🤡‘Useless Eaters’ Should Stop Breathing To Save the Environment – “Experts” (substack.com)

「無駄飯喰らい 」は環境保護のために呼吸を止めるべき - 『専門家』" 🤡 "
「悲しいかな、これはパロディではありません... 科学者たちは今、『呼吸』は環境を害すると言います。」

little-shitler

世界人口を安定させるためには、1日35万人を削減しなければなりません。 - ジャック・イヴ・クストー

神に似せて創造された人類は、ルシファーのエリートたちが排除しようとしている「ウイルス」であり「炭素」です。

偽のパンデミックと偽の『人為的』気候変動は、同じ悪魔の心理作戦の表裏一体です。

エジンバラにある英国生態学・水文学センターの大気物理学者、ニコラス・コーワン博士が率いる新しい研究によると、人間が呼吸時に吐き出すガスが地球温暖化の原因になっているとのことです。

悲しいことに、これはパロディではありません。

「人間の呼気には、二酸化炭素(CO2)よりもはるかに高い地球温暖化係数を持つ温室効果ガス、メタン(CH4)と亜酸化窒素(N2O)が含まれている」ことが報告されています。

「炭化水素鎖(食物の種類)が人間によって消費され、CH4(および窒素摂取によるN2O)に変化した場合、地球温暖化係数はもはや中立ではなく、人間の呼吸は大気に対して正味の温暖化効果をもたらします」と付け加えています。

「人間からの排出はごくわずかであるという仮定には注意が必要です」と研究者は述べています。


デイリーメールは次のように報じています。

この研究では、英国の成人ボランティア104人から、人間の呼気中のメタンと亜酸化窒素の排出量を調査しました。

参加者は深呼吸をして5秒間息を止め、密封できるビニール袋に息を吐き出すことが要求されました。

合計328の呼気サンプルが採取され、参加者全員に年齢、性別、食事の好みなどの詳細が記録されました。

サンプルを分析した結果、亜酸化窒素はすべての参加者から排出されましたが、メタンは31%の参加者の呼気からしか検出されませんでした。

研究者によれば、呼気中にメタンを排出しない人も、「鼓腸でガスを放出する」、つまり、おならで放出する可能性があるとのことです。

全体のサンプルに含まれる2つのガスの濃度から、研究者たちは、英国の排出量のうち呼気から排出されるガスの割合を推定しました-メタンは0.05%、亜酸化窒素は0.1%でした。

コーワン博士は、これらの割合がそれぞれのガスに関連するものであり、英国の温室効果ガス排出量全体に関連するものではないことを強調しています。

研究者たちは、呼気中の温室効果ガスと食生活の関連性を見つけることはできませんでした。肉食人種は他の方法で気候危機を煽っていることが知られています。

専門家は、今回の研究は呼気に含まれる温室効果ガスのみを調べたものであり、個人の排出量を総合的に推定するものではないと強調しました。

Xユーザーからのコメント


『科学者たち』は結論の中でこう書いています:

本研究で実施された測定により、人間の呼気の形で排出されるCH4が約1.04(0.86~1.40)Gg、N2Oが0.069(0.066~0.072)Ggの英国規模の排出量を推定することができました。104人のボランティアのサンプル集団に基づき、英国におけるメタン生成(MP)人口は、30歳未満で25%、30歳以上で40%と推定されます。我々は、食事と呼気中のCH4およびN2Oの排出との間に相関関係がないことを発見し、将来の研究がこれをより詳細に評価したい場合は、特定の集団における排出の不均一性の影響を低減するために厳格な食事療法を実施することをお勧めします。CH4とN2Oの排出量は、英国の温室効果ガス総排出量のそれぞれ0.05%と0.1%に過ぎませんが、ヒトからの排出量が無視できるという仮定には注意が必要です。本研究では呼気中の排出量のみを報告しており、扁平排泄物からの排出はこれらの値を大幅に増加させる可能性が高い。家畜やその他の野生動物もN2Oを排出していると仮定すると、英国ではまだ小規模ではあるが、国家規模の排出量の1%以上を占める可能性のある重要なN2O排出源が存在する可能性があります。

研究の全文はPLOS Oneをご覧ください。

世界人口の大多数を絶滅させるという新しい洒落た名前、「脱炭素化」

エリートたちは、地球を「脱炭素化」するために年間3.5兆ドルの支出を計画しています。