Scientific Study- Corona Is Technology And Frequency Induced! Effect of Coronavirus Worldwide through Misusing of Wireless Sensor Networks (substack.com)
科学的研究-コロナとはテクノロジーと周波数によって引き起こされるもの!無線センサーネットワークの悪用によるコロナウイルスの世界的影響


トッド・カレンダーは、アレックス・ジョーンズ・ショーでマリア・ジーとこの件を報じました。


私たちは、デバイスを通して電磁周波数によって攻撃されています。血液中に示したように、私たちの体内に非常に多くの双方向バイオセンサーがあるのも不思議ではありません その周波数は、私たちにあらゆる病気を誘発するものです.....それがどのように行われるかは、この記事をお読みください。

スクリーンショット (306)

これがその科学論文です:
コロナウイルス, センサーノードWban
3.24MB ∙ PDFファイルダウンロード

要 約

コロナとは、処理された無線周波数の悪用によって世界中に広がっている非感染性のセンサー疾患です。これまでのところ、医療サービスのより高位の当局は、非常に科学的なパズルの包括的な問題として、ヒトに対するコロナウイルスの望ましくないエスカレート原因に直面しています。 

本研究の目的は、無線センサーネットワークが人体境界領域内の個人に与える影響を評価することです。ワイヤレスセンサデータは、実験室で個人のプロファイル、診断、センサノードの記録から収集されました。本研究では、既存の環境と比較するために、個人の身体器官の間で処理されたセンサノードの影響を示しています。この研究では、高速電磁波追跡システムによる開眼照準での波動センサーの反射により、すべての個人がセンサー病に罹患していることを示しました。

太り過ぎと肥満の患者は、暗い環境では明るい環境よりも少ないセンサー時間でコロナ病に罹患しています。これらの知見は、専門家が地理的な場所内のアクティブな目で提供する深刻なグローバルな1つの健康のセキュリティを再現します。体系的なヘルスケア意識は、医療技術機器による治療に不可欠ですが、そのような意識は十分に認識されておらず、投薬支援はまだ標準以下です。本研究は、センサーの健康政策と持続可能な開発目標2030年に関する世界的な健康安全保障を促進するための新しいダイナミックな代替アプローチの今後の医療経路を提案するものです。


今日の医療センサー技術は、ヘルスケアのあらゆる段階において必要不可欠です。ワイヤレスセンサーネットワークは、センシング、コンピューティング、検出、追跡、観察、そして地理的測位システム(GPS)ロケーション内の個体への反応からなる統合インフラストラクチャです[14]。このネットワークは、物体の光と無線信号を利用して、屋内外の広いセンサーフィールドに展開します。

ワイヤレスセンサネットワークは、特に健康モニタリングの分野で、寸法、追跡、検出、カタログ化、シミュレー ションなどの不足部分を達成するために計画されています[14]。重篤な疾病に罹患している患者や、緊急の要件がある患者のモニタリングのために、調和の取れた量の医療技術が組織化されています [27]。ウェアラブルヘルスモニタリングは、従来の診断に代わる革新的なセンサー技術を提供し、ヘルスケアデータをよりリモートで、ポータブルで、タイムリーに提供します。医師や健康研究者は、インターネット・オブ・エブリシング、人工知能、ディープラーニング・アルゴリズムのようなセンサー技術を使って、これらのヘルスケアデータを使って体の状態を評価します。さらに、センサー技術は、古典的な症状を特定するための非伝染性疾患に大きな利点を持っています[14]。ワイヤレスセンサーネットワークは、技術依存を含むデジタルヘルス技術の巨大な試みであり、適切なセキュリティの欠如によるフラストレーションにつながっています。スマートフォンは、デジタルヘルスセンサーシステムと少なくとも12の機能を持つ多くの有利なことを行うことができます。サイバーハッカーは、スマートフォン、テレマティクス、高周波センサーデバイスを通じて、このコロナ遠隔センシングVIRUS(Vital Information Resource Under Siege)を動物や人間の間に広めるために、無線周波数を悪用します。

