https://edwardslavsquat.substack.com/p/moscow-2030-creating-a-biometric

モスクワ2030:生体認証パラダイスの創造


モスクワの全ロシア・エキシビション・センター(VDNKh)のスマートシティ・パビリオンでたむろする2人の若者。
出典:mos.ru/モスクワ市長公式ウェブサイト

おそらくほとんどの方がご存知のように、ロシアの首都は、BRICSとグローバル・サウスが直面する3大脅威の1つであるユニポーラ・ジェイウォーキングに対して、秘密裏に影の戦争を繰り広げています。おそらくZeroHedgeで読まれたことでしょう。

多極歩行者秩序は、無礼にも無断で道路を横断するモスクワ市民を公然と辱めるようにプログラムされた顔認証カメラの助けを借りて、大きな進歩を遂げたことを報告できることを嬉しく思います。

出典:TASS.ru

プロトタイプは「歩行者の動きを追跡し......歩行者が交通ルールに違反した場合、本人確認なしでその画像を近くに設置された電子情報表示板に送信されます。」
※中国と同じ


安全。効果的。便利。しかし、ひとつだけ問題があります。なぜ一部のロシア人は、アルゴリズムによってすぐに識別されることなく外に出られると思っているのでしょうか?

モスクワ国家交通監察局のアレクサンドル・バイコフ局長は、歩行者に行政責任を負わせる自動化システムを構築し、効果的に利用するためには、すべての市民の生体認証データが必要であると指摘しました。この場合、生体認証データの提出は市民の義務になるはずです。

この反グローバリズムの信号機が、ルール違反者を特定してスベルワレットから5,000グレイフコインを差し引くのではなく、「未確認」のルール違反者にそっと指をさすだけのものだとしたら、なぜすべての国民の生体認証データが必要なのでしょうか?好奇心旺盛な人たちは知りたがっています。

偶然にも、ロシアではすべての生体認証データの収集が進められており、営利企業によって保存・利用されています。

しかし、全体像を見てみましょう: これらのエキサイティングな開発により、モスクワは2030年までに完成予定のスマートシティの地位を獲得することができます。彼らはこの年を無作為に選びました、それは何の意味もありません。

モスクワ2030ウェブサイトはこちらです

モスクワ2030:スマートシティ(出典:2030.mos.ru

モスクワのスマート化に関する101ページに及ぶ青写真には、交通機関をより安全で便利にするための監視カメラの普及が含まれています。また、健康保険の支払い計算に使用できる「ウェアラブルおよび埋め込み型医療デジタルデバイス」の導入も求めています。さらにこの文書では、「従来の治療や将来の遺伝子治療のプロトコルを最適化する」のに役立つ「遺伝子パスポート」を提唱しています。

非常に派手ですが、何のために?モスクワ2030計画の目的は何ですか?プロジェクトの目標として挙げられているのは以下の通りです:

  • 「デジタル技術の活用により、モスクワ市民の生活の質を持続可能な方法で向上させ、ビジネスやその他の活動に有利な条件を確保すること」

  • 「ビッグデータと人工知能に基づく、一元的でエンド・ツー・エンドかつ透明性の高い都市管理」の実現

  • 「情報・デジタル技術および通信分野における官民パートナーシップの導入を含む、政府支出の効率化」

    cd2a2908-e908-4568
    出典::weforum.org

ただし、100%明確にしておきたいことがあります: モスクワはWEFのスマートシティ・アライアンスのメンバーではありません。つまり、モスクワ2030計画はビル・ゲイツと連邦準備制度を暴露するためのものです。多極的なテクノクラシーは、一極的なテクノクラシーの蔓延を阻止するので良いことです。OECDが2019年に発表した報告書では、モスクワのスマートシティプロジェクトは「SDGsの達成」に向けた前向きな一歩であると記述されているため、私たちはこれが真実であることを知っています。

出典:oecd.org

良いニュースは、ロシア人が遺伝子治療や歩行者を恐怖に陥れるようにプログラムされたアルゴリズムに過度に興奮しているようには見えないということです。

悪いニュースは、ロシア政府は若者をスマートシティ・センターに向かわせようとしているということです。モスクワには教育的なスマートシティ・センターがあり、子どもたちのために楽しいパーティーを開いています。結局のところ、子どもたちは私たちの未来なのです。

VDNHのスマートシティパビリオンで子供向けの新年ショーが開催されます (icmos.ru)


つまり、モスクワ2030計画はビル・ゲイツと連邦準備制度を暴露するためのものです。
個人的に、↑これには今のところまだ懐疑的です.....