ダボス会議で「ファ〇ク・クラウスシュワブ・ファ〇ク・ニューワールドオーダー」と叫ぶ

BitChute

デイモン・イマニがWEFの演壇に立ち、クラウス・シュワブ、WEF、そしてグローバリストNWOを地獄に落とすことを願う短いビデオでバイラルヒットを記録しました。この動画はすでにXで数百万回再生され、人々はこれを素晴らしいと思っています。

現在ダボスで開催されている世界経済フォーラムの年次総会を前に、デイモン・イマニは、世界中の何百万人もの人々がおそらく現実に変えるであろうことを、加工されたビデオを使って表現しました。クラウス・シュワブ、そして新世界秩序!我々市民は生まれながらにして自由であり、これからも自由であり続けるだろう。あなたも、このホールにいるグローバリストの友人たちも、地獄に堕ちるのだ!」


今日の国連による全世界の乗っ取りをよく見てください
メアリー・マクスウェル(法学博士)著

毎年5月の第3週、国連加盟国はジュネーブで会合を開きます。その結果、驚くべきことに、WHOはアメリカを含むすべての国に対して専制的な権限を持つことになります。

この情報については、ライナー・フエルミッヒ(その後ドイツ政府に逮捕され服役中)が行った調査団へのプレゼンテーションの中で私が出会ったシルビア・ベーレント博士の考えに頼っています。

2002年のSARS危機や最近のCOVID危機がまさにこの目的のために作られただけでなく、計画全体がさらに遡るものであることをお伝えする際は、シートベルトをお締めください。それは常に全体主義的買収の一部でした。それを止めるのは皆さん次第です。

シルビア・ベーレント博士はオーストリアの弁護士で、スイスのザンクトガレン大学で国際保健規則と、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態における世界保健機関(WHO)の執行権限に関する博士号を取得しています。どう思われますか?


ベーレント博士の同僚であるアストリッド・シュトゥッケルバーガー博士は、「COVID-19の根本的なコンセプトは、確立された科学的原則に従っているのではなく、『グローバル・ヘルス・セキュリティ』という枠組みで、健康を国家安全保障の問題として扱うことを意味する、異なるイデオロギーに従っている」と指摘しています。

WHOは1990年代から、新興感染症部門というまったく新しい部門を立ち上げ、この新しいアプローチを制度化しました。そして興味深いことに、その時、「WHOは感染症管理部門のスタッフを関与させませんでした」。メディアは、SARSがバイオテロの可能性を秘めていると信じています。SARSの発生を政治的にバイオテロリズムに仕立てたことで、国際社会は、古い衛生法をバイオテロリズムを含むように書き換える必要があるということに合意したのです。

アストリッド・シュトゥッケルバーガーは、WHOの設計者たちがこの新しいバイオセキュリティー・アプローチをアレンジしたのは、「新興感染症部門というまったく新しい部門を迅速に立ち上げるためだった」と述べています。そして興味深いことに、彼らはその時、伝染病対策部のスタッフを関与させませんでした」。彼女は米国がその主な立役者であると見ています。アストリッドは「この方針は、新しいパラダイムシフトが、地域の風土病の発生率を下げることから、国際的な蔓延をリアルタイムで、最も好ましくは24時間以内に防ぐことだけに焦点を当てたものであることを確認した」と
言います。

私たちがその誇大広告に騙されたことを思い出してください。もう一度アストリッドの話を聞いてください: 「...国際保健規則と呼ばれる時代遅れの衛生法は、(以前は)黄熱病、黒熱病、コレラに対してのみ適用される非常に狭い範囲のものでした。ですから、特にアメリカでは、軍や学術レベルでバイオテロのシナリオ・プランニングが行われ、ダーク・ウィンターのような演習が行われました。そして、これらの出来事は、その直後に『現実のものとなった』のです」。OMG

さらに、「アメリカでは1990年以降、バイオテロとの戦いのために市民の自由を抑制する法律が準備されました。この事業はCDCによって始められ、最終的にはゴスティン教授のようなジョージタウン大学の教授たちによって、ジョンズ・ホプキンス大学とともに完成されました。注:モデル法は法律ではありません。各州が採用することも、修正することも、無視することもできるモデルです。

「国際条約である国際保健規則の改正プロセスにおいて最も重要な出来事は、SARSと略称される重症急性呼吸器症候群の発生でした。そして、時代遅れのIHRの疾病封じ込めの規定が、国家安全保障に脅威をもたらし、緊急体制を必要とする病原体を含むものに変更されました」。 OMG, OMG, OMG. 「誤った情報 」を犯罪として取り締まろうとする現在の努力を考えてみてください。

