Ανατριχιαστική οδηγία του ΝΑΤΟ στους Υπουργούς Άμυνας της Συμμαχίας: "Αναπόφευκτος ο πόλεμος με τη Ρωσία - Όλοι οι Δυτικοί λαοί να ετοιμαστούν" (vid) - WarNews247
NATOの同盟国防相への凍りつく指令: 「ロシアとの戦争は避けられない - 西側諸国は準備せよ」

警告:NATO提督、「食料を備蓄し、全面核戦争に備えよ」と真実に言及

NATO軍事委員会のロブ・バウアー提督は、ブリュッセルで開催された同盟国国防相会議の後、人類に対する凍りつくような訓示を行いました。

「西側世界はロシアとの全面戦争に備えなければならない」ロブ・バウアーは述べました。

NATOは現在、ウクライナ軍の崩壊後、ロシアと100%戦争が起こると考えています。

ドイツ国防省やドイツ政府が繰り返し警告を発し、最近ではスウェーデンの軍事政治指導部がロシアとの戦争に備えるよう国民に呼び掛けたことを思い出します。

英国のテレグラフ紙やドイツのタッグシュピーゲル誌、ポリティコのような最も穏健な国際メディアでさえ、ロシアとNATOの全面戦争を直接警告するとき、「ショック」という言葉は、過去数十年を平和に過ごしてきたものの、その未来が再び暗くなると見ているヨーロッパを待ち受けているかもしれないものに劣ります。

まず、2025年夏の戦争について言及した『ビルト』紙の報道がありましたが、今日1月19日(金)、ドイツ国防相のボリス・ピストリウスが再び登場し、専門家の意見を引用して、ロシアとの戦争は今後5年から8年の間に勃発する可能性があると主張し、ドイツはそのようなシナリオに備えるべきだと述べました。

「西洋諸国はロシアとの戦争に備えるべき」

「西側世界は、今後20年以内にロシアとの全面戦争が起こることを覚悟しなければならない」とロブ・バウアーは述べました。

市民の準備のために

バウアーは西側市民に対し、全面戦争に備えるよう呼びかけました。

「軍隊はそのような戦争の勃発に備えていますが、市民もまた、生活の激変を必要とする紛争に備えなければなりません。」

英国紙『テレグラフ』の報道によれば、戦争が勃発した場合、多数の民間人が動員され、各国政府はそのプロセスを管理する体制を整えることになる」とバウアー氏はブリュッセルで開かれたNATO国防長官会議の後に主張しました。

平和は与えられるものではない

「平和は約束されたものでは ないことを認識しなければなりません。

だからこそ、私たちNATO軍はロシアとの衝突に備えているのです。

しかし、議論はもっと幅広いものです。

NATOの軍事委員会を率いるバウアーは、「産業基盤も必要ですが、人々が自分たちの役割を理解することも必要です」と述べました。

スウェーデンでの賞賛

バウアーは、スウェーデンが正式にNATOに加盟する前に、すべての国民に戦争の準備を求めていることを称賛した。

ドイツ国防相:今後5〜8年でロシアとの戦争

ドイツ国防総省のボリス・ピストリウス長官は、ロシアは今後5〜8年以内に北大西洋同盟諸国を攻撃する可能性があると述べた。デア・ターゲシュピーゲル紙とのインタビューで、ドイツ国防相は、ロシア連邦とNATOの直接対決に備える必要性について語った。

ドイツのボリス・ピストリウス国防相は、EUがウクライナに100万発の砲弾を供給できないことを最初に認めたが、ロシアとの戦争は今後5〜8年以内に勃発する可能性があると述べ、ドイツはそのようなシナリオに備えるべきだと述べた。

「私たちはほぼ毎日、クレムリンからの脅威を耳にしています。プーチンはいつかNATO諸国を攻撃する可能性があります。」ピストリウスは、ロシアの攻撃は「現時点では」あり得ないと強調しながらも、「私たちの専門家は、この可能性がある5年から8年の間を予想しています」、と言います。

