表向きの目標では....
Screen-Shot-2022-05-14-at-3.55.42-PM-1024x858
奴隷化に向かうSDGs17の目標:アジェンダ2030の背後にある本当のアジェンダ : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

1. 貧困をなくす

「私たちは力を合わせれば、飢えた人々を養い、病気を一掃し、世界中のすべての人に繁栄と生産的で豊かな生活を送る機会を与えることができます」

2.飢餓ゼロ
「飢餓をなくし、食料安全保障と栄養改善を達成し、持続可能な農業を推進する」

3.健康で豊かな生活

「すべての年齢層の人々の健康的な生活を確保し、幸福を促進する。過去15年間で、小児期の死亡者数は半減しました。」


一方では「飢餓をなくす」と発表しながら、一方では飢餓には利益があると言う....

「飢餓は安価な労働力を生み出すため、経済にとって必要不可欠である」と、2008年の「世界飢餓の恩恵」と題された国連の記事には書かれています

https://archive.ph/zKzzH
スクリーンショット (472)

私たちは時に、世界の飢餓をペストやエイズに匹敵するような、私たち全員が飢餓の撲滅を望む災いのように語ることがあります。しかし、そのようなナイーブな見方は、飢餓を引き起こし、持続させている原因について私たちが理解することを妨げます。飢餓は、多くの人々にとって非常に有益なものです。実際、飢餓は世界経済の根幹をなすものです。特に肉体労働が必要な場所では、飢えた人々が最も生産的です。

先進国では、道端で貧しい人々が「食料のために働きます」という看板を掲げているのを見かけることがあります。実際、ほとんどの人は食べ物のために働きます。生きていくために食べ物が必要だから、自給自足レベルで自分のために食べ物を生産したり、自分のサービスを他人に売ってお金に換えたりして、懸命に働いています。もし飢餓の脅威がなかったら、どれだけの人が自分のサービスを売るでしょうか?

さらに重要なことは、飢餓の脅威がなかったら、どれだけの人が自分のサービスを安く売るでしょうか?私たちがサービスを安く売るということは、工場や機械や土地を所有し、最終的にはそこで働く人々を所有する人々を豊かにするということです。安価な労働力に依存する人々にとって、飢餓は富の基盤なのです。
※例)ユニクロのような企業?


従来の考え方では、飢餓は低賃金労働が原因だとされてきました。例えば、「ブラジルのエタノール奴隷:再生可能エネルギー・ブームを支える20万人の出稼ぎサトウキビ刈り職人」という記事について。飢餓が低賃金の仕事によって引き起こされるのは事実ですが、同時に飢餓が低賃金の仕事を生み出す原因にもなっていることを理解する必要があります。

もしブラジルに大規模なバイオ燃料生産工場が設立され、そこで提供されるひどい仕事に就こうと必死になっている何千人もの飢えた人々がいることを知らなかったら、誰がどんな工場を建設したでしょうか?低賃金で仕事を請け負う人が大勢いることを知らなかったら、誰がどんな工場を建設したでしょうか?

飢餓に関する文献の多くは、人々がより生産的になれるよう、十分な食事を保証することがいかに重要であるかを語っています。それはナンセンスです。お腹を空かせた人ほどよく働く人はいません。確かに栄養状態の良い人は生産的な身体活動の容量が大きいですが、栄養状態の良い人はその仕事をする意欲がはるかに低いのです。

非政府組織「奴隷解放」(Free the Slaves)は、奴隷を「仕事から離れることを許されない人々」と定義しています。同団体は、文字通り労働部屋に閉じ込められ、南アジアで奴隷労働者として拘束されている人々を含め、世界には約2700万人の奴隷がいると推定しています。しかし、この数字には飢餓の奴隷と呼ばれる人々、つまり、仕事から離れる自由はあるが、他に行くところがない人々は含まれていません。働いている人のほとんどが飢餓の奴隷なのかもしれません。

社会的地位の高い人たちにとって、世界的に飢餓がなくなれば大変なことです。もし世界から飢餓がなくなったら、誰が畑を耕すのでしょうか?誰が野菜を収穫するのでしょうか?誰がレンダリング工場で働くのでしょうか?誰がトイレ掃除をするのでしょうか?私たちは自分たちで食料を生産し、自分たちでトイレを掃除しなければならないのです。高級志向の人々が飢餓問題の解決を急がないのも無理はありません。私たちの多くにとって、飢餓は問題ではなく、資産なのです。


※ と、いうことで、最近のイベントなど(マウイやチリやトルコや能登やテキサスなど)で破壊した都市の修復作業や(世界中のスマートシティ)建設ラッシュでの作業員確保などのために、さらに多くのお腹をすかせた低所得者を作り出す必要があり、従って下記の「食糧危機イベント」によって多くの飢餓クラスの人々を作り出すイベントは実際にやらかす可能性が高いような気がします。欧州の農民たちの抵抗は凄まじいですが、やはり逮捕されています。「2025年の収穫の失敗」は実現しそうです。......日本では来年早々辺りから、さらなる驚くほどの価格高騰と、手に入らない食料品が出て来るのかもしれません....

