https://warnews247.gr/oristiki-rixi-to-israil-vazei-rosia-kai-tourkia-ston-axona-tou-kakou-mazi-me-iran-erntogan-arga-i-grigora-oi-israilinoi-tha-plirosoun-vary-timima/
決定的な決裂: イスラエルはロシアとトルコを「悪の枢軸」に据える - エルドアン:「イスラエル人は犯罪者でありテロリストだ-彼らは重い代償を払うことになる」
スクリーンショット (310)
もう後戻りはできない - 新たな深刻なエスカレーションが到来

イスラエルはイランに加え、トルコとロシアを中東の「悪の枢軸」に位置づけています。R.T.エルドアンの発言を受けて、両国関係が後戻りできないばかりか、新たなエスカレートが間近に迫っていることは明らかです。

イスラエル外務省のモスクワに対する2つの厳しい声明後のイスラエルとロシアの関係も同様です。

イスラエル、エルドアンの発言でトルコから全外交官を引き揚げ 

イスラエルのエリ・コーエン外相は、ハマスに対するイスラエルの軍事攻撃に対するトルコ指導者の「厳しい」批判を理由に、トルコとの外交関係の見直しを求めました。

コーエンは、トルコに駐在するイスラエル外交官に対し、イスラエルに戻るよう指示したことを明らかにしました。

先週、彼は外交官を同国から呼び戻し、テロの脅威からイスラエル国民にも出国を呼びかけましたが、二国間関係とは無関係であることを明らかにしました。

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は週末初め、イスタンブールで開かれた大規模な親パレスチナ集会で、イスラエルとその同盟国である西側諸国に対して激しい攻撃を開始しました。

トルコとイスラエルの関係に後戻りは不可能

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、イスタンブールで開催されたイスラエル開戦以来最大規模の親パレスチナ派デモに出席しました。

今日、イスタンブールからエルドアンが発言したことは、西側諸国、米国、EU、イスラエルとの関係に新たな深い亀裂を生み、もう戻れないところまで来ています。

彼はイスラエルを「テロ組織」と呼び、ガザでの市民虐殺を強く非難しました。

彼は、イスラエルとこの地域で活動するすべてのテロ組織の背後にはアメリカがいると述べました。

彼が言ったように、ガザ地区での虐殺の元凶は西側諸国だと言えます。

「イスラエルは占領者であり、戦争犯罪者です。 そして遅かれ早かれ、彼は自身の行為の代償を払うことになるだろう」と、エルドアンはイスタンブールで数千人を前に演説しました。

「西側諸国よ、イスラム教徒と十字軍の間で新たな闘争を始めたいのか?」

「今日、一部の人々はガザを私たちとは関係のない遠い場所と見なし、それを公然と口にします。しかし、100年前、ガザはこの国にとってアダナのような存在でした。

モスルがマルディンのようなものであり、テッサロニキがキルクラレリのようなものであり、アレッポがガザのようなものであるように、ガザは私たちが切っても切り離せないと信じていた祖国の不可欠な一部でした。

しかし、残念ながら、私たちは、私たちの血、私たちの命、私たちの愛と同じように私たちのものであるこれらの土地すべてから引き離されてしまいました」。

「トルコが歴史、文化、地理、文明を持つ偉大な国家であることに疑いの余地はありません。いかなる事件も、いかなる危機も、南、北、東、西、そしてわが国を越えて形成されたいかなる同盟も、トルコ以上の存在ではありません。

前にも言いましたが、ハマスがテロ組織なのではありません。ネタニヤフ首相はテロリストです。ハマスの正体を知らない人たちは哀れです。」

「私たちはガザでの虐殺を訴えているだけではありません。私たちの独立と未来を守っているのです。1947年のパレスチナとガザ、そして現在のパレスチナとは何だったのか?イスラエルはどのようにして生まれたのか?どうやって侵入したのか?侵略者であり、組織なのです。」

「西側諸国はあなた方に借りがありますが、トルコはあなた方に借りはありません。だから私たちは自由に話せるのです。借金があるから話せないのです。彼らはあなたを訪ねてきて許しを請うのです。私たちは虐げられた人々の味方です。」

