酸素は癌を殺す

Oxygen kills Cancer (bitchute.com)

Baking Soda and Lemon Juice (drsircus.com)
重曹とレモン汁

バドウィッグ・センターのロイド・ジェンキンス博士はもし、あなたが毎日できることで、病気と劇的に戦い、エネルギーを高めることができるとしたら、重曹と組み合わせたレモンジュースの摂取は、その筆頭に挙げられるでしょう」と述べています。レモンは体内をきれいにするだけでなく、特に重曹と組み合わせた場合、リモノイドという柑橘類に含まれる植物化学物質が含まれているため、抗がん作用があることが分かっています。リモノイドは、がん細胞を覆う保護層を取り除く役割を果たしているようです。また、レモンには強い抗菌作用があることが分かっています。これは、癌が体内の真菌に非常に似ているという考えを探る研究で検証されています。癌を真菌として治療する場合、様々な方法がありますが、レモンと重炭酸塩が、様々な種類の癌を引き起こす真菌と戦うのに役立つということが分かっています」

ヨハンナ・バドウィグ博士は、できるだけ多くの天然物質を使用することに賛成していました。食事にレモンを多く取り入れることは、高アルカリ性物質を体内に取り入れるための最も簡単で自然な方法のひとつです。レモンと重曹を一緒に使うと、体内のがん細胞やその他の病気と闘うのに役立ちます。一緒に使うことで、そもそも病気を引き起こしている可能性のあるもの、つまり高酸性・低酸素の状態を自ら浄化する体の能力を高めるのに役立ちます。

「レモンは癌に効く」と主張する人もいれば、「証拠がない」と言う人もいます。レモンを単独で治療薬として主張するのは無理がありますが、だからといって、癌と戦うときにレモンのような健康的なものを採用しないのはもっと無理があると思います。重炭酸ナトリウムと重炭酸カリウムについても同様で、患者が癌と闘うのに無視できないものであることを示す証拠がたくさんあるからです。

レモン水は安価に作ることができ、肌を輝かせ、消化を助け、体重を減らすのに効果的です。レモン水の原子構造は胃の中の消化液と似ているため、肝臓を騙して胆汁を作らせ、食べ物が体内や胃腸の中をスムーズに流れるのを助けます。また、レモン水は消化不良や胃のむかつきを和らげる効果もあります。レモン水は体内の酵素の働きを助け、肝臓を刺激して毒素を洗い流します。

レモン水は喉の渇きを癒すだけでなく、私たちの体にたくさんのビタミン、ミネラル、重要な微量元素を供給してくれます。また、朝一番に目覚めたとき、組織は脱水状態にあり、毒素を排出するために水分を切実に必要としているので、エネルギーブースターとしても最適です。

「私は3〜4日ごとに3ポンドのレモンを消費します。皮や種など、レモンを丸ごとジュースにします。3/4カップを1.5リットルの蒸留水と混ぜ、日中と寝る前に飲んでいます。レモン水は毎朝、私のお腹の中で最初に飲むものです。これを始めてから、これまでにないほど体調が良くなりました。いきなり体重が10キロ近く落ち、風邪もインフルエンザもひかない状態が続いています」。

レモン水を飲むことには多くのメリットがあり、炭酸水素ナトリウムと混ぜるとスーパー薬用飲料になります。また、ほとんどのエスニック料理は、レモン汁を風味付けや軟化剤として使っています。レモン汁はかなり渋みがありますが、非常にさわやかで、癌の予防と治療に役立つ化合物を含んでいます。研究者たちは、柑橘類が消化器系と上気道の癌を防ぐ役割を持つことを発見しました。

メープルシロップや蜂蜜、黒糖蜜を重炭酸塩と混ぜて使用することで成功した癌患者もいますが、私なら砂糖よりもレモンを選びます。癌専門医のトゥリオ・シモンチーニ博士は、重炭酸塩の静脈注射に砂糖を使うことを勧めていますが、癌治療のプロトコルで砂糖を使うのは例外的なことでしょう。癌やその他の病気の治療では、砂糖の摂取を控えることが望ましいのです。

しかし、多くの人が健康のために蜂蜜入りのレモンを飲みますし、蜂蜜にも抗癌作用があることが報告されています。蜂蜜には発ガン性物質を防ぐ作用と抗腫瘍特性があります。糖分の摂取を控えるようにと警告されていますが、空気や水が必要なように、私たちはブドウ糖を必要としているのだということを覚えておかなければなりません。問題は、どのような形でブドウ糖を摂取するのかということです。