WEFインサイダーが「新たな9/11」は「世界的な飢饉」になると明かす : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

Europe Is Alarmed Enough To Begin Wargaming A Food Crisis | ZeroHedge
ヨーロッパは食糧危機のウォーゲームを始めるほど警戒しています

EU各国政府は、世界的な食糧危機をシミュレートし予見するウォーゲームに取り組んでいます。ロシアとウクライナの戦争とそこでの穀物供給への影響、エルニーニョやラニーニャのような気象現象とラテンアメリカの大豆生産への影響、スーパーマーケットのサプライチェーンを混乱させた反EU農民の抗議行動など、さまざまな主要要因が混在していることが警戒の原因になっていると欧州当局者は述べています。もちろん、パンデミック(世界的大流行)がサプライチェーンにどれだけ大きな影響を与えるかという例もあります。パニック買いはコロナウイルス危機の初期の数ヶ月間の傾向であり、絶え間ない恐怖でした。

ブルームバーグは、先月ブリュッセルで開催された、2024年から2025年にかけてのヨーロッパにおける食糧不足を想定した会議の詳細を伝えています:「...先月ブリュッセル中心部で2日間にわたり、約60人の欧州連合(EU)および政府関係者、食糧安全保障の専門家、業界代表者、そして数人のジャーナリストが集まり、数年前にはほとんどレーダーに映っていなかったこと、つまり本格的な食糧危機の可能性に立ち向かいました。」

システムモデラーでゲームデザイナーのピョートル・マグヌシェフスキ氏は、この会議のゲームシナリオの作成に協力し、参加者に「混沌のレベルを予期してください」と語り、「時には混乱するかもしれませんし、十分な情報が得られないかもしれません」と注意を促しました。

報告書でも強調されているように、この事態で注目すべきなのは、世界で最も栄養状態の良い地域の一つとして際立っている大陸が、現在、その食料システムのストレステストに追われているという事実です。

以下は、先月開催されたウォーゲーミング・イベントの参加者に提示されたシナリオの一部です: 

収穫の失敗:
「2025年になり、収穫の失敗が増えました。家畜の飼料価格に影響を与え、家畜や魚の生産が抑制されます。農作物を積んだ船の中には、他の場所で高値で落札された農作物を運ぶためにヨーロッパを離れるものもあります」


パーム油輸出削減:
「アジアのパーム油輸出制限により、マーガリンからパンに至るまで、毎日の主食の供給が減少しています。企業の貪欲さ、偽情報、陰謀論の疑惑が広がっています。」

肥料危機:
「ロシアのウクライナ侵攻を受け、作物の栽培やガラス温室の維持に必要な肥料やエネルギーのコストが高騰。」

地元を襲う供給不足による巷の不安:
「2025年後半、事態はさらに悪化。泥棒がスーパーマーケットから略奪。警察は都市で広がる暴動を抑えるのに必死。ドイツの人々は食料品店で魚や肉を見つけることができません。畜産農家は倒産。」

民衆の怒りの矛先はエリートと企業へ

「一方、国民の関心は商品取引業者による利益追求に移行。小規模農家はドミノ倒しのように倒れ、移民への攻撃はより広まり始めました。EUは沈みゆく船なのか、とビデオの中で誰かが問いかけています」

「解決策」については、興味深いことに、会議の参加者は、人口を食肉から離す必要があると言われました(というか、むしろそれを前提として受け取りました)。虫を食べさせる? 

「2日目は、政策提案や結論に焦点を当てる前に、マインドフルネス・セッションから始まりました。「食生活をより健康的なものへとシフトさせ、肉から遠ざける必要があるという考えには、ほとんど異論はありませんでした。食糧備蓄をどのように管理し、備蓄のレベルを監視するのがベストなのか、疑問が浮かび上がりました」。

食料備蓄を「管理」するのは誰なのかは、想像するだけでも興味深い、そして恐ろしいシナリオです。レポート「ヨーロッパはウォーゲーミング:食糧危機」の全文はこちらからご覧いただけます。