https://forbiddenknowledgetv.net/2-out-of-3-americans-gone-is-2025/

2025 年までにアメリカ人の 3 人に 2 人がいなくなる!



2014年、Deagel.comが私の目に留まったのは、YouTubeで公開されている、各国の将来の人口数、GDP、購買力平価、軍事費の予測ページが、相次いで公開されたからでした。

ディーゲルは、米軍の多くの部門やIMFなどからの公開されたシンクタンクの予測の相互参照であると説明しました。2014年、この数字は欧米の銀行システムが崩壊し、2025年までにアメリカの人口が3億1800万人から7800万人に減少しアメリカ経済が世界第1位から第13位になることを予測しました。

私は何年もの間、このウェブサイトを何度も訪れました。彼らの予測は常に更新され、常に変化していましたが、2021年、人々がディーゲルの予測をデスショット(死亡予防注射)の義務化と結びつけ始めた頃、彼らはその予測をオフラインにしました。

2021年、クレイグ・パールデコーパーは、削除される前に彼らの予測データを入手し、各国の人口減少の割合を計算し、人口減少の大きい順に各国をランク分けし、ワクチンによる大量虐殺は主にヨーロッパ系の人々が住む国で圧倒的に多く起きていると結論づけました。

彼はこう書いています:

「私の仮説では、パンデミックを引き起こしている国や大国、つまりG7を中心に淘汰が起こるだろうと考えていました。また、ワクチンを製造している国々が虐殺の中心になるだろうという仮説も立てました。これが私の計算結果です....

観察結果

1. G7諸国はリストの上位に集まっており、その人口減少率は以下の通り:

a. イギリス – 78.5%

b. アメリカ – 70.2%

c. ドイツ – 65%

d. フランス – 41.8%

e. イタリア – 30.6%

f. カナダ – 29.7%

g. 日本 – 17.6%

2. 上位を独占する3カ国

a. イギリス

b. 米国

c. ドイツ


ワクチン製造に関与しているのは、まさにこの3カ国です: アストラゼネカ、モデルナ、ファイザーのワクチン


ディーゲルが正確な予想ならば次のようになります:

1. この大虐殺の震源地であるイギリス、アメリカ、ドイツに滞在するのは非常に危険です(5人に4人がここで死亡します)

2. G7諸国は全般的に危険(せいぜい3人に1人が死亡)。

3. ヨーロッパ諸国は全般的に安全ではない

4. ルーマニア、ベリーズ、チェコ、リトアニア、フィンランド、ハンガリー、ラトビアなど、東欧諸国の方が安全なようです。

5. 殺処分が行われていない国は結構あります。

まとめ

英国、米国、ドイツから一時的に距離を置くことをお勧めします。これらの政府は自国の人口の完全な破壊を計画しています。そして、ほとんどの人はそれに従っています-それはほとんど自殺カルトのようなものです。

スクリーンショット (491)


昨年12月、パトリック・バーンは、現在国境で展開されている出来事が、中国共産党の長期的な米国領土占領計画の一環として、中国の元国防相、蒋浩天によって2003年に説明されたものであることを説明しました。

その1週間後、マイク・アダムスは、彼の軍事情報筋とテキサス州の法執行機関のトップとの会合に基づいて、2024年から2025年にかけて最悪のシナリオがどのように展開するかを、より詳細に説明しました:

トランプはホワイトハウスに復帰するでしょう。国民ではなく、軍の権力者たちがトランプ氏の復帰を切望しています。バイデン政権は、彼らの醒めた狂気によって意図的に軍を破壊し、新兵を怖がらせているからです。

トランプは数百万人もの不法移民を大量に強制送還するでしょう。ほとんどの逮捕は、積極的な交通取り締まりによって行われるでしょう。

2020年に暴動を起こしたのと同じグローバリストに資金提供された急進左派は、大量強制送還に反旗を翻し、共同でトランプ政権を転覆させるために、すべての軍人年齢の不法入国者を活性化させるために働くでしょう。変電所、製油所、橋、港、水処理などを攻撃するでしょう。地対空ミサイルやその他の武器もあるでしょう。

マイクは、「武装した不法入国者が組織的に襲撃し、警察署を大量に駆逐する光景が見られることになるだろう。その地域を支配するために、ある地域の法執行機関をすべて一掃しようとするだろう。」と、10月7日のハマス攻撃を1000倍にしたような同時多発テロだと表現しています。

トランプは国家非常事態宣言を出さなければならないでしょう。アメリカは戦場になるでしょう。夜間外出禁止令、ロックダウン、軍の検問が行われるでしょう。街中の混乱と危険はひどくなり、アメリカ人は軍隊が来て法と秩序を回復してくれるよう懇願するでしょう。

この混乱のさなか、グローバリストと協力する反米勢力は、大規模な偽旗攻撃を行い、電力網やインターネットをダウンさせ、ロシア、中国、北朝鮮のせいにするでしょう。 これは、EMPか、銀行システムを崩壊させる大規模なサイバー攻撃のどちらかになるでしょう、そして、デビッド・ウェッブによって説明された「グレート・テイキング」が始まります。そこで中央銀行は、すべての証券、銀行預金、負債で賄われた財産を没収し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を導入するでしょう。

法と秩序は失われ、都市は犯罪組織によって支配されるでしょう。これが、億万長者たちが自分たちのために地下バンカーを建設している理由です。

米国政府の調査によると、グリッドダウンシナリオでは、米国人口の90%が18ヶ月以内に死亡すると予想されています。Deagel.com は以前から、2025年までにアメリカ人口の70%が死亡すると予測していました。

生き延びるためには、人々は強力なコミュニティを組織し、食料を自給し、武器、緊急医療、通信、通貨などを持たなければなりません。

マイク・アダムスは、20年以上プレッパーとして活動してきたと言いますが、彼でさえ、この最悪のシナリオに備えることができたとは思っていないと言っています。


映画『シビル・ウォー』予告編#1(2024年)



なぜ億万長者は株式を売却し、大規模なサバイバル地下壕を建設しているのか? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
ウラジーミル・ジリノフスキーの予言:「2024年に選挙はない、アメリカは存在しないのだから」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
②あなたは何も所有しなくなる:「グレートテイキング」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)