BRICSは2024年に新たな世界を立ち上げるか?

BRICS-1038x576
2024年3月26日

BRICSは2024年のスタート時に加盟国を2倍にしましたが、今後、新加盟国の統合、将来の加盟基準の策定、組織の基盤の深化、そして最も重要なことは、国際金融において米ドルを回避するメカニズムの立ち上げという大きな課題に直面しています。

グローバル・サウス(南半球)の国々では、多極化を目指すBRICSと、BRICSが約束する覇権主義のない未来に参加しようとする国々が列をなしています。BRICS-10のロシア議長国として重要な役割を担うこの1年間、その関心の高さは議論の避けられないテーマとなっています。 

インドネシアとナイジェリアは、BRICS10に加盟する可能性のある候補国の上位に名を連ねています。パキスタンとベトナムも同様です。メキシコは、覇権国の怒りを買うことなく加盟するにはどうすればいいかという、非常に複雑な問題を抱えています。 

そして、勢いに乗る新たな候補: イエメンはロシア、中国、イランから多くの支持を得ています。

ロシアのBRICSトップ、非常に有能なセルゲイ・リャブコフ外務副大臣が、この先に何が待ち受けているのかを明らかにしました。リャブコフ外務副大臣はタス通信に次のように語っています: 

私たちは、BRICSとの和解に関心を持つ国々が、取り残されたと感じることなく、この協力のリズムに加わって実践的に活動できるようなプラットフォームを提供しなければなりません。そして、さらなる拡大がどのように決定されるかについては、少なくともカザンで首脳会議が開かれ、決定されるまで延期されるべきでしょう。

BRICS+の拡大に関する重要な決定は、来年10月のカザン・サミットで初めて発表さ れるでしょう。リャブコフは、まずは「参加したばかりの国々を統合する」ことが先決だと強調します。つまり、10カ国として、少なくとも最初の5カ国と同じか、むしろそれ以上に効率的に働くということです」。

そうして初めて、BRICS-10は「パートナー国というカテゴリーを発展させる」ことになり、それはつまり、文字通りBRICSに加盟したくてうずうずしている数十カ国の中から、コンセンサスに基づくリストを作成することを意味します。

リャブコフは、2024年1月1日からBRICSの加盟国が2倍に増えることは「いかなる国際機構にとっても前例のない出来事」だと、公私を問わず常に強調しています。

リャブコフは、それは簡単なことではないと言います。

昨年は、最高幹部レベルで入会、拡大基準を策定するのに丸1年かかりました。多くの合理的なものが策定されました。そして、その頃に策定されたことの多くが、加盟国のリストに反映されました。しかし、その要件を形式化するのはおそらく不適切でしょう。結局のところ、協会への加盟は政治的な決定の対象です。

ロシア大統領選挙後の行方 
セルゲイ・ラブロフ外相は、先ごろモスクワで開催された多極化会議の傍ら行われた数人の選ばれた人々とのプライベートな会合で、BRICSについて熱く語り、特に中国の王毅とインドのS.ジャイシャンカールについて強調しました。

ラブロフ外相は、今年のBRICS-10に大きな期待を寄せていますが、同時に、BRICSはまだクラブであり、同種の組織である上海協力機構(SCO)のように事務総長を任命するなど、いずれは制度面でさらに深化していかなければならないとも念を押しています。

ロシアの議長国は今後数カ月間、現在の危機の地政学的スペクトルをナビゲートするだけでなく、何よりも地政学をナビゲートすることで手一杯になるでしょう。わずか3ヵ月後の6月に開催される重要な閣僚会合では、4ヵ月後のカザン・サミットに向けた詳細なロードマップを定めなければなりません。

今週のロシア大統領選挙後の動向も、BRICSの政策を左右するでしょう。ロシアの新政権が発足するのは5月初旬です。ロシア財務省、中央銀行、外務省、そしてクレムリンの最高顧問の間に大きな変化はないだろうというのが大方の予想です。

継続性が当たり前になります。

そして、それは国際金融において米ドルを回避する最前線にいるBRICSという、重要な地理経済学的文書に行き着きます。

先週、クレムリンのユーリー・ウシャコフ最高顧問は、BRICSがデジタル通貨とブロックチェーンに基づく独立した決済システムの構築に向けて取り組むと発表しました。

ウシャコフは特に「デジタル技術やブロックチェーンといった最先端のツール」を強調しました。主なことは、政府、庶民、企業にとって便利で、費用対効果が高く、政治的な影響を受けないようにすることです。」

ウシャコフは明確に言及しませんでしたが、新しい代替システムはすでに存在しています。今のところ、それは学術的な検証も済んでおり、よくある質問に対する回答も盛り込まれた詳細なホワイトペーパーの形で、厳重に守られたプロジェクトです。

