Masks Now Found to Contain 2B Carcinogen (onedaymd.com)

マスクに発がん性物質2Bが含まれていることが判明

マスクの繊維に含まれる有害物質の存在が指摘され、健康を守るはずのマスクが逆に健康を害する可能性が出てきました。二酸化チタンはその一つで、吸引すると発がん性が疑われるため、マスクの中では特に問題視されている物質です。
(ネイチャー2022)

12月27日

パンデミック時に実施された広範囲にわたるマスクの義務化によって、大人が知らず知らずのうちにこの発がん性物質にさらされているだけでなく、体が毒性の影響を特に受けやすい子供たちもさらされています。マスクの義務化と使用がCOVID-19の蔓延を抑制しなかったことを示唆する証拠もあり、マスクの強制的な義務化はますます残虐なものになっています。
マスクから検出されたグループ2B発がん性物質

国際がん研究機関(IARC)は、二酸化チタンをグループ2B発がん性物質に分類しており、これは、吸入により「人間に対して発がん性がある可能性がある」ことを意味しています。パンデミック以前は、主に二酸化チタン粉末の製造時、またはこの物質を含む製品の製造時の職業的環境において発生しました。

また、スプレー式(エアロゾル式)の日焼け止め、ヘアカラースプレー、化粧用パウダーには、二酸化チタンの微小な粒子が含まれており、吸い込む可能性があると懸念されています。

具体的には、カリフォルニア州は、プロポジション65のリストに10マイクロメートル以下の空気中の粒子の二酸化チタンを含めており、「二酸化チタン(空気中の、呼吸可能なサイズの未結合粒子)は、癌を引き起こすことがあるのでプロポジション65リストにある」と述べています。二酸化チタンへの暴露は、癌のリスクを増加させる可能性があります」4

二酸化チタンの吸入による発がん性はよく知られていますが、この化合物は、紫外線に対する安定性を高めるため、また白色着色剤およびつや消し剤として、フェイスマスクの繊維によく使用されています。

また、二酸化チタンを含むナノファイバーは、銀やグラフェンと組み合わせて抗菌フィルターとして使用されており、二酸化チタンのナノ粒子コーティングは、抗菌性を高めるために綿織物に適用されることもあります5

二酸化チタン粒子の吸入を伴う動物実験で副作用が報告されているだけでなく6、研究チームは、「繊維製品におけるナノテクノロジーの不十分な規制による将来の可能な結果」について警告し、人間の健康と環境への影響を拡大させています。7

もともと生物学的に不活性に分類されていましたが、ヒトや 非標的生物に対するTiO2[二酸化チタン]の毒性に関する証拠が増えています ... また、人工汗を使って、布地から放出される銀とTiO2の濃度をテストしました。放出速度は、布地に含まれるナノ材料の濃度と汗のpHに依存することが判明しました。」

また、ナノおよびマイクロスケールの科学に焦点を当てたジャーナル『Small』に掲載されたメタ分析では、ヒトや水生動物における多数の毒性効果を挙げて、ナノTiO2の安全性を見直すよう求めています8

「遺伝毒性、膜の損傷、炎症、酸化ストレスが、ナノTiO2毒性の主なメカニズムとして浮上しています。さらに、ナノTiO2はフリーラジカルやシグナル分子と結合し、プラスマレンマ(細胞膜)の生化学反応を妨害することができます。

より高い組織レベルでは、ナノTiO2毒性は、水生生物の摂食、繁殖、免疫などの体力関連生物形質への悪影響として現れます。」

マスクに含まれるTiO2が「許容される」曝露レベルを超えていることが判明

学術誌『Scientific Reports』に掲載された研究では、使い捨てタイプや再利用可能なタイプなど、一般の人が着用する12種類のマスクに含まれるチタン(TiO2粒子の代用として使用)の量をテストしています。マスクの素材は、ポリエステルなどの合成繊維、綿などの天然繊維などさまざまであった9