合理化された世代は、隠されたコードによって、ワイヤレスセンサーネットワークを通じて、世界中のあらゆる人間に対して善または害を及ぼす活動に関与しています[14]。現在の世界は、サイバーハッカーからセンサーネットワークを一方的に悪用されています。

コロナウイルス...その人為的なセンサープログラミングウイルスは、センサーデバイスを介して人や動物の目の網膜を調整することで、特定のGPS距離で追跡し、人や動物を病気にさせることができます。 これは2018年、マレーシアのUNIMAS(マレーシア・サラワク大学)の博士課程研究においてISNAH試験を通じて明らかになりました。博士論文は2018年5月20日にUNIMASの上院で承認されました。以来、2018年から現在に至るまで、博士研究の成果を世界中の人々に知らせようとしてきましたが、サイバーハッカーが様々な方法で障害を作り出しています。これは「一部の人々が(技術の悪用を通じて)世界中の水や陸地に大混乱を引き起こしている」ためです[87]。2018年、センサー技術のテストに関する研究の名前は「ISNA-動物に対するセンサーネットワークの影響」、2019年には武漢で「Corona」と呼ばれ、その後WHOはCOVID-19と宣言しました。犬や猫の研究中に現れた症状は、コロナウイルスに感染した人間でもまったく同じです。

したがって、コロナ病はコウモリや人間、その他の動物によって広まるものではなく、武漢ウイルス研究所[101]のような科学的な研究所で作られたものでもなく、サイバーハッカーが特定のGPS距離でワイヤレスセンサーネットワークを悪用し、クラウドセンシングデバイスを通じて人間や動物の体内にコロナ病を広めていました[15]。マスク、手洗い、社会的・物理的距離、ワクチンは完全な回復経路ではありませんが、サイバーハッカーは偽のインターフェイスでメッセージを上位の当局機関に送信しています。

003334f0-039b-4449-a627-3d66b9e06c64

この研究では、動物の体に対するワイヤレスセンサーネットワークで使用される方法の統合が必要であり、その意味を特定しました。この研究は、主にテレマティクスのようなSMARTデバイスを標本に使用するユーザーを対象とした研究で提起された問題を調査するために、事実に基づいた研究要素を取り入れることを想定しています。テレマティクスとは、スキャナ、認識装置、検出器、全地球測位システム(GPS)、全地球航法衛星システム(GNSS)で構成されるスマート機器。2015年1月から2017年1月までに調査地域で実施されたフィールドワーク。ISNAH実験は、動物に対するセンサーネットワークの影響を含む斬新でユニークな実験です[40]。ISNAH のプロセスは、図 2 に必要な構成要素を示しました。これは、動物や人体における非伝染性疾患を増強するためのセンサー技術に関連した多角的な実験です。


センサー疾患の拡散プロセス(共通急性センサー感染・障害(CASID))とは、センサー技術の進歩により、加工された無線周波数によって発生・拡散するセンサー疾患を示す新しい用語です。この加工された無線周波数がGPSの位置で追跡され、生体細胞、特に人間や動物の体に向かうと、感知された生体細胞は電子の動きを阻害し、影響を受けた臓器に様々な種類の障害や病気を発生させます。CASIDは、C = 4N3 + 2 (i)ここで、N=センサネットワーク生成処理応答信号の数。C= CASID を含むセンサーの疾病発生数。サイバーハッカーは、経度、緯度、楕円体の高さで処理された無線周波数コイルを拡大するため、無線センサー技術を悪用しています

