上記の要件を組み込んだ軌道シミュレーションは参考文献 8 に示されています。  上記の要件に加えて、このシミュレーションでは、6 つの自由度とロールにおける空力的対称性を持つ車両を想定し、空間内のミサイルの位置は、回転していない平坦な地球との相対関係で計算されます。 この軌道シミュレーションは、IBM 704 電子日付処理マシンでプログラムされ、この論文で行われたすべての軌道計算の基礎となっています。
スクリーンショット (481)

この調査では、V.G.フェセンコフによって設計された2つの装置が使用されました。そのうちの1つは、大空(firmament)の明るさを測定するための日中の空の視覚的な光度計です;
スクリーンショット (482)

NASAの機密解除された文書によると、天井ドームのある平らで回転しない地球について言及

BitChute


論文検索「フラット・アース」:501件ヒット

Search | arXiv e-print repository

実際に成層圏まで行って調査していないと思われるので、あまり意味がないかもしれません...
例):

[2312.09085] The Earth is Flat because...: Investigating LLMs' Belief towards Misinformation via Persuasive Conversation (arxiv.org)
投稿日: 2023年12月14日
地球が平らなのは...:説得力のある会話によるLLMの誤った情報に対する信念の調査
大規模言語モデル(LLM)は膨大な知識を内包していますが、外部からの誤った情報に対して脆弱なままです。既存の研究では、主に1回の会話でこの影響を受けやすい振る舞いを研究しています。しかし、複数ターンの会話、特に説得的な会話では、信念が変化する可能性があります。そこで、本研究では、LLMの説得的な会話に対する感受性、特にLLMが正しく答えられる事実の質問に対する感受性を掘り下げます。このデータセットには、事実に基づいた質問と、体系的に生成された説得的な誤った情報が含まれています。そして、説得的な対話におけるLLMの信念の変化を追跡するためのテストフレームワークを開発します。広範な実験を通じて、事実知識に関するLLMの正しい信念は、様々な説得戦略によって容易に操作できることを発見しました。

[2301.10880] A Golden Age: Conspiracy Theories' Relationship with Misinformation Outlets, News Media, and the Wider Internet (arxiv.org)
黄金時代:陰謀論と誤報、ニュースメディア、そしてより広いインターネットとの関係

私たちは「陰謀論の黄金時代」に生きているのでしょうか?過去数十年の間に、陰謀論はインターネット上で急増し、中には現実世界に危険な結果をもたらすものもあります。1月6日の米国議会議事堂襲撃事件に参加した大勢の人々は、Qアノン陰謀論を熱烈に信じていた。本研究では、5つの著名な陰謀論(Qアノン、COVID、UFO/エイリアン、9.11、地球平面説)の関係と、それぞれのニュースメディアとの関係性(本物のニュースと誤報の両方)を研究しています。5つの陰謀論に特化した755の異なる陰謀論ウェブサイトを特定して公開したところ、各セットは同じ外部ドメインにハイパーリンクしていることが多く、COVIDとQアノンの陰謀論ウェブサイトが最も多くの共有接続を持っていることがわかりました。さらに、ニュースメディアの役割を調べると、偽情報を広めることで知られるメディアは、本物のニュースサイトよりも陰謀論のWebサイトへのハイパーリンクが多いだけでなく、Qアノンの出現とCOVID-19のパンデミックの開始により、このハイパーリンクが2018年から2021年の間に劇的に増加したこともわかりました。部分的なグレンジャー因果関係を用いて、誤報ウェブサイトからのハイパーリンクと陰謀論ウェブサイトの人気との間にいくつかの正の相関関係を明らかにし、多くの陰謀論を広める上で誤報報道機関が果たす重要な役割を示唆している。


[2112.01278] Where the Earth is flat and 9/11 is an inside job: A comparative algorithm audit of conspiratorial information in web search results (arxiv.org)
地球が平らで、9/11が内部犯行である場所:ウェブ検索結果における陰謀論的情報の比較アルゴリズム監査
アレクサンドラ・ウルマンミコラ・マホルティクロベルト・ウロアジュヒ・クルシュレスタ

ウェブ検索エンジンは重要なオンライン情報仲介機関であり、その出力が不正確さや偏りにさらされていることを示す多くの証拠があるにもかかわらず、頻繁に利用され、一般の人々から高い信頼を得ています。そのような不正確さの1つの形態として、これまでほとんど学術的に注目されてこなかったのが、陰謀論的な情報、すなわち陰謀論を宣伝するページの存在です。私たちは、比較アルゴリズム監査を実施し、Google、Bing、DuckDuckGo、Yahoo、Yandexの5つの検索エンジンの検索結果における陰謀情報の分布を調べることで、このギャップに対処しています:バーチャルエージェントベースのインフラを使用し、6つの陰謀論に関連するキーワード(フラットアース、新世界秩序、Qアノン、9/11、イルミナティ、ジョージ・ソロス)の検索結果を、3つの場所(米国2カ所、英国1カ所)と2つの観測期間(2021年3月と5月)にわたって体系的に収集しました

その結果、Googleを除くすべての検索エンジンが一貫して陰謀を助長する結果を表示し、上位の検索結果に陰謀に特化したウェブサイトへのリンクを返していることがわかりました。
ほとんどの陰謀を煽る結果はソーシャルメディアと陰謀専用ウェブサイトからもたらされ、陰謀を否定する情報は科学的ウェブサイトと、その程度は低いもののレガシーメディアによって共有されていました。

