https://endoftheamericandream.com/why-are-billionaires-selling-off-stocks-and-building-massive-survival-bunkers/

なぜ億万長者は株式を売却し、大規模なサバイバル地下壕を建設しているのか?

February 27, 2024 
神と格闘するヤコブ

人々が何を信じているかを見極めたければ、彼らの言うことに耳を傾けるのではなく、 むしろ、彼らが実際に何をしているかを注意深く観察してください。 ここ数日、株式市場は史上最高値に近い水準で推移し、ビジネス界のリーダーたちは良い日々が続くと断言しています。 しかしその一方で、最も有名な億万長者たちの多くが、将来のことを非常に心配していることを示す行動をとっています。 例えば、ジェフ・ベゾス、ジェイミー・ダイモン、マーク・ザッカーバーグの3人は、今年に入ってからの2ヶ月間で皆、自分の会社の株式を大量に売却しています

アマゾンのジェフ・ベゾスもJPモルガンのジェイミー・ダイモンもメタのマーク・ザッカーバーグも、自分の会社の株を大量に売却しました。なぜですか?

ベゾスは、今月わずか9日間の取引でアマゾンの株を5000万株売却し、推定85億ドルを手にしています。

ザッカーバーグは、2023年の最後の2ヶ月間で、自身のソーシャルメディア帝国の約180万株を4億ドル以上で現金化しました。

JPモルガンのダイモンは今月、自身が率いる銀行の約82万2000株を約1億5000万ドルで売却し、このグループに加わりました。

これらの人たちが、米国経済が発展し、自分たちの会社が成長し続けると信じているのなら、黙って自分のポートフォリオが値上がりするのを待つのが道理でしょう。

しかし、彼らは皆、今が絶好の売り時だと判断したわけです。

そして、それは間違いなく理解できます。この1年間で、3社の株価は空前の高値に急騰しました

メタの株価は過去1年間で186%急騰し、JPモルガンは30%近く上昇、アマゾンは90%近く急騰しています。3社とも過去最高値に近い水準で取引されています。

これらの億万長者たちは、愚かだから大金持ちになったわけではありませんし、バブルのピークで売るのは確かにバカではありません。

しかし、億万長者たちが株の売却に熱中している理由はそれだけなのでしょうか?

すべての億万長者が「終末の準備」をしていることを知っていますか? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ここ数週間、ザッカーバーグ夫妻がハワイに巨大なサバイバル施設を建設中であることが話題になっています。 以下は
タイム誌からの引用...

メタCEOのマーク・ザッカーバーグと妻のプリシラ・チャン(チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブの共同設立者兼共同CEO)は、ハワイの牧場に5000平方フィートの地下シェルターを建設し、独自のエネルギーと食料を供給する計画であることが、今月初めに発表されたWiredの調査で明らかになりました。

この計画では、シェルターのドアは金属製で、地下壕や防空壕では一般的なコンクリートで埋められる予定であると、同ニュースメディアは計画文書やインタビューを引用した広範な記事で報じています。

では、なぜザッカーバーグはそのような努力をするのでしょうか?

彼は私たちが知らないことを知っているのでしょうか?

確かに、ザッカーバーグは常に少なからずエキセントリックな人物でした。

しかし、他の多くの超富裕層も破滅に備えています。 実際、サム・アルトマンもピーター・ティールも、迫り来る時代について非常に警戒しているようです.....

アルトマンは自分の安全を確保するため、抗生物質や水など、ドゥームズデイ・プレッパー(終末の日の備えをする人)にありがちなものだけでなく、ちょっと変わったものも隠し持っています。ニューヨーカー誌によると、彼は新興企業Shypmateの創設者たちにこう語っています: 「あまり考えないようにしています。でも、銃、金、ヨウ化カリウム、抗生物質、電池、水、イスラエル国防軍のガスマスク、そして、ビッグ・サーに飛行機で行ける広大な土地を持っています」。

彼はまた、PayPalの共同創設者であるピーター・ティールとは、世界の終末が訪れた場合、ニュージーランドにあるティールの高級物件に逃げ込む「取り決め」をしていると語っています。

なぜ、サム・アルトマンは銃とガスマスクを必要とするのでしょうか?

そして、なぜ彼はヨウ化カリウムを必要とするのでしょうか?

彼はいったい何が起こると予測しているのでしょうか?

他の億万長者たちは、さらに極端なことをしています。

Strategically Armored & Fortified Environments社の創設者兼社長であるアル・コービ氏は、現在、あるクライアントのために、非常に深い堀に燃性の高い液体で満たした島の要塞 」を建設中だと語っています。

リライアンス・インダストリーズの実業家、ムケシュ・アンバニのムンバイにある48億ドルを投じた27階建ての豪邸を手がけたコービ氏は、2025年に完成予定の最も壮大なプロジェクトは、米国にある200エーカーの敷地につくられた島の要塞で、最先端の戦術システムを備えているとTHRに明かしました。

「このシェルターは、爆心地から1マイル離れた場所でも爆風に耐えることができます」とコービは言います。「しかし、それはほとんど偶発的なものでした。クライアント(ビジネス界の大物)は、『誰も私の家族に近づけないようにしたい』と言っていたので、私たちは文字通り、深さ30フィートの湖を(屋敷の周囲に)作り、水よりも軽い可燃性の液体で覆いました。島への唯一のアクセスはスイングブリッジです」。

正直言って、とてもクールな響きに聞こえます。

ただ、堀から火が漏れないようにする方法が考えられていることを願うばかりです。

また、敷地内にはパラシュートを降ろすことができる放水銃もあります。

さらにコービ氏のプロジェクトでは、500フィート上空で何が来ようと「パラシュート兵やアパッチ・ヘリコプターを撃墜できる放水砲があります。そして、湖のために取り除いた土をすべて使って、敷地の周囲に自然の要塞として文字通り山を築きました。そして、火炎放射器、ガス処理システム、時速80マイルで走る16輪車を止めることができる途中で閉まる鋼鉄の壁、そして両端のボラードでトンネルを掘りました」。

さて、質問があります。

なぜそこまでするのですか?

過去数十年間とほぼ同じ生活が続くのであれば、なぜそんなに多くの無駄なお金を使うのでしょうか?

明らかに、この島の要塞にお金を出しているクライアントは、世界が狂うことを想定しています。

そして、私もその評価に同意します。

実際、人類の歴史上、最も混沌とした局面が待ち受けていると思います。

この記事で取り上げた億万長者たちは、具体的なことすべてにおいて私と意見が一致するわけではありませんが、彼らも黙示録的な時代に備えていることは確かです。

あなたはどうですか?

これから起こることに備えていますか?

時間は刻一刻と迫っているのでそう願っています......