必要な措置のリストには、義務兵役の復活、軍事費の増額、武器弾薬の増産などが含まれていました。

さらにピストリウスは、ドイツが独自の核シールドを持つことへの意欲を表明しました。

ポーランド:あらゆるシナリオに備えよ

実際、ポリティコは、ポーランドにも同様の懸念があると報じている。

「ロシアは論理に逆らっている。

2022年に起こったことは、不可能に思えました。


我々はあらゆるシナリオに備えなければならない」とヴワディスワフ・コシニアク・カミシュ国防相は声明で述べています。


一方ロシアは:
https://www.whatdoesitmean.com/index4501.htm

「西側との対立が『ホットな段階』に入り、ロシアは国家を第三次世界大戦に備えさせる」

本日、クレムリンで流布された新たな安全保障理事会(SC)報告書は、まず、クレムリンの最高報道官ドミトリー・ペスコフが、ロシア国民に第三次世界大戦の準備をさせていることを指摘し、次のように宣言: 「新たなパンデミックが訪れ、経済危機が訪れ、様々な制裁が待ち受けていますが、それにもかかわらず、プーチンの日々の仕事、多くの場合、24時間体制の仕事のおかげで、プーチンは国の着実な前進を確保することに成功しています」この宣言に、ベラルーシの国防大臣ヴィクトル・クレニン中将が加わり、核兵器で武装したロシアの同盟国の国民に警告しています: 「西側と東側の間の進行中の対立は、熱い段階に入りました」

第三次世界大戦への突入を加速させているのは、社会主義西側植民地同盟の指導者であるイスラエルのネタニヤフ首相が宣言した 「我々はイランを攻撃する」と宣言: 「この真実をアメリカの友人たちに説明し、イスラエル国家を危険にさらすような現実に私たちを強制しようとする動きにブレーキをかけました: 「状況を監視する一環として、ロシア航空宇宙軍の軍用航空は、イスラエル軍とシリア軍の分離帯の国境に沿って航空パトロールを組織した」と発表しました。


Η Ρωσία κάλεσε για εξηγήσεις τον Γάλλο πρέσβη: Μέλη του τακτικού γαλλικού Στρατού οι νεκροί Γάλλοι στο Χάρκοβο - Δεν ήταν μισθοφόροι... - WarNews247
ハリコフで死亡したフランス人はフランス正規軍の兵士であり、傭兵ではなかった......

ロシアがハリコフの傭兵基地を攻撃し、60人以上のフランス人が死亡、少なくとも20人の兵士が負傷したことを受け、ロシアとフランスの関係は急速に悪化した。

モスクワは、外務省にフランス大使を召喚し、ハリコフで死亡した前例のない数のフランス軍兵士について説明を求めました。

モスクワは、これらの兵士はフランス正規軍の兵士、将校、特殊部隊、顧問などであり、フランス政府のために派遣されたと考えています。

Κλιμακώνει η Ρωσία: Ιδού η λίστα με τους Γάλλους στρατιώτες που πολεμούσαν (και σκοτώθηκαν) στο Χάρκοβο - Ζητά εξηγήσεις από τη γαλλική Εθνοσυνέλευση - WarNews247
ロシア:フランス国民議会に説明を求める
ロシアの下院である国家議会は、フランス国民議会に対し、フランス人の傭兵がウクライナ人と共に戦っていることを知っているのであれば、それを報告するよう正式に要請する予定であると、ヴャチェスラフ・ヴォロディン下院議長が発言した。


「フランスでは、傭兵の売買は法律で禁止されています。」


Ανησυχητικό εύρημα σήμανε συναγερμό στο ΝΑΤΟ- Νορβηγός Α/ΓΕΕΘΑ: "Μας τελειώνει ο χρόνος"- Γερμανός ΥΠΑΜ: "Πάμε σε πόλεμο με τη Ρωσία" - WarNews247
ノルウェー総司令官「もう時間がない」 ドイツ空軍参謀総長「ロシアと戦争になる」
ドイツ、スウェーデン、バルト三国、NATO軍事委員会のロブ・バウアー提督に続き、今度はノルウェー、そしてついにドイツ国防相が、西側諸国にロシアとの差し迫った紛争に備えるよう要請する番です。

NATOには大きな懸念があります。この懸念は、ロシア軍に関して多くのNATOや西側諸国のアナリストの評価が完全に的外れであったことに関連しています。

ノルウェーAICは、大西洋同盟でこのような警戒が高まっている理由をもう少し具体的に説明しています。

ドイツ国防省文書:ロシアとの戦争に備えるドイツ「同盟防衛2025」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ドイツ国防大臣 ロシアとの戦争に備えよ

