オーストラリア政府は、鎮静剤や麻酔を使用した患者へのワクチン接種を『臨機応変に』行うよう、医療関係者に通達

オーストラリアでは麻酔下で、知らないうちに、あるいは同意なしにワクチン接種を受けることになります

一方、ファイザーはオーストラリアで、一般市民が会社の従業員とは異なるワクチンを接種されたことを認めました。

ファイザーの広報担当者は、会社の従業員にCOVID-19ワクチンの "特別なバッチ "が配られ、一般の人々に配られたワクチンとは大きく異なっていたことを認めました。

この衝撃的な事実はオーストラリアの上院公聴会で明らかになったもので、ファイザーの広報担当者は、大手製薬会社がCOVID-19ワクチンを従業員へのワクチン接種プログラムのためだけに特別に輸入したことを明らかにしました。

オーストラリアのマルコム・ロバーツ上院議員は、ファイザー・オーストラリアのカントリー・メディカル・ディレクターであるクリシャン・ティル博士とレギュラトリー・サイエンスの責任者であるブライアン・ヒューイット博士の尋問を指揮し、彼の強引な質問により、最終的にティル博士はファイザーの従業員が通常のワクチンを接種していないことを認めました。


Mask Mandates return as a new COVID variant spreads (youtube.com)

マスク・マンデートが新たなCOVID変異株として再登場

マスク着用義務は医療従事者とスタッフに適用されますが、患者にもマスクの着用が「強く推奨」されています。

ロサンゼルス郡のリベラル派は、効果のないマスクの復活について大騒ぎしています

ピッツバーグ大学医療センターは、先週の金曜日に40の病院でマスク着用義務を復活させました。

マサチューセッツ州中部で最大の医療機関であるマサチューセッツ大学メモリアルメディカルセンターは、1月2日付けでマスク着用義務を再実施します。

カイザー・パーマネンテは、ワシントンの医療従事者に対するマスク着用義務も再開しました。




バイオ兵器のフルミストは子供たちに血液中毒を引き起こします

BitChute

ヨークシャーのリーズ近郊で、又しても子供が血液中毒で死亡しました!

「フルミスト」には、グラファイト、酸化鉄、自己組織化ナノテクノロジー、生物発光追跡ハイドロゲルが含まれていることがわかっています、それは子供を追跡して殺すように設計された生物学的化学兵器、多面的なキラースプレーミストです!

前ニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーンは、ホルモンブロッカーを中止しました!(笑

BitChute
以前はこの股間のぶらぶらが話題に....https://www.bitchute.com/video/ikLrZTl7yOk3/

2023年、何千という人々が目覚めたので、この裏切者の政治家たちは通りを歩くことが出来ません



ウクライナはダウン症患者までも前線に徴用しています


四角い雲

BitChute


スイス・ジュネーブにて
ソーシャルメディア上で世界中の注目を集めた映像

スクリーンショット (385)

次元ポータルのように見えるビデオ
pic.twitter.com/lsIJCIIwXa https://twitter.com/MParusie/status/1740826863021228077 : 

スイスだけにCERNと関係があるのか?



世界的な金融追跡・報告制度の枠組み
https://nicholascreed.substack.com/p/the-common-reporting-standards-crs
共通報告基準(CRS)ドラグネット、CBDCパイロット、タイの外国所得税法(2024年1月1日施行)について

 2024年、共通報告基準(CRS)についての報道が増えることが予想されます。CRSとは、複数の異なる司法管轄区、地域、国の銀行機関の間で結ばれた既存の協定のことです。経済協力開発機構(OECD)によると

2014 年 7 月 15 日に OECD 理事会で承認された共通報告基準(CRS)は、G20 の要請に応えて策定されたもので、各国・地域の金融機関から情報を入手し、その情報を他の国・地域と年 1 回自動的に交換することを求めるものです。交換される金融口座情報、報告義務のある金融機関、対象となる口座の種類や納税者、金融機関が従うべき共通のデューデリジェンス手続きなどが定められています。

.

