地球からの太陽光を遮るというビル・ゲイツの暗い夢が実現しようとしています
「そして、あなたのしもべである預言者たちや聖徒たち、あなたの御名を恐れる者たち、小さい者も大きい者も、あなたが報いてくださり、地を滅ぼす者を滅ぼしてくださるように。」 -黙示録11:18


ビル・ゲイツによる、太陽の一部を遮ることでいわゆる気候変動から「地球を救う」という狂気の計画が正式に開始されました。


狂気の蛇油のセールスマンであるゲイツは、地球工学を実験的に用いて太陽の光が地球に届かないようにすることで、地球温暖化と戦うという奇妙な計画に以前から賛同してきました。

どうやら彼の望みが叶うことになりそうです。

科学者たちは、今後数週間から数ヶ月の間に、アメリカ、オーストラリア、イスラエルを含む世界中のいくつかの国から、空へ化学物質を送り始めることを計画している、とSlay Newsは報じています

ゲイツと左翼の大富豪ジョージ・ソロスが推進するこのアイデアは、チョークの粉やその他の化学物質を含む人工の白い雲を大気中に送り込み、太陽光を地表から反射させるというものです。

太陽の光を遮れば、地球温暖化を逆転させるのに十分なほど地球の温度が下がると言われています。

果樹や野菜が成長し、大衆のための食糧を生産するためには、日光を必要とすることは気にしないでください。言うまでもなく、太陽光は人間の免疫力に不可欠な栄養素であるビタミンDの主な供給源です。優生主義者として知られ、世界人口をいかに減らすべきかを説いて回るゲイツは、このような暗い可能性を、極悪非道な日光遮断計画の刺激的な副作用と見ているのでしょう。

ソロスも同様に、この計画に興奮しています。彼は、この技術はグリーンランドの氷が溶けるのを防ぐのに役立つと言っています。

人類の文明を破壊するために全力を尽くしているグローバリストたちが、地球温暖化がそのプロセスを加速させるのではないかと心配していると主張するのは、何とも皮肉なことです。

ビル・ゲイツやジョージ・ソロスのようなグローバリストは、その大量虐殺的な気候アジェンダを通じて、さまざまなレベルで環境に害を及ぼしています。彼らは、私たちの肥沃な農地を有毒なソーラーパネルで覆い尽くす一方で、鳥やその他の野生生物を殺す風力タービンで農地を埋め尽くすことを提唱しています。彼らはまた、有毒なリチウム電池で動く電気自動車を推し進め、ソーラーパネルと同様、安全に廃棄する方法がないため、将来的には環境にとって悪夢となるでしょう。

 2024 年 2 月 13 日、Inc.誌のクロエ・アイエロが、ビル・ゲイツが支援する新興企業が、電気自動車用のリチウムイオン電池を調達するために1億4500万ドルを調達したと報じました。今日、世界で採掘されるリチウムの多くは、アフリカやアジアの貧しい国々での児童労働に支えられています。しかし、ビル・ゲイツ、ジョージ・ソロス、ラリー・フィンク、そして世界経済フォーラムの仲間たちにとっては関係ない話です。

彼らの破壊的な計画にもかかわらず、これらのグローバリストは自分たちが救世主であり、私たちは持続可能なライフスタイルを送るための答えを彼らに求めるべきだと主張しています。

ソロス氏は、この悪魔のような太陽光遮断システムについて、次のように述べています: 「私たちの文明は、気候変動によって崩壊の危機に瀕しています。グリーンランドの氷床が溶ければ、海の水位は7メートル上昇するでしょう。それは文明の存続を脅かすものです。」

もちろん、これはすべて恐怖を煽るためのナンセンスです。恐怖に怯えた人々は、架空の問題に対する解決策を懇願し、自分たちの奴隷化を招くでしょう。20年以上前、アル・ゴアは、氷が溶け、ホッキョクグマが死に、ハリケーンが増加し、都市全体が水没するという、まったく同じ悲惨な予測を立てました。しかし、こうした黙示録的な予測は、どれも実現していません。

Slay Newsによると、ビル・ゲイツが提唱する戦術は、太陽放射を地球から反射させるために成層圏にエアロゾルを散布するというものです。

ゲイツは、気球を使ってエアロゾルを散布するハーバード大学の大規模プロジェクトに資金を提供してきましたが、世論の反発を受けてハーバード大学のプロジェクトは、世論の反発を受けて閉鎖されました。

ところが今、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、別の科学者グループがゲイツの馬鹿げた、そして率直に言って危険な計画を進めていると報じています。

マリン・クラウド・ブライトニングは、サザンクロス大学が主導する研究プロジェクトで、6,455万ドル(1億オーストラリアドル)のリーフ再生・適応プログラムの一環です。

このプログラムでは、地球温暖化を食い止めるために、雲を改造して太陽光を地球から反射させるというものです。


「今週、ウィットサンデー諸島に近いオーストラリア北東部沿岸沖の船に乗った研究者たちは、海上に形成される低高度の雲を明るくしようと、高圧ノズルから空気中に塩分を含んだ混合物の噴霧を開始しました。

「科学者たちは、より大きくて明るい雲が太陽光を地球から反射し、海面を日陰にし、グレート・バリア・リーフ周辺の海水を冷やすことを期待しています。」

イスラエルでは、スターダスト・ソリューションズという新興企業が、高度約60,000フィートにある小さな反射粒子の雲を散布するシステムのテストを開始しました。

これらの地球工学で作られた雲は、太陽光を地球から反射させ、大気を冷やす太陽放射管理として知られている概念です。


また、マサチューセッツ州では、ウッズホール海洋研究所の研究者たちがこの夏、灰汁の成分である水酸化ナトリウムの液体溶液6,000ガロンを、マーサズ・ヴィニヤードの南10マイルの海に注ぐ準備を進めています。


彼らは、この化学ベースが大きな錠剤のような役割を果たして、地表水のパッチの酸性度を下げ、大気から20トンの二酸化炭素を吸収し、海に「安全に」貯蔵することを期待しています。

https://leohohmann.substack.com/p/bill-gates-unleashes-dark-plan-to

WEFが太陽を遮断する計画を明らかに : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)