※10年以上前に自分用にメモしていた記事の再検討です。

R.マイケル・キャッスル博士著:『自然な地球の方法論的終焉』

自然な地球の方法論的終焉

環境への影響


R.マイケル・キャッスル博士

2003年9月28日

今世紀、私たちは地球の自然システムが徐々に、意図的に崩壊していくのを目の当たりにしていると考えています。この論文の主題に関して書かれていることをすべて否定したり、偽情報を流したりする人たちがいます: ケムトレイル これは何だと思いますか?ケムトレイルとは、大気圏や成層圏に放出される有毒物質の劇場を漠然と表現したものに過ぎません。

著者のR.マイケル・キャッスルは、この世界的な大失敗を出来事のプロファイルに当てはめることを試みます。特定されたすべての構成要素を技術的に具体的に説明するには、少なくとも1冊の本が必要です。簡単な参考文献を以下に掲載し、疑問の余地のない様々な関連文書にリンクします。

理解の第一法則: 世界のグローバルな利害関係者によって仕組まれた、非常に大きな、勝者総取りのゲームがあります。私たちは、1980年代後半と1990年代の国際会議パネルによって定義された、さまざまで理論的な地球規模の大災害を軽減するために設計された、多種多様な地球規模の活動の実質的な証拠を調査し、研究し、発見しました(彼らは誰なのか、政治はどのような匂いがするのか、その他もろもろの価値観は、ここで、彼らが人類と私たちの有限の環境にどのような深刻な破壊を引き起こし、現在も引き起こしているのかを説明しようとする私たちの試みにおいて、最も重要なことではありません)。

(気候変動に関する政府間パネル)(1)

この大失敗の調査において、私たちが発見した作戦の多くは、機密扱いで、一般市民の情報や知識には触れられないままです。親愛なる読者の皆さん、なぜこのような地球兵器を配備する可能性があるのかという疑問に答えてください。お金の痕跡をたどってみてください。私たちは、この世界的な残虐行為をめぐる事実を検証するために使用した膨大なデータ、情報、すべての参考文献をすべて提供します。

この情報を受け取る方は、私たちが暴こうとしていること、人体へのリスク、環境へのリスク、そして蔓延する単純明快な「間違い」に十分興味を持っている方でなければなりません。なぜなら、大手メディアの内部告発のためにこの情報を調査・開発するには、情熱と献身が必要だからです。私たちの調査作業は、この後のシナリオを嫌というほど観察し、発見してきた、ほぼ5年にわたるものです。

これは小さな仕事ではありません......しかし、使命は単純です。私たちの自然である地球とそこに住む住民の方法論的解体を暴露し、阻止することです。


要 約

エドワード・テラー博士は、1990年代後半に、エドワード・テラー博士を含む国際的な科学者グループ、リバーモア国立研究所などが、地球温暖化、危機的レベルの紫外線/宇宙線、危機的なオゾン層破壊、その他の理論的な破滅の結果から、大変動が確実であると信じていた事態の予測された経過を変えるための、壮大な比例関係にある救済作戦、戦略を記述した白書を書きました。( エドワード・テラーの「サンスクリーン」文書 - pdf ) (2) 水爆の父と呼ばれるエドワード・テラー博士と同じ頭脳が、多くの誤った着想の戦略の責任者であり、人間の領域での結果を考慮した人は一人もいなかったことをここで実証しています。安全性、毒性、致死性、被爆、環境への影響、道徳性などという言葉は、テラー博士にはあまりなじみのないものでした(WHO IS EDWARD TELLER?)(3)

これらの地球温暖化緩和戦略、紫外線緩和、大気中の温室効果ガスの影響の停止は、テラーらによって共通性を与えられました。バリウム、アルミニウム、トリウム、セレンは、特定の電荷でイオン化され、高高度航空機から放出されるサブミクロン粒子に加工されました。


 ( バリウムの製品安全データシートBARIUM MATERIAL SAFETY DATA SHEET ) (4) 
(ケムトレイルとバリウム - 吸収と吸入 ... 下記リンク参照 (5)) 私たちは、イオン化が特定の重金属微粒子をより長い時間上空に保つと推測しなければなりません。この電子的に帯電した微粒子マトリックスはまた、完璧なRF制御フィールドかもしれません。理論的には、重金属は地球の大気圏に入る太陽光を遮り、反射させ、1-2%を宇宙空間に反射させます。紫外線レベルは低下するでしょう。テラーはまた、地球の成層圏までカバーするという巨大で壮大な任務を遂行するために、軍用機と同様に民間機の使用も推奨しています。私たちは、アメリカの国防総省の「RFドミナンス」と題されたプログラムにおいて、これらの技術を武器として使用することが十分に実証されていると信じています。米空軍のVTRPと海軍のRFMPは、現在の軍事作戦の特徴であるアルミナ化ガラス繊維や chaffeを含むエアロゾル化重金属微粒子を利用する他の軍事プログラムです。(無線周波数ミッションプランナー) (6)