「私たちはこの国を、このような略奪者たちに委ねるつもりはありません。アナトリアのアルメニア人やエーゲ海、マルマラ、黒海のギリシア人に挑み、私たちの国を滅ぼそうとした者たちの現代版と私たちは対峙しているのです」。

「昨日、ウクライナとロシアの戦争で殺害された民間人のためにワニの涙を流す人々は、今日、何千人もの罪のない子供たちの死を黙って見ています。ウクライナで亡くなった人たちのために涙を流しているのに、なぜガザで亡くなった赤ん坊たちのことを話さないのですか?

西側諸国の皆さん、私はあなたに叫びます、三日月と十字軍の戦いを再び始めたいのですか?もしそうしようとしているのなら、この国は死んでいないことを知ってください。この国は立っているのです。中東からリビア、カラバフまで、同じ決意で」。

「イスラエルは戦争犯罪を犯している」

「ガザでの大虐殺に最も責任があるのは西側諸国です。イスラエルはこの地域の駒にすぎず、その日が来れば犠牲になることは誰もが知っています。この地域で繰り広げられているゲームの真のプレーヤーは、イスラエル政権の戦利品の世話をする人たちです。

なぜなら、イスラエルは彼らなしでは一歩も動けないからです。仮に試みたとしても、3日と持たず、崩壊するだろう」。

「イラク北部とシリアで遭遇したテロリストの背後に誰がいるのか、私たちはよく知っています。PKK、YPG、FETOの背後にもイスラエルがいます」。

私たちは、ヨーロッパとアメリカの政権の裏側で、わが国に対する陰謀が行われていることをよく知っています。」

「イスラエルはちょうど22日間、公然と戦争犯罪を犯してきました。

さあ、イスラエルよ、私たちはあなた方を戦争犯罪人として世界に宣言します。今、私たちはその準備をしており、それに取り組んでおり、イスラエルを戦争犯罪人として世界に公表します。」とエルドアンは締めくくりました。

イスラエルとロシアの関係断絶...

イスラエルの外交当局は、1400人以上の死者を出した10月7日のイスラエル領内でのハマスの軍事部門による前代未聞の攻撃を受け、パレスチナのイスラム主義運動ハマスの代表をモスクワが迎えるという決定に対するベンヤミン・ネタニヤフ首相の怒りを表明するため、ロシア大使を呼びました。

イスラエル外務省は、ロシアのアナトリー・ヴィクトロフ大使に対し、「ハマスのテロ組織に対するモスクワの明白かつ明確な非難の欠如」を非常に深刻な問題だと考えていることを明らかにしたと報道官は発表しました。

ハマスの代表をゲストとして迎えることは、イスラエル人に対するテロを合法化するというメッセージを送ることになる」と、彼は付け加えました。

ロシア外務省の外交官は木曜日、モスクワでハマスの代表と会談。ロシア外交当局によると、彼らは予告通り、外国人人質の解放とガザ地区の状況について協議しました。

モスクワによると、ガザ地区からのロシア人やその他の外国人の退避についても話し合われたとのことです。

これに先立ち、イスラエルはハマス代表団の訪問を受け、ロシアに対し厳しい声明を発表しました。

イスラエルは、ハマス代表団のモスクワ訪問をテロの前兆と評し、即時追放を求めました。

イスラエル外務省は声明で次のように述べています:

「ハマスとはISISよりも悪質なテロ組織です。ハマス幹部の手は、虐殺、殺害、処刑、焼刑された1,400人以上のイスラエル人の血で覆われており、赤ん坊、子供、女性、高齢者を含む220人以上のイスラエル人の誘拐に関与している。

イスラエルは、ハマスの高官をモスクワに招待することは、テロリズムを支援し、ハマスのテロリストの残虐行為を正当化する恥ずべき行為であるとみなします。

我々はロシア政府に対し、ハマスのテロリストを直ちに国外追放するよう要請する」と述べた。