https://report24.news/bundesverfassungsgericht-schmettert-klage-gegen-geplanten-who-pandemievertrag-ab/
連邦憲法裁判所は、WHOパンデミック条約計画に対する提訴を却下します
画像:フリーピック/クラウディディブ経由の背景、ロゴタイプ経由のWHO:世界保健機関、パブリックドメイン、ウィキメディアコモンズ経由
WHOによって計画されたパンデミック条約は、ますます多くの人々をバリケードに引き込んでいます。しかし、今のところ成功はしていません。連邦憲法裁判所は、国際パンデミック条約にドイツが将来的に同意することに反対する訴えを受理できないとして却下したばかりです。明らかに、主権が損なわれるという原告の懸念は、ここでは真剣に受け止められていません。

連邦憲法裁判所は、ドイツが将来この条約に参加しても原告の権利は侵害されないという理由で訴えを却下しました。国際レベルでの交渉はまだ進行中であるため、憲法上の訴えで争うことのできる同意法も存在しない、とドイツの最高裁判所は説明しました(2 BvR 1082/23)。

現在、加盟国はWHOパンデミック条約について交渉中であり、国際保健規則の改正にも取り組んでいます。この草案では、特に、これまで拘束力のなかった勧告を拘束力のあるガイドラインにすることを想定しています。さらに、WHO事務総長には、直接影響を受ける加盟国の同意がなくても、世界的な保健上の緊急事態を宣言する可能性が与えられます。批判的な専門家たちは、この新しい規制がもたらす影響は、生活のほとんどすべての分野に及ぶだろうと警告しています。

WHOは、パンデミックや健康上の緊急事態を自称する場合、拘束力のある命令を発し、健康対策に関する主権国家の決定を覆すことができるようになります。これはWHOに立法権と行政権を与え、加盟国の主権を覆すことになりかねません。

一方、連邦憲法裁判所は、国内の法的効力は同意法を通じてのみ存在すると主張しました。規範はすでに制定されていなければなりません。これは、連邦議会と連邦参議院が法律を最終的に処理したことを前提としています。 つまり、連邦大統領によって執行され、公布されるだけでよいのです。

さらに、訴状は法的立証の要件を満たしていないと判断されました:

原告は、意図された主権の移譲の結果として、憲法上のアイデンティティーと投票権が侵害されたと訴えていますが、具体的な国内法上の影響に関して、草案の個々の条文を詳細に扱っておらず、特に、現在の草案が基本法の規定と相容れないWHOへの主権の移譲を目指していることを示していません。
連邦憲法裁判所、27.09.2023

署名可能な条約文書は2024年5月までに交渉される予定となっています。 
当初、カール・ラウターバッハ連邦保健相はすでにWHOに対し、計画中のパンデミック条約に対するドイツの全面的な支持を確約していました。

現在、連邦憲法裁判所には、1600件以上のほぼ同様の憲法に関する訴状が係属中であることとは別に、基本的権利の喪失を危惧するパンデミック条約に反対する請願が、9月18日に連邦議会の請願委員会で審議されました。その席で、連邦保健省のサビーネ・ディットマー政務次官(SPD)は、基本権も人権もパンデミック条約によって制限されることはないとの立場をとっていました。しかし、専門家の見方はまったく異なります

ドイツ政府はすでに、WHOも手中に収めているビル・ゲイツのようなグローバリストの浸透を問題視していないことを認めています。WHOの強化が「中心的な目標」とされていることも明らかになりました。緑の党のある議員はすでに5月の連邦議会で、WHOが決定したことはすべて自動的に議会で承認されると発表しています。連邦憲法裁判所が計画された手続きに対する訴えを却下しているという事実は、この図式に当てはまりますが、ドイツ、いわゆる民主主義や 法の支配に悪い光を投げかけています。