※日本でも新型インフルをやるんですかね??
「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」(案)に対する意見募集(パブリック・コメント)について|e-Govパブリック・コメント
スクリーンショット (615)


In Case You Forgot or Didn't Know, We Are Under a PREP Act Declaration for INFLUENZA Until 2027. (substack.com)
ご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちは2027年までインフルエンザによるPREP法宣言を受けています

少なくとも2027年12月までは、私たちはインフルエンザに対するPREP法宣言下にあるということを、あらかじめお断りしておきます。つまり、COVIDで見られたような、すべての集団の淘汰とでたらめな医療対策に対する包括的な免責が、インフルエンザにも適用されるということです。
連邦官報 :: 変更のお知らせ (federalregister.gov)
スクリーンショット (552)

つまり、検査、PPE、「ワクチン」、治療薬など、文字通りあらゆるもの、そしてあらゆる人が責任を免除されるということです。

このたび長官は、すべての対象対策について免責が有効な期間を2027年12月31日まで延長するため、再発行宣言を修正します。パンデミック A 型インフルエンザウイルスおよびパンデミックの可能性を持つ A 型インフルエンザウイルスは、引き続き米国に公衆衛生の脅威をもたらします。これらの A 型インフルエンザ・ウイルスは、米国内で高い感染力を持ち、重大な罹患率と死亡率を引き起こす可能性があります。重要な診断薬、ワクチン、治療薬の開発プログラムの継続を可能にし、国家のパンデミックへの備えを達成するためには、PREP法によるA型インフルエンザ対策の適用が不可欠です。さらに、PREP法の宣言の更新は、パンデミックの発生を緩和するために備蓄されたプレパンデミック・インフルエンザ・ワクチンの準備と入手を中断することなく支援するために不可欠です。

FDAはすでに偽のPCR検査を配布していますが、これは前回のパンデミックでなかったことを捏造するための重要な手段であったと私は考えています。

さらに、無症状感染が再び現れています。

高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルス感染が米国で報告されました。

「ある人」(←1人という意味)が、唯一の症状として目の充血を訴え、高病原性の鳥インフルエンザA(H5N1)の「陽性」でした!!!

2024年4月1日-米国テキサス州から報告され、CDCが確認した高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)A(H5N1)ウイルス(「H5N1鳥インフルエンザ」)の陽性反応が米国で確認されました。この患者は、テキサス州でHPAI A(H5N1)ウイルスに感染していると推定される乳牛と接触していました。患者は唯一の症状として目の充血(結膜炎と一致)を訴え、回復しています。患者は隔離するように言われ、インフルエンザ用の抗ウイルス薬で治療を受けています。この感染によって、CDCが米国の一般市民に対するH5N1鳥インフルエンザのヒト健康リスク評価は低いと考えていることに変わりはありません。しかし、感染した鳥や他の動物(家畜を含む)と密接に、あるいは長期間、無防備に接触したり、感染した鳥や他の動物に汚染された環境にいる人は、感染のリスクが高くなります。CDC は HPAI A(H5N1) ウイルスの予防、モニタリング、公衆衛生調査に関する中間勧告を発表しています。

でも、「唯一の症状として(結膜炎と一致する)目の充血が報告された」という非常に気になる情報を考慮して、テキサス州の花粉の飛散状況を調べてみようと思います。高病原性の目の充血を起こした男性がテキサスのどこの出身なのかはわかりませんでしたが、花粉の飛散量はかなり多いようです。

Conspiracy Sarah | Substack

連邦命令発令:無症候性HPAI 陽性牛の検査と報告が 義務付けられました

高病原性鳥インフルエンザが発生しました。

H5N1、あるいはインフルエンザA、あるいは鳥インフルエンザ。少なくとも1997年から、ある報告では1878年から報告されている「新型」ウイルスに、多すぎる名前はありません。

APHIS の国立獣医学サービス研究所は、罹患牛群に由来し、食糧供給源には入らなかった非適 応症の殺処分乳牛の肺組織サンプルから HPAI を検出しました。

保健福祉省長官がパンデミックを引き起こす緊急事態を宣言したように、農務省長官も連邦命令を発令しました:

農務長官は「高病原性鳥インフルエンザ」(HPAI)に関する連邦命令を発表しました。この命令は 2024 年 4 月 29 日(月)より発効し、州をまたいで移動する家畜の検査と報告を義務付けるものです。乳牛は渡航に先立ち、承認された国立動物衛生研究所ネットワーク(NAHLN)の研究所でA型インフルエンザ・ウイルスの陰性検査を受ける必要があり、報告が義務付けられます。