シルビア・ベーレント博士は付け加えます: 「検査がなければ、新型ウイルスと認定することはできません。それが問題です。最も重要なことは、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態の宣言は、ワクチン製造に関係しているということです。パンデミックではありません。WHOがパンデミックを宣言しても、定義しても、法的には何の影響もありません。それはメディアにとって興味深いだけです。しかし、公衆衛生上の緊急事態は、緊急使用承認のための規制上の経路に関係しています」。(拙稿「DFAの権限は純粋なハッタリ」参照)

ライナー・フェルミッヒの公聴会でも、ヴィルジニー・ド・アラウージョ・レッキアが質問しました: 「ビル・ゲイツ氏がWHOにパンデミック宣言を出すよう圧力をかけたこと、そしてドロステンとつながりのあるベルリン・シャリテがビル&メリンダ・ゲイツ財団とウェルカム・トラストの資金援助を受けてこれらの検査を開発したことを知っていることを確認したいのですが。それを確認できますか?

アストリッド・シュトゥッケルバーガー:「私たちが確認できるのは、1999年以来、ユニセフのワクチン同盟からGAVIを立ち上げ、ユニセフだけでなく、世界銀行やWHOと一緒に国連に参加し、このIFFI(予防接種のための国際資金調達ファシリティー)への融資を通じて、トリオ(三位一体)を組むという計画があったということです。[トライアドはそれを表す言葉です!]

ビル・ゲイツのために特別に作られたことを示す、スイス政府の署名入りのプレスリリースがあります。この国際組織は、ビル・ゲイツのために特別に作られたものです。彼を裁判にかけることはできません。彼らは、何らかの意見の相違があれば、自分たちで裁判を起こします。」

「これは計画があることの十分な証拠です。そして、それは続いています。つまり、彼(ビル・ゲイツ)は戦略的専門家諮問グループに所属しています。彼らは2016年にも、この2012-2020年世界ワクチン行動計画(GVAP)の評価報告書を作成しました。そして2016年、彼らは全世界にワクチンを接種できなかったので、非常に憤慨していました

その点、私は、これはあなたが思っているよりも古いことだと言いたいのです。予防接種詐欺は、1798年に 「田舎の医者」エドワード・ジェンナーが天然痘の予防法を発見し、最初の子供に「予防接種」を行ったとされるときに始まったと信じています。1802年までには、トーマス・ジェファーソン大統領がアメリカの郵便配達を無料にすることで、ワクチンの輸送を援助していました。

そして1806年に、スペインは南米を含むスペインの全領土をカバーするため、「バルミス遠征」にワクチン接種者を派遣しました。ワクチン接種によって先住民の健康を援助するために、王が手を差し伸べる姿を想像してみてください。

シルビア・ベーレント博士:「加盟国は2005年に同意しました。彼らは皆、この新しい国際法のルールを持ちたいと言い、そして今、彼らはそれを国内的に実施する義務を負っています。あるいは2007年に発効し、加盟国はそれを実施する義務を負うことになりました。例えば、私はオーストリアに住んでいますが、憲法に緊急事態条項はありませんが、いまだに同じ体制が続いています。

アストリッド・シュトゥッケルバーガー:「ミレニアム開発目標(MDGs)と持続可能な開発目標(SDGs)も同じで、2000年から2015年、2015年から2030年、持続可能な開発目標と一致しているように見えます。彼らは、これに関するメカニズム全体をやっていて、ますます曖昧になっています。そして、私たち市民が本当に決めることができるのか、ますますわからなくなっています。複雑で曖昧になりすぎて、私たちは何も決められなくなっているのです」

ライナー・フエルミッヒ : 私たちは間違いなく主権を取り戻さなければなりません。[前述のとおり、彼は刑務所にいます]

シルビア・ベーレント:「EUではHERAという機関を作りました。これは非常に大きな問題で、EUには健康問題に関して何の権限もないにもかかわらず、はるかに強制的で、権限があるかのように見せかけ、民主的な手続きを経ずに機関を設立し、私たちに指示を出しているのです。」

ライナー・フエルミッヒ:「 HERAはHealth Emergency Response Agencyの略ですよね? そして、EUの加盟国政府が崩壊したら、EU委員会の下にミニ世界政府ができる、という噂もありますよね。もっともらしく聞こえますか?