すべてのマスクの少なくとも1層に二酸化チタン粒子が含まれていましたが、綿繊維とメルトブローンの不織布には含まれていませんでした。一般に、不織布に含まれる二酸化チタンの量は、ポリエステル繊維やポリアミド繊維に比べて10分の1程度と少なかった。さらに、1枚を除くすべてのマスクには、吸入の危険性が高い二酸化チタン・ナノ粒子が含まれていました。

ナノサイズの粒子は、一般的に100ナノメートル(nm)未満と表現されます。マスクに含まれる二酸化チタンの粒子の中央値は89~184nmの範囲内でした10フェイスマスクが「集中的に着用される」というモデルに基づいて、二酸化チタンの暴露は、「吸入による二酸化チタンの許容暴露レベル(3.6μg)を体系的に超えている 」という研究結果が発表されています。

Twitterでは、フェデリコ・アンドレス・ロイスさんが、「最低な汚染度のものは、許容限度の5倍以上ある」とシェアしています。ところで、あなたは自分の子どもにその中で呼吸することを強要しています。」11 このことから、研究者は、悪影響を避けるために、より深い研究が必要であると結論づけています12

「これらの結果は、規制が不十分な使用によって将来起こりうる結果を避けるために、繊維における(ナノ)テクノロジーの応用について深く研究し、セーフ・バイ・デザインの原則に従って、二酸化チタン粒子の量を段階的に削減または制限する規制基準を実施することを促すものです。
        マスクで病気になるメカニズム

COVID-19のパンデミック時に着用したフェイスマスクから発がん性粒子を吸い込んだ場合の影響については何年も明らかになりませんが、フェイスマスクの使用には、当初から効果がなく意味のない結果が伴うという赤信号が発せられていました。

ザカリアス・フェーゲン博士は、2020年8月1日から10月15日まで、カンザス州でマスク着用義務化がCOVID-19の症例致死率に影響するかどうかを調査する研究を実施しました13。彼がカンザス州を選んだのは、マスク義務化を実施しながら、郡がその有無を選択することが許されていたからです。

その結果、マスク着用が義務付けられている郡は、義務付けられていない郡に比べて、症例致死率が有意に高いことが判明しました。「これらの知見は、マスクの使用が、使用者を保護する代わりに、使用者にまだ知られていない脅威を与える可能性を示唆しており、マスク義務化は疫学的介入として議論の余地がある」と結論付けています。

その脅威とは、フェイスマスクに付着した飛沫や ウィルスを再度深く吸い込むことで、COVID-19の感染がより起こりやすく、より深刻になるという「フェーゲン効果」と呼ばれるものかもしれないと、彼は説明しました。

フェーゲンは、マスクを着用すると、ウイルスが気道から排出される代わりに、マスクに捕らえられ、体内に戻されるため、結果的にウイルス量が増加する可能性があると説明した。また、マスクを介して排出されるウイルスの数が、マスクを着用しない場合に排出されるウイルス数よりも多くなる可能性があります:フェーゲンによると14。

「この効果の基本は、フェイスマスクと眼鏡を同時に装着したときに、マスクの上端を眼鏡の下端に引っ張ると容易に実証できます。息を吐くとマスクに水滴(飛沫)が付き、息を吸うと水滴が消えます。」

フェーゲン効果」では、ウイルスが(サイズが小さいため)気道の奥深くまで広がります。気管支を通過して肺胞の奥深くまで吸い込まれ、典型的なウイルス感染症である気管支炎ではなく肺炎を起こす可能性もあります。

さらに、これらのウイルスは、インビトロでは通過できず、インビボでも通過できない可能性が高い多層扁平上皮の壁を迂回している。したがって、ウイルスが血管に入る唯一の可能性のある方法は、肺胞を経由することだけです。」

2021 年のフェイスマスクの使用に関する健康、安全、福祉に焦点を当てた報告書15 では、繊維状のナノ粒子の吸入による繊維化によって肺に永久的な物理的損傷を与える可能性があると指摘されている。

「呼吸器感染症、口腔衛生悪化、および水分の蓄積による気胸などの肺損傷の現実的かつ重大な危険性がありさらに健康に重大な損傷を与える可能性のある有害レベルの窒息性ガス(二酸化炭素[CO2])にさらされる」と著者たちは説明している16