ボリス・ピストリウス独国防相は、ZDFテレビの番組で、「ドイツはロシアとの軍事衝突の危険性を認識しなければならない。」と語った。

「この可能性を考慮に入れなければなりません。そして、何かを予測するときには、それが来るか来ないかわからないリスクに備えなければなりません。

このような事態に備えて武装することが必要であり、それが現在NATOの同盟国とともに行っていることです。そして、これは必要なことです。」とボリス・ピストリウス大臣は発言した。

ピストリウス大臣はまた、この目的のためにドイツ旅団はバルト海に駐留すべきであり、ピストリウス大臣によれば、この旅団は2027年まで「完全な戦闘態勢」にあると付け加えました。

「軍事専門家は、ロシアが敵対行為を開始するまでに必要な期間を数年と見積もっています。

これは推定であり、確実なことは誰にもわかりません。

そして、今回は3年から5年後かもしれません。

これに先立ち、ドイツの『ビルト』紙は、ロシアがNATOの東側を攻撃する可能性があるという機密情報を掲載。ビルト紙はドイツ軍の特定の機密文書に言及しました。

ドイツ国防省はこの情報についてはコメントせず、「さまざまなシナリオを検討することは、たとえそれが非常にありえないことであっても」、日常業務の一部であると述べています。

ノルウェー軍総司令官:もう時間がない

ノルウェー軍参謀総長のエリック・クリストファーセンは、攻撃的なロシアに対抗できる防衛力を構築するには、あと数年しかないと指摘します。

「安全な防衛にさらに投資する必要があるのは、おそらく1、2、3年先でしょう、しかし、時間はほとんどありません。ただ、それを明確にしておきたいと思います。

3年後にロシアに何が起こるかはわかりません。不確実で予測不可能な世界に立ち向かうためには、強力な国防力を持つことが重要です」。

「ロシアは予想をはるかに上回るスピードで備蓄を増強している」

クリストファーセンは、とりわけロシアが弾薬、資材、装備の備蓄を予想よりもはるかに早く積み上げていることを指摘しました。

最近、ロシアは兵器工場が24時間体制で生産する戦争経済に転換しました。

「ロシアは生産量を大幅に増やしました。また、イランや北朝鮮のような国とも提携しており、ロシアの防衛は昨年我々が想定していたよりもはるかに早く展開できることになります。

ですから、私たちは今、自国の防衛を強化するために時間を有効に使わなければなりません。

同時に、ウクライナでの戦争はノルウェーでも他のヨーロッパ諸国でも多くの蓄えを吸い上げています。ジレンマです。

しかし、ウクライナが必要とするものを、ウクライナが必要とする限り支援することが非常に重要です。そして、それはしばらく続きそうです。

「しかし、この戦争が終われば、プーチンが次に何を仕掛けてくるかは誰にもわかりません。

「戦争に備えなければならない-スウェーデン側と同意見」

「NATOの軍事委員会の責任者であるロブ・バウアー提督は、NATOは戦争に備えなければならないと発言しました。

「ノルウェーの国防にとって、これはいったい何を意味するのでしょうか」ジャーナリストはノルウェー国防参謀総長に尋ねます。

「具体的には、NATOの計画を実施し、必要な能力を提供しなければならないということです。NATOにとっての課題は、ここにいくつかのギャップがあることです。

特に防空と長距離兵器の問題を指摘しています。

「つまり、ノルウェーにとっても、他の多くのNATO諸国と同様に、防空への投資を増やさなければならないということです。また、弾薬やスペアパーツの在庫を増やす必要もあります。


クリストファーセンはまた、スウェーデンのミカエル・バイデン最高司令官が最近、スウェーデン国民全員に戦争への備えを求めたことに全面的に同意しています。

「私とバイデンは同じことを話しています。私は軍会議に言いました: 世界には深刻な安全保障情勢があります。

ノルウェー国民が考えなければならないのは、自分たちの備えです。

私たちは、すべての人に3日間の自己管理期間を設けることを提案します。また、非常に弱い立場にある人には、備えを強化することも勧めています」。

これは一貫したメッセージです。


東京都 地下シェルターを整備へ - Yahoo!ニュース