バイデンは大統領戦争権限法を発動し、議会に通知します

バイデン大統領は、2023年10月26日夜、IRGCとIRGC関連グループが使用するシリア東部の施設に対する米国の標的攻撃について説明する戦争権限通知書を議会に送付しました。

これは、憲法上、大統領が軍事行動を開始するために必要な最初のステップです。期限は60日間。
以下引用:

「大統領は軍事行動を起こす場合、48時間以内に議会に通告しなければならず、軍隊が60日以上駐留することを禁じています」。


もし大統領が戦争権限にもっと時間を必要とするならば、議会は宣戦布告を可決しなければなりません-これはジョージ・ブッシュ・シニアによる第一次湾岸戦争の際にも、またルーズベルトによる1941年にも行われたことです。

パレスチナの守備側とイスラエル、そしてアメリカとの間で紛争が勃発すれば、米軍が標的にされる可能性は大いにあります。ひとたびアメリカ軍が攻撃されれば、アメリカ軍は利用可能なアメリカの武器をフル活用して報復するでしょう。

いったんアメリカが艦船や戦車や飛行機で積極的に関与すれば、周辺諸国のアラブ諸国は、中東でイスラエルやアメリカと直接戦争をしようという強い動機付けを持つでしょう。

その一方で、何十万人ものイスラム教徒がイスラエルに押し寄せ、ガザやヨルダン川西岸にいるパレスチナ人を守ろうとするでしょう。このすべてが今から数日以内に勃発する可能性があります。


scale_1200