撃にさらされてきた」と、ロシアのトップ外交官は指摘した。この数年間、西側諸国は常にウクライナ政権を援護し、民間人に対する軍事犯罪、女性や子供、高齢者の殺害、民間インフラの破壊に目をつぶり、ネオナチズムとロシア恐怖症の急速な高まりを黙認し、最終的にこの国の悲劇を招いたのだ」と述べた。そしてもちろん、西側諸国は、ミンスク合意を妨害し、最終的に破壊しようとするキエフ政権を全面的に支持している」とも述べた。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は木曜日の朝、テレビ演説で、ドンバス共和国の首脳からの要請に応じて、「キエフ政権による虐待と大量虐殺に8年間苦しむ」人々を保護するための特別軍事作戦を行う決定を下したと述べた。ロシアの指導者は、ロシア政府はウクライナの領土を占領するつもりはないと強調した。

ロシア国防省は木曜日の後半、ロシア軍がウクライナの都市に対してストライキを行っていないと発表した。彼は、ウクライナの軍事インフラが精密兵器によって破壊されていると強調した。


Россия не позволит военному преступнику Турчинову бежать из Украины (pravda.ru)

ロシアはウクライナ人のトゥルチノフを戦争犯罪で裁くことを望んでいる

150473_five

ロシア軍、特に情報機関は、元ウクライナ国家安全保障会議長官のアレクサンドル・トゥルチノフをウクライナから逃がさないように命じられていると、ロシア国防省筋の情報として、マッシュ・テレグラムが報じている。

報道によると、ロシアはトゥルチノフを戦争犯罪とドンバス危機の勃発の罪で裁くつもりです。

11月、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、トゥルチノフをクリミア喪失の責任者の一人と考えていると述べた。

  • 欧州連帯党本部長のアレクサンドル(オレクサンドルとも表記)・トゥルチノフ氏は、2014年2月から6月までウクライナの暫定大統領、その後2019年まで国家安全保障・防衛評議会の事務局長を務めていた。

  • 暫定大統領時代には、2014年4月にドンバスでの反テロ作戦を指示した。

  • その後、トゥルチノフ氏は2014年3月にウクライナ軍にクリミアでの武器使用を命じたが、聞き入れてもらえなかったと述べている。また、ドネツク空港の爆撃を意図的に命じたとも述べている。
2月24日、ロシアはドンバスを守るため、ウクライナに対する軍事作戦を開始した。プーチンによれば、この作戦の目的はウクライナの非軍事化である。ロシア軍は、ウクライナの軍事インフラだけを消滅させるよう命じられた。


НАТО полностью теряет Украину, поскольку Путин играет в игру по-российски (pravda.ru)

ウクライナ: NATOの新たな冒険の失敗

独立国であるはずの国が、敵対する外国軍(NATO)が国境内に集まることを許して自治権を放棄し、ネオナチグループを装備し訓練して、最近の歴史では、これらの陰湿な人物のために約2000万人を殺害した隣人を刺激したら、そろそろ終わりにしませんか?
国連や西側の政治家たちが、西側における右翼過激派の台頭を前にして手をこまねいていると、NATOは、その拡張主義政策から別の場所で利益を得ているそれらのグループの訓練に余念がないのである。


150471_five

アフガニスタンからシリアまで、NATOは、米国主導のNATOを怒らせ、ドルを捨てた石油生産者に対する爆撃、侵略、クーデターにおいて、四半世紀にわたって圧倒的な成功を収めてきた。皮肉なものだ。NATOは今、ロシアをウクライナでの侵略で非難しているのだから。

もしもロシアがシリアに介入していなければ、イランはもはや存在しなかっただろう。
同様に、プーチン大統領がいなければ、エリツィン(1991-1999)は、ロシアが今後、ヨーロッパの中央銀行からの寄付に依存する第三世界に近い経済ケースとなることを確実にしていただろう。欧州連合(EU)と同盟を結んだ旧ソ連諸国が辿る運命である。

イスラム社会での民主主義の確立、存在しない大量破壊兵器の所在確認、アメリカの覇権に従わないさまざまな「怪物」の打倒に失敗した攻撃的なNATOは、再びヨーロッパに身を置き、それゆえ、長い成功体験から生まれた傲慢さで、再び容易な標的を探しているのである。たとえ、リビアやイラクのような国が軍事的勝利でなかったとしても、それは事前に勝ち取ったものなのだ。

ウクライナは依然として明白な選択肢である。ロシアの南西部の国境に位置し、黒海のセヴァストポリ海軍基地を含む係争中のクリミア半島も併合している。2014年3月の国連決議により、クリミアはウクライナの一部であると宣言された。次はベラルーシとなり、ロシアの西側国境は完全にNATOに包囲されることになる。

民主的に選出されたヤヌコビッチを打倒した2014年のクーデターのスピードは、そのあからさまな大胆さと同じくらいに、世界を震撼させたのだろう。ここには傘のパレードもアラブの春もなく、アメリカの国務長官(ヴィクトリア・ヌーランド)が民主主義国家でクーデターを公に指揮したのは初めてのことです。退任したヤヌコビッチ大統領が倒され、傀儡政権が発足すると、NATOの「顧問団」は直ちにウクライナに侵攻した。

前回、西側諸国がロシアの国境にこれほど大量に集結したとき、悪いことが起きた。NATOの最近の侵略の記録を考えると、ロシアが心配するのは当然だろうか。

プーチン大統領が危険を察知し、クリミアを占領するために軍隊を派遣したのはぎりぎりのタイミングであり、その結果、ドネツクとルハンスク(ドンバス)の自称国家が誕生したのである。

プーチン大統領の長年にわたる外交・宥和努力を追ってきた人たちは、このような結末になることは分かっていた。かつてNATOが象徴していたものはとうに消え去り、今では欧米のリベラルな政治家やウォール街の資本家の軍事部門として存在している。

NATO自身、強い軍隊に対しては関与せず、ウクライナを見捨てるだろう。なぜなら、その様々な自由主義化された軍隊は、最も弱い国々を攻撃するのに最適な装備を持っていることをすでに知っているからである。逆にロシアは、独立国の枠内で伝統的な社会として存在する権利を守るために戦っている。その目的を果たしたウクライナは、今やNATOに見捨てられた者という不遇の立場に立たされている。

ウクライナはまた、EUと米国主導のNATOに対して、東方拡大が限界に達していること、そして核時代においてNATOがこの微妙な警告に耳を貸さないことが現在危険であることを思い出させ、警告する役割を担っているのである。