簡単に説明しようと思いますが、ファックソースを減らすのは決して簡単なことではありません。

皆さん、私たちはリアルタイムで(敵の)作戦を見ています。パンデミックのシミュレーションが進行中です。

HPAIは家禽産業、動物の健康、人間の健康、貿易、そして世界経済に対する脅威です。

今回の鳥インフルエンザについては、すでにPREP法宣言が出されており、(上記の記事)今後実施されるあらゆる対策について、基本的にすべての責任が免除されていることを覚えておいてください。家畜の間でウイルスが広がることへの恐怖を煽ることは、国民に対策対応を正当化するために必要なステップです。はっきり言って、昨年のクリスマスの2日前(2023年12月23日)にすでに緊急事態宣言が出されており、誰も注目していなかったので、緊急事態への対応に追加の正当性を与える必要はありません。

技術的には今すぐにでも対策を講じることは可能ですが、「ウイルス」が鳥から牛へ、牛から人間へ、そして食料供給源へと飛び火したというプロパガンダの見出しが紙面を賑わせなければ、それは難しいでしょう

近い将来、ヒトからヒトへの感染が発生し、ヒトへの対策が開始されるという見出しが躍ることになるでしょう。現在、義務化と報告が命じられているのは動物に対してだけです。

メディアの重要性はいくら強調してもしすぎることはありません。無症状の牛や目のかゆみを訴える男性を公衆衛生の脅威と誇大宣伝するのは大変な仕事です。しかし、心配はいりません。彼らはチャレンジ精神旺盛ですから。

以下の "ニュース "報道は、パンデミックに関する論点をすべて突いています。

・深刻な種を飛び越える致死性ウイルス

・迅速な検査とスクリーニングが必要

・早期発見

・ワクチンと治療薬

少なくとも最初の2、3分は見て、この報道がどのように紡ぎだされているかを聞いてください。
人への鳥インフルエンザ感染2件後、米当局は各州にさらなる感染への備えを警告

何が起きているのか紐解いてみましょう。

1. 新型ウイルス
この「新型」ウイルスは、先ほど述べたように、新型とは言えないほど長い間存在しています。この「新型」ウイルスを脅威として確定するには2つの重要な部分があります。
A)配列決定によって「新種」であることを特定すること、そして
B)検査によって誰かが「感染」していることを証明することです。


A. 配列決定
H1N1や 「ロックネス」モンスターではなく、H5N1が流行していることをどうやって確認するのでしょうか?
おそらく、分離されたことのないウイルスのゲノムを配列決定することによってだと思われます。

どうやってゲノムを解読するのでしょうか?
COVID-19が中国のファン・ウーによって「解読」されたのと同じでたらめな方法です。

Figure 4.
👆 Covidの明確な証拠を見てください!

次世代シーケンスシステム そのうちの1つをご紹介します:

Illumina MiSeqは次世代シーケンス(NGS)システムです。

マーク・ベイリーより:


ゲノミクス・プロセスの専門化(および自動化の進展)により、患者の臨床評価からコンピュータ画面上に生成される塩基配列までの全体像を理解できる人がほとんどいないという状況に陥っています。

ウイルス学者たちは、自分たちがウイルスの定義を満たす粒子を持っていることを決して立証しないことによって、第一段階から "ウイルスゲノム "プロセスを無効にしています。彼らが『ウイルス』と主張する塩基配列が、そのような想像上の粒子の内部から来たものであることを証明することもありません。その代わりに彼らは、その配列が『非ヒト由来』か『新規ウイルス由来』か、また遺伝子データバンクに登録された『既知のウイルス』配列とどの程度一致するかというコンセンサスによって、そのような宣言がなされると主張するのです」。しかし、自然は人間の作った物語には従いません。


B. 診断
この「新型」ウイルスはどのようにしてヒトで診断されるのでしょうか?
もちろんPCR法です。


70366287-9a40-4123-9585

新型インフルエンザAウイルス感染症
2014年症例の定義(現在のCDCのページに掲載、2024年4月26日更新)
新規A型インフルエンザウイルス感染症2014症例の定義 |疾病管理予防センター (cdc.gov)

HPAI A(H5N1)ウイルスを含む新型インフルエンザAウイルスによるヒト感染は、全国的に届出可能な疾患です(症例の定義: 新型インフルエンザAウイルス感染症2014の症例定義|CDC)

👆 発熱、のどの痛み、咳を含む👉一般的な症状群について、規制当局がサーベイランスを実施しています。

臨床症状
インフルエンザウイルス感染に適合する疾患(華氏100度以上の発熱、咳および/または咽頭痛を伴う)

