https://forbiddenknowledgetv.net/todd-callender-proof-that-fake-governments-are-hacking-humans/

偽の政府が人間をハッキングしている証拠 

Search - BitChute

これは、マリア・ジーによるトッド・カレンダーの大ヒット・インタビューであり、(偽の宣誓をした)偽政府がいかに人間をハッキングし、病気を引き起こし、人間を「ボーグ」に移行させる計画を立てているかの証拠を提示しています。

1年前、トッド・カレンダー弁護士が初めてマリア・ジーのポッドキャストに出演したとき、彼はホモ・ボルギエンシス(彼は「ホモ・ボーグ・ジェネシス」と発音する)の概念を持ち出し、特にForbes.comから多くの「事実確認」が行われました。

そして今、彼は自分の主張を裏付ける法的証拠を持って戻ってきました。
トッドは言います:


「私たちは国防総省を相手取って、武力行使が許可されているという理由で注射を止めるよう提訴し、その結果、これらの注射が人々を事実上、家畜の所有物である奴隷に変えるための遺伝子改造注射であることを発見する旅に至りました--そう、ホモ・ボーグ・ジェネシスです......」

「コロラド州の第10巡回控訴裁判所で、ロバート対オースティンの裁判を争いました。11月18日、私は3人の判事からなるパネルでこの裁判の弁論を行い、こう述べました......兵士たちが注射を打ちたがらないのは、彼らが他人の動産になりたくなかったからだ、と。

「もちろん準備書面にも書いてあるのですが、私は彼らに簡単に説明しました。既存の米国の判例法によれば、注射によって遺伝子組み換えを受けた人々は、今や他人の家畜の所有物になっているのです。

「そのため、法廷にいたフォーブスの記者は、満席の法廷でしたが、すぐに 『事実確認』を行い、注射で遺伝子組み換えは不可能であると主張しました。もちろん、それは嘘だと証明されています。これらは遺伝子組み換えのために設計されたものであり、実際に国防総省のスーパーソルジャープログラムの一環として設計されたものです。そしてもちろん、私たちはその証拠を持っています。フォーブスの主張は彼ら自身の文書であり、私たちの文書ではありません。

2人は次に、Scientific & Academic Publishingから2021年3月3日に発表された科学論文
「Effect of Coronavirus Worldwide through Misusing of Wireless Sensor Networks(無線センサーネットワークの悪用によるコロナウイルスの世界への影響)に注目し、その要旨は次のように述べられています:

コロナとは、加工された無線周波数の悪用によって世界中に広がっている非感染性(非伝染性)のセンサー疾患です。これまでのところ、医療サービスのより高い当局は、非常に科学的なパズルの包括的な問題として、ヒトに対するコロナウイルスの望ましくないエスカレート原因に直面しています。

本研究の目的は、無線センサーネットワークが身体境界領域内の個人に及ぼす悪質な影響を評価することです。ワイヤレスセンサーデータは、実験室で個人のプロファイル、診断、センサノードの記録から収集されました。

本研究では、既存の環境と比較するために、個人の身体器官の間で処理されたセンサノードの影響を示しています。この研究では、高速電磁波追跡システムによる開眼照準での波動センサーの反射により、すべての個人がセンサー病に罹患していることを示しました

太り過ぎと肥満の患者は、暗い環境では明るい環境よりも少ないセンサー時間でコロナ病に罹患しています。これらの知見は、専門家が地理的な場所内のアクティブな目で提供する深刻なグローバルワンヘルスセキュリティを再現します。

体系的なヘルスケア意識は、医療技術機器による治療に不可欠ですが、そのような意識は十分に認識されておらず、投薬支援はまだ標準以下です。本研究は、センサー・ヘルス政策と持続可能な開発目標2030に関する世界的な健康安全保障を促進するための新しいダイナミックな代替アプローチの今後のヘルスケアパスを示唆しています。

トッドは、この文書について話してくれました。

「コロナウイルスは、ワイヤレス・ボディ・エリア・ネットワーク(WBAN)のバックボーン、インフラとして設計されました、特許は2007年に発行されたものです。

面白いことに、この査読付き論文を書いた人たちは、コロナウイルスがこの感染装置、周波数のキャリア、周波数の設置装置として作られたことが公表されただけでなく、プランデミックの最中に誰かがそれを乗っ取り、人々を追跡するために使われ、それが傷害を引き起こしたことに怒っているようです、EMF放射線が、事実上、人類に知られているあらゆる病気を引き起こす可能性があることを、人々が理解するようになるとは思っていなかったのでしょう。
コロナウイルス疾患の発生メカニズムが明らかに:コロナウイルス感染症⇔「テレマティクス」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

「そうですね、2007年5月に発行された特許では、コロナウイルスは実際には特許を取得したデバイスだったことを示しています。それは、彼らが言うところの、法律上のエージェントであり、これがまさに、他の査読付き論文で開示された目的のために設計された方法と理由です!

「ですから、このすべてにおいておかしいのは、遺伝子組み換えはあり得ないと言っていたフォーブス誌の人たちや他の人たちが、政府が極悪非道な目的のために人々に何かを注射するなんてクレイジーだと言っていたことです!彼らはそれをすべて私たちの目の前に並べ、専門家による査読を経た論文ですべてを綴って明らかにしてくれました!

