Arizona Grand Jury Petition 'Vaccine' Crime Evidence Being Sent to Governor and Attorney General (substack.com)
アリゾナ州大陪審の請願 「ワクチン」犯罪の証拠を知事と司法長官に提出

犯罪には、殺人、恐喝、生物兵器法違反、反逆罪、大量虐殺などが含まれます。
2024年1月24日
ジョセフサンソーネ博士


ナショナル・アメリカン・ルネッサンス運動の役員として、私は、ナショナル・アメリカン・ルネッサンス・ムーブメントが、アリゾナ州知事と州司法長官にC19「ワクチン」犯罪の証拠を含む86ページの大陪審請願書を提出することを発表します。ナショナルARM大陪審請願書は、C19ショットを「直ちに禁止し、犯罪捜査を開始すべきである」と述べています。


アリゾナ州は、大陪審の請願書を受け取った11番目の州です。

以前、この証拠は、 ペンシルベニア州 ニューメキシコサウスカロライナ州 オハイオ州 カリフォルニア州 テネシー州 テキサス州,アイダホ フロリダ州そしてニュージャージー州の知事、検事総長、検察官、保安官に提出されました。

全米ルネッサンス運動がワクチン犯罪の大陪審請願書を検察に提出 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

この文書は全米ルネッサンス運動の会長であり、ニュージャージー州の刑事弁護および裁判弁護士であるデビッド・マイスウィンクルによって作成されました。この86ページの文書は、153の証拠を列挙し、州と連邦の犯罪が行われたと主張している。この文書は、C19「ワクチン」の即時禁止を要求し、犯罪捜査を要求しています。また、この文書には参考人のリストも記載されています。

犯罪には、殺人、恐喝、生物兵器法違反、反逆罪、大量虐殺が含まれます。 ナショナル ARMは、ワクチン犯罪の証拠を全米50州すべての地方検事や法執行機関に提出する予定です。

エグゼクティブ・サマリーと全文は、以下のリンクから閲覧・ダウンロードできます。

エグゼクティブサマリー

大陪審請願書

1月27日(土)アリゾナ州共和党はC19注射を生物学的・テクノロジー兵器と宣言する「ワクチン禁止」決議案を採決します。

フロリダ州保健局は最近、COVID mRNA注射の 停止を呼びかけ ています。

これは、ナショナル・アームのデビッド・R・マイスウィンクル会長が、11の州で提出された犯罪の概要を記載した大陪審の請願書を紹介するリンクです。


https://report24.news/aufruf-an-alle-massnahmen-und-impfopfer-europaweite-einreichung-von-strafanzeigen/
ワクチン接種の被害者の皆様へ:欧州全土で刑事告訴を提出してください!
画像:freepik / tiko33

市民イニシアティブGemeinWohl-Lobbyのウーヴェ・クランツとマリアンネ・グリンメンシュタインがファイザー社との取引に関与した責任者を刑事告発したことを受け、コロナウイルス対策とワクチン接種の被害者が権利を享受できるよう、次のステップに進みます: マリアンヌ・グリムメンシュタインは、すべての被害者とその支援者に対し、責任者を刑事告発するよう呼びかけています。

ヨーロッパ全土で刑事告訴を呼びかける

MWGFD経由

2023年12月、私たちのメンバーであるウーヴェ・クランツは、市民イニシアティブであるゲマイン・ウォール・ロビーのマリアンネ・グリンメンシュタインとともに、EUとバイオテック/ファイザー社との間の販売交渉の主要な責任者に対して、ハーグの国際刑事裁判所(ICC)に刑事告発を行い(リンク1参照)、EUとバイオテック/ファイザー社との間の事前購入契約のドイツ国内の主要な責任者に対して、連邦検察庁に国際法に基づく国内刑事告発を行い(リンク2参照)、国際法に基づく国際刑事告発を行いました(リンク参照)。
1.プレスリリース - 国際法上の刑事告訴 - MWGFD
2.国際法に基づく国際刑事告発 – Common GoodLobby (gemeinwohl-lobby.de)

さらなるステップとして、今後数週間から数ヶ月の間に、国境を越えて被害者とその支援者から多数の類似した刑事告訴を提出する予定です。このため、グリムメンシュタイン氏は、添付の「パンデミックの影響を受けたすべての人々とその支援者へのアピール」を作成し、この計画を詳細に説明しています。このキャンペーンに参加を希望される方は、フォームよりサインアップできます。

すべてのパンデミック被害者とその支援者へのアピール

近年、コロナウイルス対策とワクチン接種は、多くの人々を苦しめました。数え切れないほどの人々が身体的、さらには致命的な精神的、経済的ダメージを受けました。そのほとんどが補償を受けられる見込みがありません。この災難は、金融・製薬会社の手先として働く数多くの官僚・政治家によって組織的に引き起こされたものであり、責任者の責任を追及することは困難です。

すべてのプロセスを組織的に準備し、冷酷に実行した責任者のほとんどは、権力の要職に就いています。彼らは、当初から明らかに人々に有害であるような販売契約を大手製薬会社と結んでいました。契約は秘密にされようとしていたにもかかわらずリークされ、今では公になっているにもかかわらず、彼らは被害に対する責任を否定しようとしています。

ほとんどの国で法の支配がもはやまともに機能していないため、被害を受けた当事者が個別に補償を求めることはほとんど絶望的です。このため、被害者とその支援者たちによる国境を越えた同盟が、責任者に対する数多くの刑事告発を組織しています。刑事告発は、可能であればデモを伴ってヨーロッパ全土で同時に行われ、多数の刑事告発の提起が国民に公開法廷として認識されるようにします。