診断のための検査基準


新型インフルエンザ・ウイルスは、各州の公衆衛生研究所で現在流通しているヒト・インフルエンザ・ウイルスを検出できる方法(例えば、リアルタイム逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR))を用いて検出されます。A型インフルエンザウイルスが新型ウイルスであることの確認は、CDCのインフルエンザ研究所が行います。CDCによって新型ウイルスが特定された後は、その特定のウイルスについてCDCが承認したプロトコールに従って公衆衛生の検査室が確認を行うか、新型インフルエンザウイルスの検出に特化したFDA認可の検査を使用して検査室が確認を行うことができます。

現在のところ、ウイルス分離、RT-PCR、遺伝子配列決定、または株特異的血清抗体価の4倍上昇のみが、確定診断とみなされます。

PCR Not-A-Testによる 「CONFIRMED」 👆、これも診断ではありません。
5beeb306-2b1e-496d-bb5a-bb3561

2. 国際的懸念の脅威( WHO)

HPAIは世界中の家禽産業、動物の健康、人間の健康、貿易、経済にとって脅威です。

2006年12月13日、米国はIHR(2005)と呼ばれる国際保健規則の改定を正式に受諾しました。IHR(2005)は、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(http://whqlibdoc.who.int/publications/2008/9789241580410_eng.pdf)の特定と対応、情報の共有における世界保健機関(WHO)とその加盟国の役割を規定する国際的な法的文書です。更新された規則は、国際的な疾病の蔓延を防止・予防するとともに、世界旅行や貿易への支障を最小限に抑えることを目的としています。改正された規則では、加盟国がWHOに直ちに報告しなければならない症状のリストに、新型インフルエンザによるヒトへの感染が追加されました。ヒトからヒトへの感染を示す新型A型インフルエンザウイルスの感染は、次のパンデミックの始まりとなる可能性があります。

3. 強制的監視(米国農務長官)

昨日、農務長官は「高病原性鳥インフルエンザ」(HPAI)に関する連邦命令を発表しました。この命令は明日、2024年4月29日(月)より発効し、州を越えて旅行する家畜の検査と報告を義務付けるものです。旅行前に、乳牛は認可された国立動物衛生研究所ネットワーク(NAHLN)の研究所でA型インフルエンザウイルスの陰性検査を受ける必要があり、報告が義務付けられます。

便利なことに、動植物検疫局(APHIS)は国立動物衛生研究所ネットワーク(NAHLN)の研究所と検査を使用した検査の払い戻しを行うため、「検査」は無料となります。

詳細については、家畜における HPAI 検出のページを参照してください

公開されている塩基配列を見る
.
米国農務省、H5N1型A型インフルエンザウイルスの遺伝子配列を一般公開サイトに掲載
USDA Publishes H5N1 Influenza A Virus Genetic Sequences on publicly available site | Animal and Plant Health Inspection Service

米国酪農乳業に利益をもたらす疾病の研究開発を促進するため、公衆の透明性を確保し、科学界が可能な限り迅速にこの情報にアクセスできるようにするため、APHIS は米国国立衛生研究所(National Institute of Health)の国立医学図書館(National Library of Medicine)、国立生物工学情報センター(National Center for Biotechnology Information)にも生の配列データを迅速に公開しています。掲載された配列は牛、猫、鶏、スカンク、アライグマ、グラックル、ブラックバード、ガチョウのものです。  APHISは今後も、Home - SRA - NCBI (nih.gov);で、「WGS of H5N1(H5N1のWGS)」という検索語を使って、生の遺伝子配列を順次公開していく予定です。

※WGS = Whole Genome Sequencing(全ゲノムシーケンシング)

NIH: 多数の宿主から鳥インフルエンザが発見されたという "証拠 "がここにあります。説得力のある「証拠」のいくつかをご覧ください:


👆彼らがゲノムを配列決定したのを見てください!

また、ゲノムの配列決定に使用しているシステムも確認できます。いくつかありますが、ILLUMINAが最も有名です。

スクリーンショット (613)

無症状の牛から、どうやってイルミナ社がこの「ウイルス」の塩基配列を決定しているのでしょうか???

まず、彼らは最先端の技術を使っていますが、それは診断には使えません。

(それがどのような道具なのか、専門家に説明してもらいましょう。)

みなさん......シークェンスとテストは、このデタラメがどのように行われているかということです。

Illuminaのサイトから:


以下、動画等もあり長いので省略
全文:Conspiracy Sarah | Substack


鳥を殺し、牛を殺し、人を殺し、鳥インフルエンザがやって来ました🐔🐂💩
Kill the birds, kill the cattle, kill the people, here comes the Bird Flu Bullshit.🐔🐂💩 (bitchute.com)