「例えば、16桁のMACアドレスが表示された理由もこれで説明できます。注射を打って、ハードウェアをインストールします。そして、ウイルス自体が追跡、追跡、追跡のメカニズムを作り出す能力を持っていることが判明し、もちろん、私たちはその特許を見ました。

「この問題で最も重要なのは、神が創造したものを特許にすることはできないということを理解してもらうことです。もしコロナウイルスが自然なものであれば、特許は取れません。つまり、これは計画的なものだったということです。政府が悪意を持って行ったということです....

「現在、アメリカや他の国々では、ワン・ヘルス・システムと呼ばれるものを採用しようとする動きがあります。ワン・ヘルス・システムとは、獣医師の科学と人間の公衆衛生を組み合わせたものです!そして今、ワン・ヘルス、つまり公衆衛生は、結核やコロナウイルスに感染している可能性のある動物の分析を取り入れなければならない、と言っています!
驚いたことに、結核やコロナウイルスに感染した牛が現れたのです。「マリア、数カ月前に起こったことがまさにそれです。10億羽以上の鶏が殺処分されました。なぜ?その鶏のウイルスは人間に広がる可能性がありました。鶏を殺したほうがいい!」と。

「人々を飢え死にさせようとするなら、それは好都合ではありませんか?人獣共通感染症は世界規模で攻撃しなければならないものかもしれませんし、だからこそグローバル・ワン・ヘルスなのです。私たちはテロリストがどのような姿をしているのか、どのような行動をしているのかを特定することはできませんでしたが、テロリストのために戦争をしたことは確かです。20年もの間、どれだけの人が犠牲になったことか。今はウイルスとの戦いです。ウイルスがどのようなものなのか、あるいはウイルスが存在するのかさえ誰も知らないのに、私たちは世界規模のワン・ヘルス・セキュリティを通じてウイルスとの戦争の真っ只中にいます。それは、私たち全員を殺すために彼らが使う口実であり、根拠なのです」

上の要約の最後の文章を見ると、『センサー・ヘルス・ポリシーと持続可能な開発目標2030』とあります。マリアはトッドに尋ねます。『センサーの健康政策』というのは、センサーである人間のことですか?

トッドは答えます「ええ、正確には。コロナウイルスを介して人間を追跡し、トレースするという話です。この論文に書かれているのはまさにそのことで、そうすることによって、もし人々が追跡され、あまりにも追跡されすぎると、人々に無数の健康問題や病気を引き起こすらしいのです。そして、そのリストには、COVIDだけでなく、癌や そのような性質のものを含む、あらゆる種類の病気と同じ症状が示されています。

「なぜかというと、これはすべてEMF放射に基づいているからです。電離放射線も非電離放射線も、だからこの5Gネットワークがあるのです。マリア、それはすべてと結びついています。」

「コロナウイルスは事実上ハードウェアとしてインストールされ、その後に注射がソフトウェアとしてインストールされましたが、どちらも相互に排他的ではなく、注射を受けなかった人々も病気になりました。リー氏とピーター・チェンバース氏の証言によれば、EMF放射線が単独でこれらの病気を引き起こした可能性はあるが、その因果関係はわからないということです。」

「しかし、ファイザーの市販後6カ月間の調査を見てみると、情報公開法に基づいて裁判所から請求されたその結果公表されたもので、その付録1には、特に関心のある1,291件の重篤な有害事象が記載されています。なぜ特別な関心を持つのか? なぜなら、これまで誰も聞いたことがなかったからです。私たちの専門家証人である軍医が、フォート・デトリック(ここは化学・生物・核戦争の本拠地です)で訓練を受け、これを研究しているのですが、その証言によれば、これまで誰も聞いたことのないような狂気の病気が1,291件も現れるには、すべての検査を事前に準備するのに何年もかかるだろうというのです。

「つまり、これは兵器プラットフォームのテストだったということです。注射は兵器であり、生物兵器であり、軍はそのための実験を行っていたのです。人々は注射を受け、注射によって病気になりました。しかし、私たちが知っているのは、EMF放射がそれに関係しているということ、またそれ自体が同じような病気を引き起こす可能性があるということもわかっています」。

マリアも同意し、査読付き論文を読み上げます:

医療用センサー技術は、ヘルスケアのあらゆる段階で不可欠です。ワイヤレス・センサー・ネットワークは、地理的測位システム(GPS)ロケーション内の個人のセンシング、コンピューティング、検出、追跡、観察、反応からなる統合インフラです[14]。

マリアは、WHOが承認したCOVID注射の特許にはすべて追跡機能があり、注射による活動に基づいて社会的信用スコアを割り当てることができるとカレン・キングストンが話していたことを思い出したと言います。

トッドも同じ意見で、彼のチームが発見したことのひとつは、IBMとシスコの関与と、注射に含まれる病原体も個々に特定されたことだと述べ、「『ワープ・スピード作戦』で全体が展開されたとき、彼らが『これが最善の方法だ』と言ったことを覚えているかもしれません。我々は今までにない技術で注射の一本一本を追跡するつもりです。そうです。今までに見たことのない技術です。

「病原体の規模が小さくなったことで、今ではIBMやシスコシステムズと追跡できるようになり、それが責任を問われるべき相手です」