https://report24.news/gesundheitsgefahr-japanische-wissenschaftler-warnen-vor-blut-und-organspenden-von-impflingen/
健康リスク:日本の科学者たちがワクチン接種者からの献血や臓器提供に警告
2024年3月27日
シンボリックイメージ血液バンク:(C)Freepik @Nawoot
ワクチン接種者からの献血はどれほど危険なのか?医学界は献血の安全性を証明する証拠を示せないまま、その危険性を否定しています。この度、日本の科学者たちは、特に最近ワクチン接種を受けた人からの献血の潜在的危険性についてプレプリント研究の中で議論し、これまでにない調査と管理措置を求めています。献血だけでなく、骨髄や臓器の提供にも影響があります。

論文遺伝子ワクチン接種者に由来する血液製剤の輸血に関する懸念と具体的対策の提案の中で、上田淳氏率いる科学者たちは、新型コロナウイルスmRNAワクチンの有害性が確認されたことを取り上げ、汚染された献血を受けた患者にどの程度のリスクがあるのかについて議論しています。レビューの概要は以下の通りです:

世界保健機関(WHO)は2020年のコロナウイルスパンデミックを宣言し、その根本的な解決策として世界的な遺伝子ワクチン接種プログラムが急速に実施されています。しかし、スパイクタンパク質をコードするmRNAを改変し、デリバリーシステムとして脂質ナノ粒子を用いたワクチンなど、いわゆる遺伝子ワクチンでは、接種後に血栓症やそれに続く心血管系の障害、さらには神経系を含むあらゆる臓器・器官に影響を及ぼす様々な疾患が発生したことが世界各国で報告されています。

 このような状況や、近年明らかになってきた豊富なエビデンスを踏まえ、本稿では、COVIDに長期間罹患した人や、mRNAワクチンを接種した人を含む遺伝子ワクチン接種者由来の血液製剤を用いた輸血に伴う様々なリスクに医療関係者の注意を喚起し、これらのリスクに対処するための具体的な検査、検査方法、規制について提言します。本提案が、このような遺伝子ワクチン接種プログラム後のワクチン接種後症候群とその影響にどのように対処するかについての議論の基礎となることを期待しています。


この問題を隠蔽し、ワクチン接種を受けたドナーからの輸血に害があるという証拠は何もないと主張する政府ですが、実際には安全性に関する証拠は何もありません: 可能性のあるリスクはすべて無視されているため、まったく研究されていないのです。科学者はこう警告しています:

以上のことから、遺伝子ワクチン接種後、少なくとも短期間のうちに採取された血液に由来する血液製剤を輸血した場合、患者に問題が生じる危険性は否定できません。遺伝子ワクチン接種者由来の血液製剤を輸血することによる二次的被害の有無は今のところ不明ですが、スパイクタンパク自体の毒性、LNPや改変mRNAが免疫反応に及ぼす影響などのメカニズムはまだ十分に解明されておらず、調査中であるため、医療機関や管理機関は様々な可能性を念頭に置きながら、連携して対応・調査する必要があります。

著者らは、スパイクタンパク自体の有害な影響と、スパイクタンパクによって形成され、血液製剤中に見出される微小血栓によるmRNAワクチンの危険因子について詳細に言及しています。ワクチン接種の結果としての免疫学的異常もまた、心配の種と考えられています。それは、症状がない場合にはドナーは気づかないかもしれませんが、傷つきやすいレシピエントに害を及ぼす可能性のある感染症を促進するためです。上田教授らによれば、脂質ナノ粒子と人工ワクチンmRNA自体がさらなるリスクをもたらすとのことです。

適切なリスク管理の一環として、潜在的なリスクは試験や研究を通じて実際に特定され、体系的に分析され、適切な手段によって管理されるべきです。しかし、このようなことは一切行われていません。ワクチン接種の有無は献血には関係なく、ワクチン接種後すぐに献血が許可され、スパイクタンパクなどが血液中に検出されるかどうかのチェックも行われません。その結果生じる可能性のある健康リスクは完全に無視されています

「遺伝子ワクチン接種者由来の血液製剤、またはスパイクタンパクや 改変遺伝子に汚染された血液製剤の取り扱いに必要な項目と手順をまとめました。すべてのリスク管理と同様に、リスクや問題が特定された場合には、方針や手順を継続的に改訂することが重要です。出典:Ueda et al. 2024
科学者たちは、ワクチンに由来するスパイクタンパク質やmRNAを含む血液は、それに応じてろ過されなければならないと警告しています。従って、この問題の解決策が見つかるまで、これらの献血は破棄することを推薦しています。そもそも問題を避けるためには、ドナー候補のワクチン接種状況を常に確認する必要があります。

いずれにせよ、汚染血液による医療事故を防止・減少させるためにも、採血時に病歴や遺伝子予防接種の頻度などを確認し、その情報を公的記録として文書化し、医療機関・行政機関の双方で管理・保管することが重要です。

ワクチン接種の安全性を確信し、献血の安全性を考える人たちであれば、適切な研究によってそれを証明することに何の問題もないと思うでしょうが、彼らはこの議論を避けたいようです。上田らが指摘したように、潜在的なリスクは臓器や骨髄を含むあらゆる種類の医療提供に関するものです。科学者たちは、すでに証明されている遺伝子ワクチンの有害性がいかに深刻であるかを強調し、患者にとってのリスクと危険を特定し管理するために、最終的に具体的な措置を講じるよう呼びかけています。