クレイドルは、昨年から数回にわたり、世界トップクラスのフィンテック専門家グループとミーティングを重ね、このシステムについて説明を受けました。このシステムはすでにウシャコフ氏本人にも紹介されています。現状では、ロシア政府から最終的な許可が下りる寸前です。一連のテストをクリアすれば、カザン・サミットの前に、BRICS-10の全メンバーにこのシステムを提示する準備が整うでしょう。

このことは、ウシャコフが2024年の具体的な課題として、国際通貨・金融システムにおけるBRICSの役割を高めることを公言していることと関連しています。

ウシャコフは、2023年のヨハネスブルグ宣言でBRICS首脳が自国通貨建て決済の増加とコルレス銀行ネットワークの強化に焦点を当てたことを振り返ります。目標は「偶発準備制度の発展を継続し、主に米ドルとは異なる通貨を使用すること」でした。

当面の間、単一通貨は存在しない

上記のすべては、現在モスクワで、ロシアと中国のパートナーシップの中で、そして間もなくBRICS-10の間でより深く議論されている絶対的な重要課題、すなわち米ドルに代わる決済、「友好国」間の貿易拡大、資本逃避の規制を枠にはめるものです。 

 リャブコフは今週、BRICSは単一通貨の導入について議論しているのではないと述べ、議論にさらに重要な要素を付け加えました: 

欧州連合(EU)によって創設されたような単一通貨については、当面はほとんど不可能です。欧州連合(EU)の発展の初期段階において、ECU(欧州通貨単位)のような相互決済の清算形態について語るのであれば、実質的な決済手段がない中で、為替レートの違いによる損失などを避けるために、相互決済において各国の利用可能な資源をより効果的に活用する機会を得ることであり、これこそがBRICSが進むべき道であると私は考えています。現在検討中です。

リャブコフによれば、重要なポイントは、BRICSは金融・通貨同盟を結ぶのではなく、不透明な「ルールに基づく国際秩序」に依存しない金融・決済システムを構築すべきだということです。

ユーラシア経済連合(EAEU)の統合・マクロ経済担当大臣であるセルゲイ・グラジエフが独占インタビューで説明したように、すでに開発されているアイデアや実験、そしてロシア政府によって認可されようとしている新しい画期的なプロジェクトは、まさにこの点に重点を置いています。 

リャブコフは、「BRICS各国の財務省および中央銀行の代表が率いる専門家グループが、書類作成のために絶え間ない作業を行っている」ことを確認しました。さらに、「『歴史的西側』の代表の参加を含む、他の形式での協議」も行われています。

リャブコフ自身の見解は、BRICS全体が目指しているものと同じです: 

全体として、私たちは、一方ではかなり野心的であり(この分野で西側の独裁を容認し続けることは不可能であるため)、同時に現実的で、地に足がついていないわけではない製品を考え出さなければなりません。つまり、効率的な製品。そして、このすべてをカザンで発表し、指導者たちに検討してもらうべきです。

一言で言えば、大躍進は文字通りBRICSのドアをノックするかもしれません。ただ、ロシア政府による単純な許可が下りるかどうかにかかっているだけなのです。

今、BRICSが新しい地球経済パラダイムの輪郭を考案しているのと、西側諸国がウクライナというブラックホールの利益のために、ロシアから押収した資産を実際に盗み出そうとしているのとを比べてみてください。

米国とEUによる事実上の対ロシア宣言であることは別として、これはそれ自体、現在の世界金融システムを完全に崩壊させる可能性を秘めています。

もしロシアの資産が盗まれるようなことがあれば、BRICSの主要メンバーである中国とサウジアラビアの少なくとも2カ国は、控えめに言っても憤慨するでしょう。西側のこのような動きは、世界の金融システムを理論的に支えている法の支配という概念を完全に破壊するものです。

ロシアの反撃は熾烈を極めるでしょう。ロシア中央銀行は、世界最大級の決済・清算システムであるベルギーのユーロクリアの資産をあっという間に提訴し、没収することになるでしょう。

さらに、ユーロクリアーのロシアにおける資産(およそ330億ユーロ)を差し押さえました。ユーロクリアの資本が破綻すれば、ベルギー中央銀行はユーロクリアの免許を取り消さざるを得なくなり、大規模な金融危機が引き起こされるでしょう。

西側からの強奪と、グローバル・サウスを基盤とする公平な貿易・金融決済システムという、パラダイムの衝突の話です。

ぺぺ・エスコバルは、The Cradleのコラムニストであり、Asia Timesの編集長であり、ユーラシアを専門とする独立系地政学アナリストです。1980年代半ばから、ロンドン、パリ、ミラノ、ロサンゼルス、シンガポール、バンコクに駐在し、外国特派員として活動。彼は数え切れないほどの本の著者です。最新作は『Raging Twenties』。
Will BRICS Launch A New World in 2024? | Covert Geopolitics