CIA主導のクローバーリーフ計画は、初期の「エアロゾル化重金属微粒子」作戦のひとつでした。上層大気/成層圏への大規模な散布が開始されました。米国防総省の作戦はすぐに続き、米空軍は作戦全体に戦略的に組み込まれました。米空軍はまた、気象改変と地球工学の実践という形で、重要な地球温暖化緩和戦略の拡大に大きく関与することになります。
([2025] Force Multiplierとしての天候: 2025年、米国空軍は天候を支配する (7)

(参照:Intro, Welcome & QUICK LOOK )

連邦政府公認の請負業者は、地球を破滅から救うための大規模でグローバルな取り組みに参加することになりました。連邦政府公認の請負業者、FACは、これらのプロジェクトの研究、開発、展開の一翼を担っており、その多くがプレミアWebサイト「Carnicom - Aerosol Operations」(8)を訪れています。(参照 - 訪問者)FACのアカデミア、多国籍企業、米軍/軍産複合体/企業は、この努力の熱心なパートナーとなりました。特に、カリフォルニア州のヒューズ・エアクラフト・コーポレーションは、この取り組みに研究努力を傾けました。

トリウムと酸化物、アルミニウム、炭化ケイ素は、一般にウエルスバッハ耐火性シーディング剤と呼ばれる特殊な混合物で確認されています。- 1991年3月26日。(9)この特許は1990年にヒューズエアクラフト社に譲渡されました。ウエルスバッハ耐火物シーディングの無制限配備作戦は、北米大陸上空の成層圏の広大な地域で1990年代初頭に始まりました( エアロゾルプログラムは特許取得済み )(10) 西半球全体に拡大し、多くの作戦は、アラスカにある電離層加熱のためのHAARPs(High Frequency Active Aural Research Project)に関連したアメリカ空軍のオゾン層破壊緩和空中作戦で禁止されていたと信じています。) オゾン浄化は、HAARPsの発明者でありディレクターであるバーナード・イーストランド博士によって定義された、HAARPsの3つのアクティブ・ミッション・パラメーターのうちの1つ。電離層加熱研究施設は、米空軍(予備役)と米海軍によって有人運営されていました。HAARPは兵器化されていたため、すべての活動は機密扱いで、現在も機密扱いです。(HAARP HOME PAGE ) (11); 宇宙ベースの気象制御: サンダーストーム・ソーラーパワー衛星-イーストランド博士とのやりとり) (12)

気象改変/気候変動

HAARPは、気象改変が基本的な目的である多くの極秘任務に利用されています。マイクロ波、ELF(極低周波)、VLF(超低周波)、その他のEMR/EMFベースのシステムは、大気中に送信され、電離層によって反射され、地球の成層圏/大気圏を通って戻り、様々な空気中の化学微粒子、ポリマーフィラメント、その他の電磁周波数の吸収体と反射体が、優勢なジェットストリームを押したり引いたりするために使用され、気象パターンを変えます。(注:微粒子、ポリマー、マイクロ波、ELF、VLF、EMGなどに関する膨大な研究ファイルがあります。干ばつ誘発は、レビューされた技術によると、マイクロ波で成層圏を加熱し、空気中の化学微粒子を空域に配置し、それによってHAARPからのマイクロ波を通して基本線水分勾配を変化させ、チタン酸バリウム、メチルアルミニウム、カリウム混合物で化学的に乾燥させることによって起こります。(誘発された気候変動-地球工学による地球の放射線バランス) (13)HAARPは電子的に大気中のオゾンに大きな穴を開けます。これが、HAARPに関連するオゾン修復/緩和戦略の基礎です。しかし、オゾン層の穴を「塞ぐ」ことは、米空軍とFACの飛行作戦の標準的な慣行となっています。

米空軍は最近、2001年から2002年にかけて、無人航空機(UAV)の技術を利用することにしました。成層圏を高空飛行するロボットプラットフォームは、有人運用の要素を否定します。ロボットは文句も言わず、口もきかず、永遠に非組合員のままです。

