Moderna-Studie: Impfstoff scheint Diabetes bei Kindern auslösen zu können (report24.news)
モデルナによる研究:ワクチンは小児の糖尿病を引き起こす可能性が ある
impfkind

実験用のmRNA注射は、すでに多くの副作用を伴っている。モデルナのそれは、さらに悪いことに、子供の糖尿病を引き起こす可能性があるようです。成人の同様のケースは以前から記録されています。

現在、実験的なmRNAワクチンを幼い子供にも定期的に注射している国がある一方で、スウェーデンやデンマークなどでは、特に若年層に対してはワクチンの害と利益の比率が否定的であるとすでに表明している。これは、5歳未満の小児を対象としたモデルナの臨床試験から最近発表されたデータにも反映されています

2歳から5歳の3040人と6歳から23歳の1672人にそれぞれ25μgのmRNAを2回投与し、2歳から5歳の1008人と6歳から23歳の593人にはプラセボを投与するという比較的少人数の試験で行いました。しかし、この臨床試験には、子どもの数の少なさにかかわらず、興味深い点がいくつかあります。例えば、 補足付録(表S28とS29)では、ワクチンの有効性の推定値が示されているが、信頼区間は広いものの、すべて51%以下であり、1つはマイナスの値を示している。つまり、mRNAの注入は実際には効果がないのです。

その一方で、副作用のために医療の必要性が著しく高まることもあります。したがって、この臨床試験では、ワクチンを接種した2歳から5歳の子どもの1%が医療支援を必要としましたが、プラセボ群ではわずか0.3%でした。6ヶ月から23ヶ月の低年齢児では、この割合は1.5(ワクチン接種)対0.8(ワクチン未接種)であった。全体の平均は1.2〜0.5%でした。この結果、副作用が疑われ、医学的なサポートが必要だったのは0.7%(ワクチン接種児143人に1人)となりました。

しかし、この研究の付録にあるAlex Berensonの発見は特に興味深い。1歳の女の子が、mRNA-1273ワクチンの投与により1型糖尿病を発症しました。こうして、「脚注の記述から判断すると、この事件は非常に危険なものである」と説明しました。糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)は、インスリン欠乏により体が糖分を燃料とすることができなくなったときに起こります。その代わり、生きるために脂肪を分解し、血中にケトンと呼ばれる酸を形成させます。DKAは早期に医学的な治療を受けなければ、命にかかわることがあります。 この自己免疫疾患は、毎年15,000人に1人の割合で小児に発症しています。

今回の件を踏まえて、今後数ヶ月の間に幼児の糖尿病患者が急増した場合、それがこの年齢層に対するmRNA注射の展開と関係があるかどうかを確認することが重要です。特に、mRNA注射がきっかけで成人の糖尿病になったという症例が、すでに日本や他の国々から報告されているからです。


※上記のアレックスベレンソンの記事は直接私のYahooメールに届いていました。
スクリーンショット_(1503)[1]

※最近では検閲のためか、メールアドレスを打ち込まないと見れないサイトが増えてきました....