1994年の人口削減計画
1994年人口減少計画

The DEPOPULATION PLAN of 1994 (bitchute.com)

1994年の人口削減計画(持続可能な開発とは人口削減のことです。 それはアジェンダ21です)

持続可能な開発とは人口削減のことです。それはアジェンダ21です。彼らは 「持続可能な開発」 という言葉を使います。それは地球上の全人類の管理です。地域レベルで運営されるグローバル・システムのことです。

人間の行動はすべて説明されなければなりません。気候変動がすべての背後にあります。 人種差別はこの一部です。人種と人種を対立させ、人々を分裂させ、人々の注意をそらし、敵がどちらか一方であると信じられるような側面を作り出すためなら何でもします。彼らは "管理 "を求めるような行動を起こすでしょう。


コミュニタリアン(共同体主義者)という言葉 - すべての人間は、一連の「コミュニティ基準」を守らなければなりません。デジタル・クリエイターに聞き覚えはありませんか?

私たちの代表者や上院議員がテーブルで議論し、法律について「投票」しているのを見ると、私たちは彼らが政策を決定していると解釈します。そうではありません。決定はすでになされています。彼らは駒として使われているだけで、その多くは何もわかっていないのかもしれません。すべては大衆向けのショーなのです。

計画は国連によって実行されています。ナショナリズムに始まり、インターナショナリズム、そしてグローバリズム。国などどうでもいいという考え方です。この計画は「再定住計画」であり、人々は都市に移動します。2050年までに、すべての人が「スマート・シティ」に住むことを望んでいます。彼らはもっと早くそうしたいと考えています。

ロックフェラー財団とローマクラブは、この計画の2大主要組織です。COVID-19はこの計画の一部であり、戻ることのできない分岐点でした。この計画はもう後戻りできません。最初の悪行はすでに行われました。人類に対する戦争が始まっているのです。

多くの人はアジェンダ21を読んで、「ああ、これは良さそうだ、全人類のためだ、共通の利益のためだ」と思うかもしれません。

そうではありません。

アジェンダ21は、次から次へと違法な規制を設け、大衆を窒息させようとするものです。Co2の排出量の採点が行われるようになり、電気自動車が必要になり、税金が増税され、住宅ローンがなくてもほとんどの人が払えなくなり、インフレや市場の暴落、サイコパス、偽旗事件、「自然」のように見える出来事が経済崩壊の引き金となり、「グレート・リセット」が非常に必要であるかのように見えるでしょう。それが明らかな「解決策」に見えるでしょう。

操り人形であり、計画を知っている指導者たち、そして彼らが「役に立つバカ」と呼ぶ人々がいます。税金を払っているのだから、役に立つバカです。自分たちの税金はエリート・グローバリストの懐に入り、自分たちを破滅させる資金になっていることを知らないのです。

このシステムの全体的な考え方は、すべてが民主主義として運営されていると国民に信じさせることです。しかしそうではありません。多数派が自分たちの提案に賛成しているように見せかけるわけです。それは嘘です。まるで 「擬似的な同調圧力」です。

環境主義が新システムの推進力となるでしょう。SDGsの訓練を受けた地元の人々が、提案された法案、規制、義務、法律が地元にとって最善のものであると他の人々を説得するためにあらゆることをするでしょう。

これは少なくとも70年代から計画されていたことです。

私たちは、あらゆるものに浸透するシステムについて話しています。

絶対的な主目的は、国民に自分たちのジェノサイドに進んで参加するよう説得することです。彼らは、数千万人が公然と殺害されるボリシェヴィキのような革命は望んでいません。彼らが望んでいるのは、殺人のように見えない「ソフトな殺し方」なのです。そうすれば、私たちを助けているように見えるでしょう。

過疎化計画 (spreaker.com)


カレルギ計画(1925年)と移住に関する国連グローバル・コンパクト


BitChute

カレルギー計画、完全ドキュメンタリー
https://www.bitchute.com/video/OAJBeDxx8Zlr/

これらの「移民」は「紛争から逃れてきた」わけではなく、国家を征服するためのより大きなアジェンダの一部です
 https://www.bitchute.com/video/ErroQ8vuTCpA/

※要するに日本人を追いやって、中国人やクルド人などと入れ替えるワケですか...

資料:
リチャード・クーデンホーフ・カレルギーの実践的理想主義[PDF V.1] 
https://gateway.ipfs.io/ipfs/bafykbzaceauea3bifz3wrf4y34tfr5xi7pqnpmzcg5nmqu4aa5c2acvagavpi?filename=Richard%20Coudenhove-Kalergi%20-%20Practical%20Idealism.pdf
[PDF V.2] 
Practical Idealism by Richard Coudenhove-Kalergi (z-lib.org).pdf (archive.org)

クーデンホーフ・カレルギーは欧州統合のパイオニア的存在です。 彼は49年間にわたって欧州連合を設立し、会長を務めました。彼の両親は、オーストリア・ハンガリーの外交官ハインリッヒ・フォン・クーデンホーフ・カレルギーと、東京の油商、骨董商、大地主の娘青山光子です。

彼の『汎ヨーロッパ』は1923年に出版され、汎ヨーロッパ運動の会員名簿が掲載されていました。クーデンホーフ・カレルギーは1926年にウィーンで第1回大会を開催。1927年、フランスのアリスティッド・ブリアン首相が名誉会長に選出されました。参加した著名人は以下の通り: アルベルト・アインシュタイン、トーマス・マン、ジークムント・フロイト。コンラート・アデナウアーなど、後にEU創設の中心となる人物もメンバーに名を連ねています。

彼の基本的な考え方は、民主主義は過渡的な段階であり、ユダヤ人の「支配者民族」(カレルギー用語)による新しい貴族の支配につながるというものでした。彼の運動はヒトラーに酷評され、ヒトラーの反応は『我が闘争』におけるユダヤ人と国際主義者に対する毒に見て取ることができます。「実践的理想主義」が極端な反ユダヤ主義を引き起こし、ナチスの焚書の格好の標的となったのは確かでしょう。多くの点で、ナチズムの権威主義的アンチテーゼとして、「実践的理想主義」は1920年代のヨーロッパ政治のジグソーパズルの欠けている部分です(『ヨーロッパ内戦』参照)。しかし、1930年代の政治においてクーデンホーフ・カレルギーはこのような役割を果たしたにもかかわらず、今日、EUでは建国の父として非常に尊敬されており、彼の名を冠したヨーロッパ賞が授与されています。

クーデンホーフ・カレルギーは、1950年にシャルルマーニュ賞を初めて受賞しました。1972年から1973年にかけての欧州大学の学年度は、クーデンホーフ・カレルギーにちなんで命名されました。クーデンホーフ・カレルギーは、ベートーヴェンの「歓喜の歌」をヨーロッパ国歌の楽曲として提案した。また、ヨーロッパ・デーとヨーロッパ切手の発行も提案しました。

クーデンホーフ・カレルギー哲学を味わっていただくために、『実践理想論』の冒頭部分のみを翻訳しました。

ド・ゴール将軍を鼓舞し、EUの基礎を築いた「偉大な著作」

以下、長すぎるので省略...