https://report24.news/russische-militaerdokumente-geleakt-stehen-wir-kurz-vor-einem-atomkrieg/
ロシアの軍事文書が流出:我々は核戦争の瀬戸際にいるのか?
画像: ポップロック3d / freepik
流出したロシア軍の文書によると、ロシアは特定の脅威シナリオにおいて戦術核兵器の使用を想定しているようです。NATOがウクライナで積極的に行動すればするほど、核戦争の危険性は高まります。エスカレーションの緩和が今求められています。

CIAがウクライナに12もの秘密基地を設置し、そこからロシア領内への攻撃も行っていることが明らかになる一方で、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は旧ソビエト共和国に地上軍を配備すると脅しています。『フィナンシャル・タイムズ紙はまた、クレムリンが戦術核兵器を使用する際の「最低基準」を定めたロシア軍の漏洩文書を公開しました。そしてその基準は、これまで想定されていたよりも大幅に低いものでした。

FT紙によると、機密ファイルに定められた基準は、「ロシア領土への敵対的侵入から、ロシアの戦略弾道ミサイル潜水艦の20%の破壊など、より具体的なきっかけまで」多岐にわたるとのことです。戦術核兵器の使用については、ロシアの戦術兵器は戦略兵器に比べて射程が限られているため、ヨーロッパやアジアでの「より緊密な」戦争の可能性を想定して設計されています。同紙はそう書いています:

その他の可能な条件としては、ロシアの戦略弾道ミサイル潜水艦の20%、原子力潜水艦の30%、巡洋艦3隻以上、飛行場3カ所以上の破壊、あるいは沿岸の主要司令部と予備司令部への同時攻撃などが挙げられます。ロシア軍はまた、「国家による侵略の抑止」、「軍事衝突の激化」、「侵略の阻止」、「ロシア軍による戦闘や領土の喪失の防止」、「ロシア海軍の『より効果的な』活用」など、さまざまな目的で戦術核兵器を使用できるようになる見込みです。

ロシア国家・プーチン演説 
NATOがウクライナに軍隊を派遣すれば、西側諸国は核戦争のリスクを負うことになる。」
「しかし、今やその結果ははるかに悲劇的なものになるだろう。
彼らは(戦争を)漫画だと思っている」 とプーチン大統領は述べました。


しかし、憂慮すべきことに、FT紙が文書(2008年から2014年までのもの)を検証した結果、クレムリンは ロシアがこれまで公に認めてきたよりも低い基準値を持っている可能性が高いことが判明しました。同紙が引用した専門家によれば、リークの内容はモスクワの現在の核ドクトリンの一部である可能性が高いとのことです。また、NATOが現在火遊びをしていること、特にヨーロッパがエスカレートによって被害を受けることを "裏口から "明らかにするために、モスクワが意図的にこれらの文書を流した可能性が高いとも言われています。緊張緩和の試みがなければ、壊滅的な核戦争の脅威が迫っています。