マスクは精神的な負担が大きい

マスクの着用が義務化されたことで、心理的な影響も大きくなっています。医学雑誌『ペディアトリクス』は、小児がん病棟で両親、臨床医、患者がマスクの着用を強制されたときに感じた負担を紹介しています17

マスクに覆われた臨床医は、患者やその家族との最も困難な会話において、共感や思いやりを示すことができない無力さを感じていました。ある臨床医は、友人の子供に関する悲惨な健康上の知らせを伝えなければならなかったが、次のように書いている18

「私の表情はマスクで覆われてしまった。私がこの知らせにどれほどショックを受けたか、それを知るには、おそらく私の目から溢れ出る涙を見るしかなかったのでしょう。私は自然に、友人に腕を回し、「大丈夫だよ」と言った。私があなたを助ける、私が彼女を治す、私の力でこの事態を収拾するために何でもする」と。

「しかし、私の言葉がマスクでかき消されているとき、どうやってあなたに見せればいいのでしょう?3層の布を通して自分自身が十分な空気を吸うのに苦労しているのに、どうやって哀悼の言葉をそっと伝えればいいのでしょうか?防護服が医師と患者の間に壁をつくっているのに、どうやってこのようなひどい知らせを伝えることができるのでしょうか?」

子供たちもまた、両親を最も必要とする時期に両親の顔を見ることができず、影響を受けている。ある親はこう言っている19

「入院中は24時間体制で親にマスクをさせるという方針転換があったとき、うちの子は激怒しました。私の顔からマスクを引き剥がし、紙マスクの場合は紐を引っ張って二度とつけられないようにしたのです。ママに会いたい。キスして元気になってほしいのに、マスクをしているとキスできない」と言われたんです。

2021年の心理学の報告書20も、マスクが子どもたちに心理的な害を与え、発達を妨げている可能性が高いと述べています21。「現在学校で行われている『社会実験』の特殊性から、若者への心理的害の程度は不明であり、より広い社会で行われている」22と報告書では述べられています。

YouTubeでは、マスクは効果がないと発言できるようになった

数え切れないほどの公人が、マスクがCOVID-19の感染者を減らすのに役立つという誤った考えを含むシナリオに反対する発言をしたために、複数のソーシャルメディアやその他のオンラインアウトレットによって貶められたことを思い出してください23。実際、マスク義務化に反対する発言をした医師でさえ、現代の魔女狩りのように追い詰められたのはほんの少し前のことでした24

現在、YouTubeは、何が「誤った情報」であるかについてのポリシーを更新し、方針を変更したようです。マスクはCOVID-19の感染や発症を防ぐ役割を果たさない」、あるいは「マスク着用は危険であり、身体的に悪影響を及ぼす」という記述は、以前はポリシー違反でしたが25、この文言は誤報の例から削除されました。

YouTubeの誤報の定義から削除された他のマスク関連の文言は以下の通りです26

  • マスク着用で酸素濃度が危険水準まで低下するとの主張
  • マスクは肺がんや脳障害を引き起こすと主張するもの
  • マスクを着用するとCOVID-19が発生するとの主張
不思議なことに、YouTubeは「COVID-19ワクチンがCOVID-19の蔓延を防ぐのに有効ではないという主張」を誤報と分類しなくなりました27、「地元の保健当局やWHOによる専門家のコンセンサスと矛盾するCOVID-19ワクチン接種に関する主張」は依然として禁止されています28

また、「ワクチンが慢性的な副作用を引き起こすと主張するコンテンツ」や「ワクチンが病気の伝染や感染を減らさないと主張するコンテンツ」29を投稿することも、YouTubeのガイドラインに違反しています。後者は、彼らのCOVID-19ワクチンの用語にあからさまに矛盾しています。

したがって、YouTubeでは、マスクは効果がないと言うことはできても、ワクチンについてWHOに反論することはできないのです。しかし、マスクとその発がん性物質についてすでに起こっているように、少しずつ真実が明らかになっていくことでしょう。

出典と参考文献