この規格は、次の4つの主要部分から構成されています:

174ページに及ぶOECDの「税務における金融情報の自動交換のための基準」の実施ハンドブックを熟読すれば、この世界的な金融追跡・報告制度の枠組みが、各国政府に圧力をかけて国内法にその指令を書き込ませる一方で、私たちの銀行に国境を越えて情報を共有させるために、最大限の捕捉と執行の「協力」のために、骨の折れる労力を費やしてきたことが推察できます。
Implementation Handbook: Standard for Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax Matters (oecd.org)


私の現在の初歩的な理解は以下の通りです - CRSは2014年から存在していますが、企業と個人の取引履歴の両方について収集された膨大な量のデータが蓄積され、照合され、共有されていますが、まだ厳密には実行されていません。

なぜなら、CRS報告システムのグローバルな相互接続性は、あなたの銀行、ひいてはあなたの政府があなたを監査することを決定した場合、彼らは2014年のシステム開始時点までほぼ10年間遡ることができることを意味するからです。それが、金融抑圧の専制的な道具のように聞こえるとしたら、それは、あるべきでない権力によって要注意人物とみなされた人物に対して武器化される可能性があるからです。

前述の実施ハンドブックには金融の専門用語があふれていますが、重要なインフォグラフィックには、報告金融機関を特定する際の適格基準を決定するためのガイドラインが示されています。

ハンドブックから:

報告要件を実施する上で重要な点は、情報の収集と報告が求められる金融機関の範囲を適切にすることです。これらは基準では報告金融機関として定義されています。CRSには報告金融機関を定義する詳細なルールが含まれており、それは図5に示すような4段階のテストを中心に組み立てられています。


ステップ1:それはエンティティか?117. 報告金融機関になれるのはエンティティのみです。事業体(Entity)の定義は幅広く、法人、パートナーシップ、信託、財団のような法人及び法的取 り組みで構成されます。したがって、個人事業主を含む個人は報告金融機関の定義から除外されます。

ステップ 2:当該事業体は参加管轄区域内にありますか? 118. 本基準は、参加管轄区域内の事業体を、その管轄区域によって必要な情報を報告するよう最も効果 的に強制できる事業体として対象としています。これがレポート・ネクサスです。119. 一般的なルールとして、ある管轄区域に居住する事業体、その管轄区域に所在する支店、及びその管轄区域に所在する外国事業体の支店は、その管轄区域の報告ネクサスに含まれますが、外国事業体、その外国支店、及び国内事業体の外国支店は含まれません。全ての事業体及び支店が報告金融機関であると仮定すると、参加管轄地Aは、事業体A、支店1及び支店3に対し、税務当局への情報報告を要求する必要があります。


CBDCとタイの外国所得税法との整合性は?

このサブスタック内で「CBDC」を検索すると、タイのCBDCの試験運用、CBDCトラッカーサイト、小売と卸売の詳細、プラットフォームのブロックチェーン技術を管理する仲介業者について私が書いたいくつかの記事を見つけることができます。

タイのポピュリスト的な10,000バーツの「デジタルウォレット配布計画」についても書きましたが、これは実質的に、政府が2024年のいつか(おそらく第1四半期)に、16歳以上のタイ国民全員にこの額の「お金」を「配布」するというものです。

タイで活動するインテグリティ・リーガル社のベンジャミン・ハート氏によるオリエンテーションビデオ:Digital "Handouts" Have Digital Strings Attached? (youtube.com)

大西洋評議会のデータによると、2023年9月の時点で、世界195カ国のうち131カ国がCBDCシステムを検討、研究、開発、試験運用、あるいは立ち上げ済みです。これは世界の国内総生産(GDP)の98%に相当します

このうち、11 カ国が CBDC を完全に立ち上げており、これはその国が CBDC のテストと 開発の段階を完了し、一般に利用できるようになったことを意味します。これらの国は、バハマ、ジャマイカ、アンギラ、セントクリストファー・ネイビス、アンティグア・バーブーダ、モントセラト、ドミニカ、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、グレナダ、ナイジェリアです。

一方、フィリピンと並んで CBDC システムを試験的に導入している国は、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ガーナ、インド、ジャマイカ、日本、カザフスタン、ラオス、モンテネグロ、ロシア、シンガポール、南アフリカ、韓国、タイ、チュニジア、アラブ首長国連邦、ウルグアイです。

最近、私の友人がタイで相談を受けた税理士によると、タイ政府は2024年1月1日の外国人所得税法の施行を撤回しないそうです:

1.彼らは文字通り10,000バーツのデジタル配布計画のために資金(税金)を調達する必要があります。

2.彼らは共通の報告基準に署名しています。

3.この国はCBDCの早期試験導入国として選ばれました。

前述の税理士は最近、英国とシンガポールの商工会議所と議論しています。

彼らは現在、不動産購入のために最大1,000万タイバーツを持ち込むことを認め、それ以上は10%の税金を課すというルールの緩和を交渉しています。

政府年金からの退職所得や不動産投資に使うお金(1,000万バーツまで)を除外する注意事項が発表される可能性があります。

タイはすでに共通報告基準(CRS)にサインアップしており、個人に関するデータを報告する義務があるため、政策全体がキャンセルされることはありません。その理由はやはり、新政府がタイ人全員に支払う1万バーツ奨励金の支払いのためです。

以下省略