アルベルト・ハラベ・ブカイ博士は「私がやろうとしていることは、とてもシンプルなことです。癌患者さんには、クエン酸を経口摂取するよう勧めています。毎食時に10〜15グラムの純クエン酸と(8時間ごとに小さなテーブルスプーン1杯)、オメプラゾールやスクラルファートのような制酸剤を摂取してもらうことです。現在、80人以上のがん患者さん、そのほとんどが末期がんですが、クエン酸を経口摂取して改善されています」と語ります。

ブカイ博士は、「クエン酸は、ミトコンドリアの主要なエネルギー源である解糖を阻害する」と主張している。クエン酸はクレブスサイクルのホスホフルクトキナーゼ酵素、ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体、コハク酸デヒドロゲナーゼ酵素を阻害するので、ミトコンドリアはその代謝を制限せざるを得ず、第二に細胞一般の再生能力を低下させるからだ」と述べている。

マイケル・マリー博士は、「レモンはビタミンCが豊富なうえ、特に皮にはd-リモネンなどのテルペン類が豊富に含まれています。 テルペンという言葉は、おそらく洗浄溶剤のイメージを思い起こさせますが、天然由来のテルペンは、合成テルペンの代替として、多くの天然洗浄剤に実際に使用されている一方で、テルペンの健康上の利点は、いくつかの素晴らしい抗癌作用に集中しています。予防と治療の両方においてです。」と言います。

アリゾナ大学がんセンターで実施された研究では、新たに手術可能な乳がんと診断され、ランペクトミー(外科的切除術)を選択した女性43名に、手術前の2~6週間、毎日2gのリモネンを摂取してもらいました。その結果、d-リモネンは乳房組織に優先的に濃縮され、高い組織濃度(平均41.3μg/g組織)に達することが示された。また、d-リモネンの補給により、腫瘍マーカーの発現が22%減少することが示された。具体的には、d-リモネンは乳腺腫瘍のサイクリンD1の発現を減少させました[1]

レモンを丸ごと摂取するのが一番効果的です。レモンの果肉や果汁に比べ、皮には5~10倍ものビタミンや栄養素が含まれています。植物界のほとんどは、皮、種、果肉の中に生命を育む物質が含まれています。アーユルヴェーダ医学では、レモンの皮は肝臓の解毒に使われます。また、胃液の分泌を促して食欲を増進させ、リモネンや少なくとも45種類の抗酸化物質フラボノイド、ペクチン、ビタミンCを含み、これらはすべてガンの予防と回復に役立つことが知られています。

中国の科学者たちは、水蒸留法を使ってレモンのエッセンシャルオイルを抽出し、一連のヒト子宮頸部腺癌の細胞株でテストしました。その結果、レモンのエッセンシャルオイルは、がん細胞の増殖を抑えるだけでなく、健康な細胞に害を及ぼす酸化フリーラジカルを抑制することが分かりました。

レモンエッセンシャルオイルが癌と闘うと科学的に評価される理由
Why Science is Sweet on Lemon Essential Oil as a Cancer Fighter (thetruthaboutcancer.com)

レモンに含まれるシトロネラテルペン

2015年に雑誌「Archives of Biochemistry and Biophysics」に掲載された研究により、レモンの精油に含まれるシトロネラテルペンが、嗅覚活性化を通じて肝臓を含むがんの成長を止めることが明らかになりました。つまり、シトロネラテルペンは、癌の蔓延を防ぐために、体全体にある特定の嗅覚受容体を活性化させます。

「テルペンは、嗅覚受容体を活性化することによって、細胞内のシグナル伝達プロセスを引き起こすことができる」と、この研究の著者達は、2015年1月のプレスリリースに書いています。「これらの受容体は主に鼻にありますが、皮膚、前立腺、精子など、あらゆる種類のヒト組織で発生することが証明されています[ 中略]。発癌と癌の成長も同様に、テルペンによって大きく影響を受けます。」

重曹は 重炭酸ナトリウムです

ゲルソン研究所の癌プロトコルでは、重炭酸塩の使用について反対の見解を取っています。しかし、重炭酸塩がなぜそんなに良いのか、なぜ効くのかを考えてみると、重炭酸塩は役に立つ以上のものであることがわかります。すべての癌患者にとって、重曹のような安価なものが、なぜ彼らの最高の医学的友となりうるかを理解し、評価することが不可欠なのです。

重炭酸塩は、体内に瞬時に多くの二酸化炭素(CO2)を供給しているため、より多くの酸素を細胞に送り込むことが可能となり、酸素を爆発的に増やすことができます。重炭酸ナトリウムや重炭酸カリウムの使用は、CO2医療の実践です。簡単に言うと、重炭酸塩や呼吸再訓練によってCO2濃度を上げると、O2濃度が上がり、pHや細胞の電圧も上がるということです。