これらの観察が異なる場所や期間で一貫しているという事実は、一部の検索エンジンが陰謀を助長するコンテンツを組織的に優先させ、その結果、オンライン環境での流通を増幅させている可能性を浮き彫りにしています。



グリーソンの地図は🗺🌍❌「地球儀投影図」ではありません。

BitChute

一方、「フラット・アース」で特許検索すると10万件以上ヒットします
flat earth - Google Patents

US497917A - Alexander gleason - Google Patents
スクリーンショット (485)
バッファローコマーシャル、1893年3月24日

バッファローのナイアガラ通りの賢人、アレクサンダー・グリーソンは、地球表面のこの大きな問題に長く懸命に研究し、本の出版と情報収集に多くのお金を費やしました。ある時、彼はニューヨークの新聞に、西アフリカの海岸からホーン岬周辺を旅した船長を募集する広告を出し、その距離が地球が球体の場合よりもはるかに長いことを証明したかったのです。彼が得た情報は、多くの科学者や地理学者を納得させるものではなかったが、彼自身にとっては満足のいくものであった。

地球平面説家によって提唱された主な議論は、船が単に円の周りを航行しているだけなのに、球の周りを航行しているように見えるかもしれないということです。昼と夜のすべての効果は、ピンの上のカードのように回転する円形の地球に降り注ぐ固定された太陽によって生み出され、最も長い川はわずか数フィートの降下しかありません。

彼らは、船が海上で「上昇」または消滅する現象は屈折によって説明されるべきであり、地球が球形であれば、コンパスは北も南も指さないだろうと言います。

これらの理論家は、アイザック・ニュートン卿は狂っていたと主張し、ガリレオとコロンブスは間違っていたと主張します。地球が回転する球体だとしたら、垂直に上向きに投げられた発射体は、投げられた場所には落ちないだろう。

そして、これらの命題のすべては、地球の四隅にある4つの角度、天の4つの風、昇天した天使と下降した天使など、聖書からの豊富な引用によって裏付けられています。太陽のない地球の裏側は、暗闇と天罰の場所であり、底なしの穴を通してのみ到達できると、これらの夢想家は言います。

アレクサンダー・グリーソン
スクリーンショット (487)

The Alex Gleason Book - Is the Bible From Heaven? Is the Earth a Globe. - Flat Earth Prints

「聖書は天から来たのか?地球は地球儀か?」は、アレクサンダー・グリーソンによる、地球の地理と年代を探求する19世紀の2部構成の調査です。グリーソンの主要な調査項目は、"現代科学と聖書は一致しているのか?"という問いに焦点を当てています。

この本には、聖書の天地創造日以降のすべての日食の分類も含まれています。

1890年に出版されたこの本は、1893年に改訂され、第2章が追加されました。

最終的な出版は、1892年にグリーソンが南極の氷の輪の中にある世界地図を描いた有名な地図を出版した1年後に行われました。

この記事では、この本の内容を検証し、最終版のPDFを無料でダウンロードできます。

正直な懐疑論者、そして「実証された真実」を愛する者として知られる市民たちに、著者はこの改訂版を捧げます。私たちは、見解の相違を理由に、人を忘却の彼方に追いやるようなことはしません。神と神の御業が真実であるように。

この本には、太陽と月のサイクル、聖書の聖典、主な出来事の年代、そして私たちが住む領域に関連するその他の可能性についての詳細な検証が含まれています。

聖書は天から来たものか?地球は地球儀か?前編・後編
※サイト先でダウンロードして読むことが出来ます
※私は気になる部分だけ読みます
例)第3章:
この世界以外の世界?・地球は動くのか、回転するのか?

第6章:すべての国への重要な提案・大洪水の間の安息日の日付・すべての安息日の日付を示す太古の太陽周期・洪水の日付を証明できる人・太陽周期はどのように証明されるか

聖書は天からのものか?地球は地球儀か?(その2)

第 13 章:地球が地球儀でないことの実証された証拠・ホボサム博士による水平線・極中心と同心の太陽の動き・真昼の太陽 - 真夜中の極地の太陽・ウェブスターの直線、曲率など・ブリタニカ百科事典も同じ結果・著者によるエリー湖、エリー運河、その他の場所での実験・英国常設命令書・視野の限界と地平線の考察・気球から見た地球の見かけの凹み・

第 14 章:太陽の高度・真実とは?・スウィフト教授による太陽の距離など・


第 15 章:J.モリソン教授、ワシントンD.C.、海軍省、アルマナック事務所・フランス南極探検隊・イギリス南極探検隊・第3次南極探検隊・南極探検

第 17 章:地球一周の時間の増減・ありのままの世界の新しい地図

第 19 章:本物の記録・

第 20 章:最後の考察・大陸が海を引き寄せる仕組み・便利な図解



※探せば他にも理解できる特許や関連記事がいくつかあると思われます

2次元地図データを3次元地図上に重ね合わせるためのシステムおよび方法...

優先度 2013-03-15 • 出願日 2013-03-15 • 付与済み 2015-11-10 • 公開日 2015-11-10

図2Cに例示されるように、地球の曲率は、地球が平坦である場合(flatLenを参照)よりも、特に仮想カメラのより高い高度(目とマークされた位置)において、視認可能な表面(arcLenを参照)を大きくする。さらに明瞭にするために、図2Dの左側の画像は、限定されたビューを示しています...



スクリーンショット (489)
スクリーンショット (488)