英国政府は気候変動対策として車の移動距離を短縮する

car-journey-678x381

英国政府は、「気候変動対策」の一環として、自動車の移動距離を減らし、駐車場の数を減らそうとしています。

この計画は、政府が合意した部門別排出量目標および2030年までに51%削減、2050年までにネットゼロという全体目標の達成を目指す方法を示すものです。

水曜日の午後に閣議が開かれ、この計画に署名することになっています。

MSNのレポート:渋滞料金については、この計画の中で具体的なコミットメントはされていないが、政府は選択肢の一つとして検討しているようです。

それらは、優れた公共交通機関やアクティブな移動手段など、自動車に代わる実行可能な手段がある場合にのみ導入されるでしょう。

この計画は、一般の人々が他の交通手段を利用することを奨励し、自動車の使用と依存を減らすことを目的としています。

2030年までに、自動車による移動の総距離を20%削減し、自家用車の3台に1台近くを電気自動車にすることを目指しています。

また、公共施設の駐車場を減らすことも提言される予定ですが、これは公共交通機関が充実している場合にのみ適用されます。

さらに、最低限必要な駐車場も撤廃される予定ですが、これも公共交通機関が充実している場合に限られます。

この計画には、アクティブな移動手段と公共交通機関を優先させ、「公共空間の改善」を図るために路上駐車の削減も盛り込まれる予定です。

地方自治体はまた、公共交通機関が充実している場合、駐車場の「市場価格化」を進めるよう奨励されるでしょう。

気候計画には、2025年までにすべての新築住宅と公共施設、すべての学校にソーラーパネルを設置する案も含まれます。

また、風力や太陽光の発電量が多い時に、より安価な再生可能エネルギーの電気を使うインセンティブを与えるために、2025年までに新しいグリーン電力料金表を開発する予定です。

UK Government To Slash The Distance Of Car Journeys In Bid To Fight Climate Change - News Punch