グラスの中の炭酸水素ナトリウムにレモンを加えると、二酸化炭素が発生して泡が立ちます。レモンを入れないと、胃の中で同じことが起こります。胃酸がグラスの中のレモンの仕事をするのです。また、ストレスが多い場合や、高齢で塩酸欠乏の可能性がある場合には、レモンが胃酸の働きをすることもあり、非常に重要です。食べ物を完全に消化するために酸が必要なのと同じように、重炭酸塩が働くためには十分な酸が必要なのです。

アリーナ・ヴァシリエヴァ博士とデヴィッド・ニアス博士は、「19世紀末、科学者ボーアとヴェリゴは、血液中の二酸化炭素が減少すると、脳、心臓、腎臓など体内の細胞への酸素供給が減少するという、一見奇妙な法則を発見しました。二酸化炭素(CO2)は、酸素とヘモグロビンの結合に関与していることが判明したのです。血液中の二酸化炭素濃度が通常より低いと、ヘモグロビンから酸素を放出することが困難になります。これがヴェリゴ・ボーアの法則です」。

臨床条件下では、低酸素と低二酸化炭素は一般的に一緒に発生します。二酸化炭素を空気で希釈して吸入し、治療的に増加させることは、血液や組織の酸素化を改善する有効な手段であることが多い。重炭酸塩の経口摂取や入浴により、ゆっくりとした呼吸と同様に血中の二酸化炭素濃度(重炭酸塩)を増加させることができます。

二酸化炭素は中性で非極性の分子であり、膜を通過して容易に拡散することができます。重炭酸塩は二酸化炭素の荷電種であり、マグネシウムカルシウムチャネルのような膜貫通チャネルによって促進されない限り、膜を通過する速度は大きくはありません。

重曹(炭酸水素ナトリウム)は、胃酸と混ざるとすぐに反応します。NaHCO(3) + HCl → NaCl + H(2)0 + CO(2) です。つまり重炭酸ナトリウム+胃酸で塩+水+炭酸ガスを生成します。

CO2は重炭酸塩の形で、「光反応」に直接関与しています。この「重炭酸塩効果」は、分子プロセスに影響を与えます。光合成における二酸化炭素(CO2)あるいは重炭酸塩の役割は、光合成の歴史が始まった当初から研究者の間では明らかであった。植物における重炭酸塩は、おそらく細胞の代謝と光合成の電子の流れを結びつけているのでしょう。

重炭酸塩(炭酸水素ナトリウム)で長生き

カラニ・ラファエル博士は低レベルの重炭酸塩が早死にのリスクを24%増加させることを発見しました。「私たちが発見したのは、一般的に健康な高齢者で重炭酸レベルが低い人は、死亡リスクが高いということです」とラファエル博士は述べています。この研究結果は、臨床医が患者の血中重炭酸濃度をより詳細に分析することで、患者の早死にのリスクをより適切に評価することに役立っています。つまり、健康の秘訣は十分な重炭酸塩濃度にあるということです。血中の重炭酸濃度が低い高齢者は、早死にする危険性があるのです。

体は十分な重炭酸塩を生成するのに苦労しており、加齢とともに負け戦となります。二酸化炭素は、重炭酸塩と同様に、栄養素であると同時に、呼吸や細胞内のエネルギー生産の産物であり、その不足や欠乏はそれ自体、体内のさまざまな障害の出発点となっています。二酸化炭素の欠乏が慢性化すると、深刻な病気や老化、癌の原因となることがあります。

Sodium Bicarbonate – Second Edition E-Book              https://drsircus.com/wp-content/uploads/2014/05/sodiumbook.jpg

炭酸水素ナトリウムは、電子書籍、印刷物および電子書籍形式のスペイン語版で入手可能です。

結論

血液や組織がアルカリ性状態であれば、癌になることはありません。病気知らずの健康なアルカリ性になるには、アルカリ性の栄養を十分に摂取することが必要です。さらに、十分な水分補給、クロロフィルを豊富に含む緑色食品の摂取、健康的な日光への十分な露出、そしてもちろん、ゆっくりとした呼吸十分な運動が、癌を回避し治療するのに役立つことでしょう。

参考文献:[1] Miller JA, Lang JE, Ley M, et al.早期乳がんの女性におけるリモネンのヒト乳房組織配置および生理活性。がん前レ(フィラ).2013 6月;6 (6):577-84.

こんにちは、私はマーク・サーカス博士AC、OMD、DM(P)、世界中で80,000部以上を販売した23冊以上の本の医師兼作家です。私のベストセラーの本は重曹:リッチマンの貧しい人の癌治療で、中国語、ロシア語、スペイン語に翻訳されています。