ウエルスバッハのシーディングとオゾンホール修復科学は、人間と環境に有毒な化学物質を利用します。


ウエルスバッハの耐火物は、アルミニウム、トリウム、ジルコニウム、その他の放射屈折金属と金属酸化物を使用しています。トリウムは元素純度98%です。残りの2%は特定放射性物質です。落下物にはトリウムも含まれます。カナダ中部と東部は、臨床的にトリウム中毒と特定されているものに苦しんでいます。トリウムの他のベースライン資源はなく、すべて成層圏に噴霧されたエアロゾル化重金属微粒子の残留物によるものです。

アラスカ261便

ウエルスバッハの耐火剤に関して、もう一つ観察されたことがあります。それは、他の特許成分である酸化アルミニウムと炭化ケイ素の極端な摩耗特性です。これらの材料はMOH硬度が非常に高く、ダイヤモンドに次ぐ研磨性を持っています。これらの1ミクロンおよびサブミクロンの粉塵は、大気中を落下する際に、「グリット・プルーム」を通過するすべての航空機の作業飛行部品の内部で、多少なりとも接着面に堆積することが考えられます。水平・垂直スタビライザー、エルロン、フラップ、ランディングギアトラックに使用されているグリスは、航空機の金属の摩耗によって深刻な損傷を受ける可能性があります。水平スタビライザーのジャックスクリューは、ウェルスバッハ耐火物から発生する研磨性の高い粉塵で連続的にコーティングされているため、ジャックスクリューの金属が徐々に削られ、完全な故障を引き起こし、飛行制御装置が制御不能な下降姿勢または上昇姿勢になります。私たちは、アラスカ航空261便がこの不測の事態の犠牲者であったと信じています。アラスカ航空261便は、ウエルスバッハ耐火物シーディング作業に関連するケムトレイル作業から発生する激しい砂煙の中を、主に米国西海岸に沿ってテキサス州ダラスまで毎日通過していました。

民間機、商用機、軍用機を問わず、他の航空機もこのような飛行部品の不具合に見舞われており、その原因は標準以下の航空機械工の品質にあるとされています。NTSB(国家運輸安全委員会)がアラスカ航空261便の死亡事故で行ったように。これらの結論は、これらの問題における真実から遠く離れたものではありませんでした。巻き添え的被害か、それともケムトレイルのもう一つの結果か?

オゾンホール修復

オゾンホールの修復に最もよく使われるのは、元素状セレンとトルエン(ガソリンのベンゼン成分)やキシレンの混合異性体のような芳香族炭化水素です。成層圏を飛行する航空機から散布されたこの有毒な混合物のフィルムは、オゾン層であるトループポーズのすぐ上の領域に落下します。オゾンまたは3原子酸素は、セレンと炭化水素に紫外線/活性酸素が照射されると急速に形成されます。これは、オゾン警報日を引き起こし、問題となる同一の光子/化学反応です。セレンと紫外線の固体反応は、ゼログラフィー中に起こる反応と同じです。コピー機では、セレン・トナーに紫外線が照射されると微量のオゾンが発生します。

米国/NASAのTOMS(オゾン全量マッピング)衛星は、主に北アメリカ大陸の北部で発生するこれらのオゾンパッチ作業を検証しました。我々は2000年初頭からこれらの現象を研究しています。(TOMS -- オゾン全量マッピング分光計) (14)

セレン/芳香族炭化水素の地表降下による影響

芳香族炭化水素は、地表降下が起こった場合(これが米国とカナダで繰り返し起こっていることを示す相当な証拠があります)、ベンゼンの過剰暴露の原因となります。ベンゼンの発がん性は既知ですが、疑わしいものではありません。ベンゼンによる地表水汚染は継続的な脅威です。

セレニウム中毒は、鉛(Pb)を含むほとんどの重金属の特徴です。


気象改変

米国エネルギー省(US DOE)の地球温暖化/紫外線緩和/気候変動戦略の不可欠な部分。アメリカの空軍が主導し、明確な地球兵器として、気象改変は世界規模で行われています。
(空軍2025ホームページ-最終報告書) (15)

この要旨は、世界的な舞台の拡大という性質上、米国とカナダにおけるケムトレイルの展開に限定されます。

専門の独立調査員が土壌と水のサンプルを多数採取し、これらを分析して文書化しました。広範な検査により、米国とカナダの多くの地域で、バリウムとメチルアルミニウムの毒性レベルが非常に疑わしいことが実証されました。サンプル採取地は、ケムトレイルによる極端な観察のために記録されています。多くの公的医療機関に口頭や文書で苦情を申し立てましたが、血流中に検出されたバリウムとアルミニウムのレベルが上昇した原因は明らかにされませんでした。


