Albert Pike Letter to Mazzini.pdf (archive.org)
Albert Pike - Wikipedia

アルバート・パイクが1871年に書いた手紙は、第3次世界大戦のためのイルミナティの計画を明らかにします

Albert Pike

1871年に書かれたとされる手紙には、第一次世界大戦と第二次世界大戦の両方が予言されており、第三次世界大戦が起こると主張しています。

この予言は、150年以上前に南軍の将校でありフリーメーソンでもあったアルバート・パイクが、イタリアの革命家ジュゼッペ・マッツィーニに宛てた手紙の中に書かれていたと言われています。

ジュゼッペ・マッツィーニは1800年代半ばのイタリアの革命指導者で、イルミナティの幹部でもありました。

アルバート・パイクは33階級、フリーメーソン・オカルティストのグランドマスターであり、メーソン・スコティッシュ・ライト教団南部管区の創設者であり、悪魔崇拝者でもありました。

彼がマッツィーニに宛てた手紙は、1977年までロンドンの大英博物館図書館に展示されていました。この手紙はロンドンの大英図書館に保管されていると主張されていますが、大英図書館はその手紙の存在を否定しています。

以下の抜粋は、明らかに手紙からのもので、3つの世界大戦が何世代にもわたって計画されてきたことを示しています。

「第一次世界大戦は、イルミナティがロシアで皇帝の権力を打倒し、同国を無神論的共産主義の要塞にするために起こされなければなりません。大英帝国とゲルマン帝国の間でイルミナティの「エージェント」(工作員)によって引き起こされた相違は、この戦争を煽るために利用されるでしょう。戦争の終わりには、共産主義が構築され、他の政府を破壊するために、また宗教を弱めるために利用されるでしょう」

「第二次世界大戦は、ファシストと政治的シオニストの間の相違に乗じて引き起こされなければなりません。この戦争は、ナチズムが破壊され、政治的シオニズムがパレスチナにイスラエルの主権国家を樹立するのに十分強力になるように起こされなければなりません。第二次世界大戦の間、国際共産主義は、キリスト教と均衡を保つために十分に強くならなければなりません、そして、キリスト教は、我々が最終的な社会大変動のために必要とする時まで、抑圧され、抑制されるでしょう。」

「第三次世界大戦は、政治的シオニストとイスラム世界の指導者の間に「イルミナティ」の「エージェント」によって引き起こされた相違を利用して引き起こされなければなりません。その戦争は、イスラム(モスリム・アラビア世界)と政治的シオニズム(イスラエル国家)が相互に破壊し合うような形で行われなければなりません。

一方、この問題で再び分裂した他の国々は、肉体的、道徳的、精神的、経済的に完全に疲弊するまで戦うことを余儀なくされるでしょう......我々はニヒリストと無神論者を解き放ち、その恐ろしさのすべてにおいて、絶対的な無神論の影響、野蛮の原点、最も血なまぐさい混乱の原点を諸国にはっきりと示す、恐るべき社会的大変動を引き起こすでしょう。

そして、革命家という少数派から自らを守らなければならなくなった市民が、文明の破壊者を駆逐するでしょう、 そして、キリスト教に幻滅し、その瞬間から神格化された精神が羅針盤も方向性もなく、理想を求め、しかしその崇拝をどこに捧げればいいのかわからなくなる大群衆は、ルシファーの純粋な教義の普遍的な顕現によって真の光を受け、最終的に公衆の面前に姿を現すでしょう。

この顕現は、征服され、同時に根絶されたキリスト教と無神論の破壊に続く一般的な反動運動から生じるでしょう。」

ー アルバート・パイク

※と、いう事でしたが、「世界に解るようにお知らせ」を示してから始めましたか?


https://warnews247.gr/i-megalyteri-eos-tora-epistratefsi-tou-israil-sta-opla-300-000-efedroi-i-profiteia-v-zirinofski-oloi-tha-xechasoun-tin-oukrania-me-ton-megalo-polemo-stin-m-anatoli/
「ジリノフスキーの『予言』: 「ウクライナは中東戦争で忘れ去られる」 - イスラエルの予備役30万人が武装 - ガザ包囲網を開始

イスラエルは建国以来最大の徴兵制を敷き、48時間で30万人の予備兵を招集!

イスラエル国防総省の報道官によると、第一段階では10万人の兵士が地上作戦を開始し、ガザに入る予定です。同時に、レバノンやヒズボラとの国境にある北部戦線も強化されます。

イスラエル軍は、ガザとイスラエルの国境付近に砲兵陣地を増設し始め、4個師団がこの地域に配備され、うち3個師団はガザ地区に隣接しています。

地上作戦は今後24~48時間以内に開始される見込みです。

ガザ包囲網の開始
イスラエルのヨアヴ・ギャラント国防相は、ガザ地区への食料、燃料、電気の持ち込みを一切認めない「完全包囲」を命じたと発表しました。

ギャラント氏はさらに、「我々は動物のような人間と闘っており、それに応じて行動する」とも述べています。

イスラエル軍にとって状況は非常に困難であり、現在存在する恐怖はヒズボラの名で呼ばれています。イスラエル軍のガザへの軍事浸透は、血で血を洗う騒乱を引き起こすに違いありません。

ヒズボラやその他の組織、あるいはイランは何もせずに傍観するでしょうか?