シルビア・ベーレント:「私にはわかりませんが、きっとそうしたいのでしょう。[ロックフェラー財団については)WHOで会ったことがあります、彼らは会議に来て同席しています、そして彼らはNGOです、私たちは彼らが何なのか知りません」。

ライナー・フエルミッヒ:「つまり、この新しい条約には、非国家主体も招待されており、文字通り、WHOの憲法(世界憲法)を通じて、『パンデミック』を理由に、その地位を引き継ぐことになります。 つまり、最終的に私たちが見ているのは、私的な団体、私的な個人でさえも、世界保健機関(WHO)を通して各国政府を乗っ取り、健康を武器にやりたい放題するということです。」

アストリッド・シュトゥッケルバーガー:「GAVIと民間パートナーが国連全体を侵略し、干渉し始めたことは、資金調達を通してわかります。私は、スイスのために国連オープンデーを2日間開催するよう要請され、国連グローバル・コンパクトという誰も耳にしたことのない組織について多くを学びました。[国連グローバル・コンパクトは民間セクターです。つまり、パートナーシップにオープンなのです」。グローバル・コンパクトって?

解説

私は、少なくとも1798年以来、世界征服計画が存在していたと主張しています。(私の2022年の著書、『共和国を維持し、乗っ取りを阻止せよ』をご覧ください。)「パンデミック」なんて馬鹿げたことが起こるのを放っておくのは、信じられないほど怠惰で臆病なことです。

私は(私の知る限り)2020年の連邦地方裁判所、そして第1巡回控訴裁判所に駆け込み、合衆国憲法修正第4条に基づき、強制的なワクチン接種に対する差し止め命令を得ようとした最初の人物でした。言うまでもなく、裁判所は隠された政府には歯が立ちません。裁判所は、シルバとアストリッドが前述したような歯車のようなものです。

新しい行動計画を立ててください。時間がありません。先に述べた「資金面での提携」をどうするか考える必要があります。あるいは、もしあなたがどこかの大学とつながりがあるのなら、「バイオセキュリティ」のトリックを学術的に受け入れることから始めてはどうでしょうか?

そして、あなたの地方議会は、反体制派の出版を阻止する必要性を丸呑みにしています!

この世界の軍隊は、母国だけでなく、執行者になることは間違いありません。私が2011年に拙著『国家反逆罪の訴追』で発表したように、1990年以来、国防総省には国家警備局という違憲の組織が置かれています。国家警備局とは、「州のパートナーシップ」を手配する組織です。バーモント州とユタ州とかではなく、ミシガン州とラトビア間、ニューハンプシャー州とエルサルバドル間などです。

※正規米軍人には強制ワクチンを義務付けて弱らせ、凄まじい数の多国籍の元軍人などが違法に米国に入国中。非正規軍はアジア人も多く見受けられ、元中国人民解放軍なども多数と言われています、それらの不法移民は入国後すぐにお金と携帯電話が与えられているX動画などが出ています...

現在、アメリカのほぼすべての州に、州兵とともに外国軍が駐留しています。当然ながら、このようなパートナーシップは、先進国でない国々が民主主義のやり方を学ぶのに役立つというのがその表向きの説明です。

この記事で言いたいことを言い尽くしましたが、寝ないでください。新しい政治家を選べば何かが変わると思わないでください。彼らも学者もみんなグルです。彼らは催眠術にかかっているのだと思います。普通の利己主義だけでは、指導者たちの行動は説明できません(「次の昇進が欲しい、そのためには尻にキスしなければならない」というように)。彼らの知的な脳は、テイクオーバー・マネージャーが自分たちのために気を配ってくれないことを伝えなければならないのです。(※彼らが約束された)取引は守られません。そんなことはバカでもわかります。

私は、楽観論でこの話を終わらせなければならないと感じています。私はハワイの人々を指差します。2019年、彼らは神聖な土地の冒涜に抗議しました。彼らは成功するための正しい技術をすべて持っていたわけではありませんが、音楽の一体化イベントに見られるように、驚くべき連帯感を持っていました。2023年8月のマウイ島火災という最近の出来事とは無関係です。(おそらく指向性エネルギー兵器による)火災の発生は、この歌を歌ったグループを打ちのめすための手段だったのかもしれませんhttps://youtu.be/k1Ul5xp4PTg?si=N7Z1MQTprfzSnGBz

老いたるツツ・ケインとマウナ・ケアよ、皆に愛を送れ
ハレアカラからの太陽の祝福の下、ひとつになるために
私たちの優しいカアラとワイアレのために。

メアリー・マクスウェルは現在、2024年のニューハンプシャー州大統領予備選挙の候補者です。彼女のウェブサイトは www.ConstitutionAndTruth.com