https://report24.news/echte-gesundheitsgefahr-covid-genspritzen-schaedigen-die-darmflora-nachhaltig/
本当の健康被害:COVID遺伝子注射は腸内細菌叢に永続的な損傷を与える
スクリーンショット (309)
ACG 2022 Annual Meeting Posters (eventscribe.net)

研究によると、COVID遺伝子を注射すると、腸内細菌叢のバランスが数カ月にわたって崩れる可能性があります。ビフィズス菌属の善玉菌の量は最大で90%も減少します。このように、腸の健康は身体と免疫系にとって重要な役割を果たします。ワクチンを接種し、母乳を与えている母親の赤ちゃんも影響を受けます。

マイクロバイオーム・ゲノミクス研究室ProgenaBiomのCEOであるサビーネ・ハザン博士は、Covid-19に対するmRNA遺伝子注射の腸内細菌叢への影響を研究しました。最近の報告による、その結果は極めて悪いものでした。例えば、重要なビフィズス菌の量は、このような注射の後、最大で90%減少する可能性があり、しかもそれが数ヶ月続くということです。しかし、これはまた、すべてのブースター注射がこの状態を長引かせるだけであることを意味します。

ビフィズス菌が赤ちゃんの消化管に最初に定着し、健康に非常に良い影響を与えることを考えると、これらの細菌がこれほど劇的に減少することが良いことでないことは明らかです。結局のところ、これらのプロバイオティクス細菌は、病原体に対する免疫力の強化や、癌の予防にも関連しています。ビフィズス菌の不在は、糖尿病、癌、自己免疫疾患などの慢性疾患に関連しています。プロバイオティクスのビフィズス菌を与えることで、糖尿病の状態を改善し、がんと闘うことができるという研究結果もあります。

さらに、入院中のCOVID-19患者を対象としたハザン博士の研究によると、重症の患者はビフィズス菌のレベルが非常に低いことが多く、一方、消化管内にビフィズス菌が多く存在する患者は「無症候性」感染症に罹患する傾向があり、事実上健康な状態を保っていることがわかりました。このような状況を考慮すると、「VAIDS」(ワクチン免疫不全症候群)の症例が増えている理由も明らかになります。

ハザン博士の研究結果は、腸内で少なくとも10種類の微生物が失われていることを発見した香港の研究結果とも一致しています。

このような消化管の生物多様性の減少は良いことではありません。そして、これらのビフィズス菌が赤ちゃんの消化管のマイクロバイオームの95パーセントも占めていることを考えると(大人ではまだ10パーセント)、mRNAワクチンを接種した母乳育児の母親が赤ちゃんの健康に及ぼす悪影響は明らかです。報告書によると、ハザン博士は、ファイザー社や モデルナ社の母親から母乳で育てられた赤ちゃんの中には、ビフィズス菌が全くいない赤ちゃんがいることも発見しました。ビフィズス菌は免疫系にとって極めて重要な細菌であるだけに、このことは慢性的な免疫不全を引き起こす可能性があります。