結 論

この要約は、ケムトレイル騒動全体のほんの一部に過ぎませんが、私たちは、公平な調査者や信頼できるニュース・ジャーナリストが、この核心的な情報を評価し、これまでの私たちの調査結果を検証するか、あるいは反論することをお勧めします。人体への影響と環境への影響は、現時点では書ききれないほど膨大です。その他のエアロゾル関連プログラムについては、フォローアップセッションで議論する予定です。さらに、生物駆除剤として使用される生物学的物質や遺伝子組み換え菌類は、大気中に噴霧される化学物質をベースとしたエアロゾル化化学物質よりも、人間や環境に有害で深刻な影響を与える可能性があります

化学物質の散布はすべて、一般に知られることなく行われ、展開されてきました。また、人体へのリスクアセスメントも環境影響調査も、一般市民による精査やコメントのために提出されたものはひとつもありません。これだけでも、民法、環境法、国際法、条約に対する重大な違反です。

自然の地球の生物学的システムは徐々に破綻し始めています。重要な微生物である根粒菌は、バリウムとアルミニウムの重金属毒性により、土壌中で徐々に絶滅しつつあります。この微生物は、土壌-マトリックスから植物/木のフィーダー-根系への栄養素の移動を担当しています。バリウムとアルミニウムの重金属塩はアルカリ性、すなわち水酸化バリウムであり、地表の土壌と水のpHを新たな高水準にシフトさせています。この分野の専門家によれば、この微生物がいなければ、植物の自然な成長は不可能だということです。ケムトレイルは私たちの無限の自然生態系を台無しにしていますが、微生物絶滅の証拠はたくさんあるにもかかわらず、誰も見ていません。

1990年代の出来事は、商業や政府などの「再発明」というフレーズで特徴付けられましたが、気象コントロール、食糧と水のコントロール、新たな病気を治療する医薬品の拡大などのテーマで、国際的な同盟と協力して、米国機関の組み込まれた職員によって実施された秘密工作によって、独自に定義されています。この話に少しでも興味がありますか?

私たち、世界中から集まった数百万人にのぼる関係者のグループは、今、私たちが、商業と管理、大企業、そして軍産複合体を介した醜悪な社会主義の名の下に、自然の地球が計画的に破壊されていくのを目の当たりにしていることを強く確信しています。

ケムトレイルで確認されている技術は、粗悪で毒性があり、致命的です。米国とカナダの破産した独立農家は、彼らのビジネスを終わらせ破壊した干ばつが実際に仕組まれたものであったことを知りませんでした。けれども、彼等の所有地はすべて、国際的な農業利害関係者達か国際的な穀物農業利害関係者達によって、小銭で買い取られ、これらの農場で栽培され収穫されるものはすべて、おそらくモンサント社の特許製品である、遺伝子組み換えの穀物や食料品であるようです。
これらの農場はアメリカ農務省の補助金も受けていません。アメリカの納税者にとっては好都合でしょう?これがフード・ウェポンの出現です。

私たちの究極の使命は、北米大陸上空の大気圏/成層圏に化学物質を拡散、散布、放出する行為を停止し、禁止し、永遠に減少させる法案を米国議会に提出することです。このような法律案は、著者であるR.M.キャッスルによって書かれ、「2003年統一大気保全法(UAPA3)」と題され、他のケムトレイル調査員によって検討され、これらの陰湿な手法を阻止するための唯一の介入方法であると思われます。しかし、私たちが期待していた米国下院議員は、米国政府がこの大失敗の多くの側面に戦略的に関与していることが明らかになると、手を引く傾向があります。私たちはこの法案を審議してほしいのではなく、成立を要求するのです。成立すれば、誰が破産するのでしょうか?私たちは、UAPA3によってHAARPs電磁放射マシンを停止させます。どなたかUAPA3法案の草稿をお受け取りになりたい方がいらっしゃいましたら、ぜひご一読、ご賛同をお願いいたします。


著者 - R. マイケル・キャッスルは、環境リスクアセスメント、調査、分析、修復の分野で19年の実務経験を持ち、環境リスクアセスメントの国家資格を持つ環境専門家。環境コンサルティング・エンジニアリング会社、キャッスル・コンセプツ・コンサルタンツ設立以前は、22年間ポリマー化学者として勤務。