先ほど、ヒズボラのスポークスマンが言いました:「パレスチナはウクライナではありません。もし米国が即座に介入すれば、この地域にあるすべての米軍施設は抵抗軸の合法的な標的となり、我々の攻撃に直面することになるでしょう。」

「そして、その日には、いかなるレッドラインも存在しないでしょう。」


ヒズボラとの新たな戦争の可能性はますます高まっています。ヒズボラとの交戦は、イスラエル軍がそのような紛争に備える準備ができていない後よりも、すでに戦争状態にあり、予備軍を活性化している現在の方が可能性が高いでしょう。

ヒズボラが対艦ミサイルを大量に備蓄していることを思い出してください。イランのおかげで、ヒズボラの能力はかなり進化しています。

注目すべきは、ハマスが未知数の入植者を誘拐した南部戦線での新たな作戦の「成功の結果」を夜明けに発表したことです。

ハマスの主張によれば、人質の数は300人以上とのことです。


V.ジリノフスキーの予言

この時点で、ウラジーミル・プーチンとロシアのシークレットサービスの両方と密接な関係を持っていたロシアのウラジーミル・ジリノフスキーによる2019年の予測的予言について言及する価値があります。

1999年、ロシアの政治家、故ウラジーミル・ジリノフスキー(1946-2022)はウクライナ紛争を予言し、その予言は現在のイスラエル/パレスチナ情勢にも及んでいるようです

元自民党党首のジリノフスキーは、2024年までには中東の紛争のために、誰もがウクライナのことを忘れているだろう...と予言しました。

この発言は2019年のことです。

ロシヤ24TVチャンネルの政治トークショーの放送で、ジリノフスキーはウクライナの対立候補の一人に、2024年のウクライナの選挙は行われない、
と言いました。

「これが最後の選挙です、 2024 年にはウクライナという国は存在しないのだから、選挙は行われないでしょう。あなたは中東の状況を考慮していない。」

「イランはベトナムでも北朝鮮でもコソボでもありません。最も恐ろしい出来事がここで起こるでしょう。そして、あなたの国は終わるのです」。

「パレスチナのハマスが世界紛争の扇動者になるかどうかは、いずれわかることでしょう」

スクリーンショット (280)




イスラエルのユダヤ人が「アラブ人に死を」と叫び、第二のナクバ(パレスチナ人大虐殺)を約束する

BitChute

今回の襲撃は、やはり世界を巻き込む戦争に発展させるための偽旗作戦ですか?

イスラエル・ハマスの偽旗は世界を騙している - パレスチナ人の大部分はイスラエルのために働いている!
BitChute

パレスチナによるイスラエル攻撃は、イスラエルがハマスに仕掛けさせた偽旗攻撃です
The Attack on Israel by Palestine is a False Flag Israel created and control Hamas (bitchute.com)

イスラエル政府はハマスの攻撃に関与している可能性があります
https://www.bitchute.com/video/nSWos47ufJCl/ 


ベンジャミン・フルフォード:緊急ニュース:世界が動かなければ、ガザの人々はサタンの生贄にされようとしています
https://benjaminfulford.net/2023/10/07/emergency-news-altert-the-people-of-gaza-are-about-to-be-sacrificed-to-satan-unless-the-world-acts/
モサドとMI6の情報筋は、ハマスによるイスラエル攻撃は、パレスチナ人を大量虐殺する口実を作るために、ベンヤミン・ネタニヤフが画策したものであることを確認しています。これは、核による大虐殺を起こすためのサタンへの生け贄になることを意味しています。イスラエル軍とイスラエル国民は、ネタニヤフ首相と彼の悪魔のような暴力団信者を逮捕する必要があります。彼らはユダヤ民族の古くからの敵であり、私たちはきっぱりと彼らを終わらせる必要があります。

トルコがイスラエルとパレスチナの戦いに介入--米国に「関与するな」と警告
https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/boom-turkey-enters-israel-palestine-fight-warns-u-s-to-stay-out
トルコのエルドアン大統領は、現在進行中のハマスとイスラエルの紛争において、公にパレスチナ人の支持を表明し、この紛争から手を引くよう米国に公然と警告しました。

エルドアンは、自国は「罪のないパレスチナの兄弟たちとともにある」と述べ、トルコは「いかなる代償を払ってもパレスチナを守る」と、誰に対しても明確に警告しています。

エルドアンはガントレットを投げ捨てたように見えます。 アメリカに。 イスラエルに。 おそらくNATOも含めて!

エルドアンは、ポーランドが昨日、ポーランド国民を避難させるために軍用輸送機をイスラエルに派遣し、その航空機が攻撃された場合、ポーランドはNATO第5条を発動し、その結果、31カ国のNATO軍事同盟がパレスチナ人に対する攻撃を行うだろうと述べたばかりです!

今日の発表で、エルドアンはポーランドとNATOに冷水を浴びせたようなものです。そしてNATOも。 トルコがノーと言えば、どちらも何もできないでしょう。 NATOが軍事行動に出るには、全会一致が必要です。

このハマスとイスラエルの件は、あまりに速いスピードで制御不能になりつつあり、その全体を把握することは困難です...


※未確認の報告:現在テルアビブを攻撃しているロケットは暫定的にFateh-110弾道ミサイルと確認されており、レバノンとシリアから発射されています。これらのミサイルはイラン製で、ヒズボラが運用している可能性あり。
レバノン南部から発射された大型弾道ミサイルがテルアビブを直撃しています。
ヒズボラもゲームに参加。


※「X」を含めてすでに50件近く動画の映像を見ましたが、最前線では(いくつかは演出かもですが)お互い憎しみが感じられる、かなり酷い映像もありましたが、イスラエル側の方がはるかに残虐的な印象を受けました...

※激しい睡魔のため中断、明日何か追加します...