Afrika will kein Testlabor für gefährliche Projekte von Bill Gates und George Soros mehr sein (report24.news)
アフリカはもはやビル・ゲイツやジョージ・ソロスの危険なプロジェクトの実験場になることを望んでいない
背景: freepik / jcomp, ゲイツ: Kuhlmann /MSC, CC BY 3.0 DE , via ウィキメディア・コモンズ, ソロス: Niccolò Caranti, CC BY-SA 3.0 , via ウィキメディア・コモンズ
どうやらアフリカの人々は、億万長者グローバリストの危険な実験にうんざりしているようです。ビル・ゲイツ財団が推進する新しい経口ポリオワクチンの接種が、ブルンジとコンゴ民主共和国のいくつかの地域でウイルス発生につながったことが最近明らかになった後、ナイジェリアの科学者が、アフリカでの危険性のある太陽地球工学実験の実施に対してニューヨークタイムズに憤りを表明しました。この実験も、ゲイツとジョージ・ソロスがスポンサーになっています:: 彼らは気候変動と戦うために太陽を暗くしようとしているのですが、環境と人口に対する結果は明らかではありません。

ナイジェリアのアレックス・エクウェメ連邦大学の気候変動・開発センターの所長であるチュクウェメリエ・オケレケは、「私の大陸はあなたの巨大な気候実験室ではない」というエッセイの中で、論争の的になる地球工学実験をアフリカで行おうとする欧米の動きに怒りを表明しています。

「太陽地球工学」の過程では、太陽の光を弱めたり、太陽光を地球から反射させたりして、気候を変えようとしています。すでに世界中の標準的なレパートリーの一部となっているクラウドシーディングと同様に、大量のエアロゾル(「二酸化硫黄や技術的に作られたナノ粒子のような小さな粒子」)を成層圏に導入することができます。それは、生態系、人間、そして地球の気候に与える影響が不明確なため、オケレケは糾弾しています。あるいは、グローバリストやその手のNGOによれば、砂漠をプラスチックで覆ったり、植物がより反射率の高い葉を持つように遺伝子操作したり、雲を人工的に変化させたり、大量の鏡を宇宙にばらまいたりすることも可能だといいます。

オケレケは、人為的な気候変動という説を全面的に支持し、豊かな国々がアフリカ大陸にもっと投資することを望んでいることを公言していますが、アフリカが実験台として使われることには断固反対しています。彼にしてみれば、なぜ慈善家と呼ばれる人たちが、効果のはっきりしない誇大妄想に走るのではなく、アフリカでの再生可能エネルギーの普及を促進しないのか疑問のようです:

しかし、地球工学研究者、特に米国の研究者にとっては、資金面は問題ではないようです。ハーバード大学の太陽地球工学研究プログラムは、ビル・ゲイツやシリコンバレーの慈善家の支援を受けて急速に拡大しており、ジョージ・ソロスは最近、北極圏の太陽地球工学プロジェクトを支援する意向を表明しました。また、シカゴ大学も今月、気候システム工学イニシアチブの設立を発表し、国立研究所と協力して、こうした戦略やその他の戦略を研究しています。

しかし、地球工学を研究する必要があるでしょうか?世界中の400人以上の上級気候科学者や学者が、太陽熱ジオエンジニアリングに関する国際的な不使用協定を呼びかけています。もしこれが国連に提出されれば、この技術に関する実際の研究が禁止されることになるかもしれません。

これとは別に、擁護派は、研究が進めばこの技術の危険性と利点にもっと光が当たるとして、研究プロジェクトへの資金提供を申し出て、アフリカの政府を誘い出そうとしています。そのような組織の一つであるディグリーズ・イニシアチブは、日射管理に関する議論の「中心を途上国に置く」ことを使命としていると言います。しかし、これはアフリカを実証されていない技術のテストケースにしようとしているようにしか見えません。実際、この仮説的な解決策に関するさらなる研究は、開発へのステップであり、最終的な展開への滑り台のように見えます。

Opinion | My Continent Is Not Your Giant Climate Laboratory - The New York Times (nytimes.com)

オケレケは、最近メキシコから風船を飛ばして大気中に硫黄を注入したアメリカの企業「メイク・サンセット」の例を挙げています。これは、CO2排出量を相殺するためとされています。メキシコ政府はこの実験を知り、禁止令を出しました。しかし、この実験がどのような悪影響を及ぼすかは不明であり、風船がどこに落ちたのかもわかっていません。ナイジェリアの科学者は、この実験がラテンアメリカで行われたことを非常に非難すべきことだと考えています。

気候変動による大災害を防ぐためには、豊かな国々が他の形で行動を起こさなければならないというオケレケの主張は、確かに疑問視されなくてはならない。しかし、このような億万長者のグローバリストによるアフリカでの慈善事業的な「援助」が、現地で同じシナリオを支持する人々からさえも好意的に受け入れられていないことは、何よりの証拠です。

Hal Turner Radio Show - There is NO "Man-Made Climate Change"
誰もが何年も前から聞いていることです: 「地球温暖化、気候変動......」。  これらはすべて、完全な詐欺です。 これを推進している人々は、現代のヘビ油販売業者です。 二酸化炭素が熱を持ち、地球を温暖化させるという前提は、すべて嘘です。 環境保護主義者自身の数字を使って、その証拠を示します:



Umfragen belegen: Skepsis gegenüber Klimapropaganda wächst weltweit (report24.news)
調査結果:気候変動プロパガンダに対する懐疑的な見方が世界的に広がっています
画像:フリーピック/ kues1
COVIDの集団予防接種をきっかけに、世界中でワクチン接種に対する懐疑論が急激に高まっています。気候変動プロパガンダもまた、人々をますます疑心暗鬼にさせています。これは2つの調査の結果で、人為的な気候の大災害に対する信念は、絶え間ないメディアの砲撃にもかかわらず(あるいはそのために)、増加するどころか減少していることを示すものです。

2022年12月の時点で、イプソスの世論調査結果は、人為的な気候変動に対する懐疑的な意見が世界的に増加していることを明らかにしています: 30カ国の回答者の46%が気候変動を環境問題として認識しているものの、それに対する懸念は前年に比べ減少しており、一方で気候変動緊急事態説に対する懐疑的な見方が増えています。人々は、気候が変化することは否定しないが、人間の行動がその原因であることは否定しています。2019年には、調査対象者の69%がまだ気候の変化は人間に起因すると信じていましたが、2022年にはこの数字は63%に低下しており、それ以降、気候のプロパガンダが大いに盛り上がっているにもかかわらず、です。フランスでは環境問題への関心が特に高いのですが、2021年から2022年にかけて、特に気候への懐疑心が強くなり、8ポイント増の37%になりました。
Americans' Views on Climate Change and Policy in 10 Charts | EPIC (uchicago.edu)

4月10日、シカゴ大学の世論調査結果が再び発表され、この傾向が確認されました。共和党は常に人為的な気候変動に納得していないが、民主党の信者の数も過去5年間で大幅に減少していることがわかった。次のグラフは、気候変動プロパガンダに対する信頼の低下を示すもので、すべての教育・年齢層にまたがっている:

いわゆるコロナの「パンデミック」の被害状況を鑑みると、良いことを見つけるのは非常に難しいとしても: 人々は、少なくとも、政治指導者やその口利きであるメディアがどのような物語を与えているのか、もっと疑問を持つようになったようです。