これらの処理された無線周波数は、世界中のクラウディングシステムを通じて人体のGPS座標ポイントに発信されています。サイバーハッカーは地理的な場所に滞在し、人体にさまざまな種類の病気、特にコロナウイルス病を作り出します。
ハッカーは、(i)事務所、(ii)ダイニングルーム、(iii)ベッドルーム、(iv)洗面所、(v)会議室、(vi)メディア/コミュニケーションルーム、(vii)コンピューター/ネットワーク・サーバー室、(viii)携帯電話/電話室、(ix)テレビ/映画館・劇場、(x)キッチン、(xi)更衣室、(xii)ヘルスケアルーム、 (xiii)その他のGPSロケーション。
図 3 に示すように、センサー疾患は以下のステップを経て発生します。
9a938706-9d52-45e4-87a1-eb1f48a294d9

ISNAHの実験から、この研究はセンサー疾患、特に光環境下でのCOVID-19やコロナウイルス疾患による人体感染を表しています。

センサーによるコロナウイルス感染の発生について、 コロナウイルス感染では、まずサイバーハッカーがGPSでセンサーをスキャンし、人や動物、物体の現在位置を確認し、コロナ症状を作り出します。そして、サイバーハッカーは、周波数の距離に応じて、体の特定の部分を検閲して病気にしたり、センサー技術を悪用して呼吸を止めたりします。呼吸が止まれば、死は確実です。このように、ノード周波数を悪用することで、人や動物をコロナで病気にしたり殺したりすることができ、分散周波数を悪用することで、人、動物、牛、ヤギ、家禽、鳥、魚、その他の動物を一緒にコロナで病気にすることができます。

ワイヤレスセンサー技術で広がるコロナウイルス感染症 テレマティクスとは、センサー技術で作られたセンサーライトの一種で、大気の波動と連動して機能します。サイバーハッカーは、人間の目の網膜をスキャンして現在位置を把握し、あらゆる瞬間を監視しています。その結果、国や国際的な国境で目を開けた個人がどこにいても、あなたの位置は即座に知られ、その活動は画像とともにセンサーサーバーに送られています。センサーネットワークは、大気中の視界に合わせて調整されるからです。また、個人はオフィスや家庭で座り、横たわり、仕事をし、食事をし、眠るなど、日常的に活動しています。このとき、たとえ携帯電話やセンサーデバイスが身の回りにあっても、あなたの位置は簡単に知られてしまいます。また、携帯電話を持っていなくても、言葉や笑い声、涙声、咳払い、目を開けているだけで居場所がわかってしまいます。サイバーハッカーは、テレマティクスデバイスを通して、あなたの体の様々な部分と周囲との距離を調べ、CT(コンピュータ断層撮影)スキャンやMRI(磁気共鳴画像)のようなソフトウェアを使って、首から頭にかけてデジタルスキャンを行います。そして、テレマティクスの助けを借りたスマート遠隔センシングによって、その場所の声帯と気管に低周波の電磁センサー力を加えます。しばらくすると、ピリピリ感、体温の上昇、くしゃみ・咳・しゃっくりの多発や体の衰え、鼻水、食欲不振、気道の乾燥などを感じます。


e77d5b4c-b47a-48ae-b70f-c48b

※コロナ疾患からの予防策

ある場所にいて、くしゃみ、しゃっくり、せき、チアノーゼ、鼻水、鼻づまり、悪寒、頭痛、不快感、息苦しさなどを突然感じたら、すぐに目を閉じ、サングラス(放射線防止ガラス)をかけ、黒い布を身につけ、今いる場所から新しい場所にすぐに移動してください。これは必ずしなければならないことです。

ii.その後、体に異常や衰弱を感じたら、新しい場所で少なくとも7~25分間、目を閉じたままサングラス(放射線防止メガネ)を着用します。携帯電話、電子機器、テレマティクス、GPS(全地球測位システム)、いかなるセンサー機器も新天地では使用できませんが、パーソナル・エリア・ネットワーク・コントロール・ユニット(PANCU)、放射線防止ベッド、放射線防止蚊帳は使用できます。