連絡先は以下のメールアドレスです: 
ekimcastle@yahoo.com

参考文献:

(1) 気候変動に関する政府間パネル
www.ipcc.ch/

(2) エドワード・テラーの「サンスクリーン」文書 - .pdf
www.rense.com/general18/scatteringEdTellerwithnotes.pdf

抜粋 「100万トンの散乱物質~1%ー年間約20%更新」
「大量の空気中または宇宙空間への放出に関する議論」

エドワード・テラーの「サンスクリーン」文書: 地球温暖化と氷河期:
 地球の変化を物理学に基づいて調節するための展望、E. Teller 他、1997年8月15日、ローレンス・リバモア国立研究所、発表: 第22回惑星緊急事態国際セミナー、エリーチェ(シチリア島)、イタリア

(3) エドワード・テラーとは?
www.atomicarchive.com/Bios/Teller.shtml
水爆の父として知られるエドワード・テラー博士。(米国東海岸の著名な港を、国際船籍の船舶の通商のために水深を深くするために「核攻撃」することを推奨した人物。その結果、国際商業と貿易は例外的なものとなるでしょう。とはいえ、少なくとも1,000年間は残留放射能が致死量に達する可能性があることを検討した結果、誰かがこのアイデアを却下しました。

(4) バリウム製品安全データシート
www.jtbaker.com/msds/b0444.htm

(5) ケムトレイルとバリウム

8.3.1 - 吸入経路 - 吸入によるバリウム化合物のヒトへの沈着および吸収に関する定量的データはありません。
www.inchem.org/documents/ehc/ehc/ehc107.htm

ここ数ヶ月の間に、大気中に異常なレベルのバリウムが存在することを確認する方法が開発されました。www.carnicom.com/precip1.htm

以下は、エアロゾル操作の調査の中でバリウムとバリウム化合物に直接注意を向ける条件、観測および分析のリストです。
www.carnicom.com/deduct1.htm

航空機のエアロゾル活動のその結果としての大気中のバリウムの識別が確認され続けています。www.carnicom.com/spectra2.htm

大気中のバリウム元素の異常な存在は、現在、分光法の方法によって確認されたようです。
www.carnicom.com/spectra1.htm

(6) 無線周波数ミッションプランナー
net127.com/2001/06/18/chemtrails-and-the-radio-frequency-mission-planner/

(7)米空軍:戦力増強要因としての天候
気象2025 - QUICK LOOK
csat.au.af.mil/2025/qwiklook.pdf

アメリカ空軍:戦力増強要因としての気象
気象を支配する2025 - INTRO
csat.au.af.mil/2025/INTRO.PDF

アメリカ空軍:戦力増強要因としての天候
2025年の気象を支配する - ようこそ
csat.au.af.mil/2025/welcome.pdf

米国空軍:戦力増強要因としての天候 - 2025年天候の所有 - 1996年計画報告書
csat.au.af.mil/2025/volume3/vol3ch15.pdf

(8) カーニコム - エアロゾル作戦
www.carnicom.com/conright.htm

(9) 地球温暖化防止のための成層圏ウェルスバッハシーディング 米国特許: 5,003,186
www.freepatentsonline.com/5003186.html?highlight=5003186&stemming=on

(10)特許取得済みのエアゾールプログラム
www.seektress.com/PATLIST.HTM

* エアロゾル関連リンク
www.aaar.org/index2.cfm?section=Related_Links

(11) HAARPホームページ
www.haarp.alaska.edu/haarp/

(12) バーナード・イーストランド博士との往復書簡:
宇宙ベースの気象制御:サンダーストーム太陽発電衛星
www.borderlands.com/spacewea.htm

(13) 誘導される気候変動 -地球工学による地球放射収支の研究
adsabs.harvard.edu/abs/2000GeoRL..27.2141G

(14) TOMS - オゾン全量マッピング分光計
toms.gsfc.nasa.gov/reflect/today_refl_v8.html

(15) 空軍2025ホームページ
天候の所有 - 最終報告書
csat.au.af.mil/2025/index.htm


 2025年に向けた極秘計画「世界奴隷化計画」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
第3巻:パワーと影響力  
11.2025年の世界に対する特殊作戦部隊のDIM MAK応答:ゼロトレランス/ゼロ誤差
15.
フォース乗数としての天気:2025年の天候を所有


第4巻:特別研究
  1. 絶滅への道:2025年の米空軍