当時の特許、ロボット馬車
スクリーンショット (723)
スクリーンショット (724)
スクリーンショット (725)
旧世界の乗り物


BitChute
当時、すでにプロペラ機ではない
スクリーンショット (726)

1920年頃まで使用されていた:空気から電気を吸い上げるフリーエネルギー装置



https://t.me/thefinalwakeupcallchannel
タルタリア人とは誰だったのか?

過去は未来を語る

多くの人は自分が目覚めていると思っています。悲しいことに、彼らは本当に目覚めているわけではありません!彼らは変化を求めて未来を待ち望んでいますが、その未来は過去にあります。

その先に何があるのかを教えてくれるのは、真実の歴史です。そしてこれこそが、5次元の世界で前進するために私たちが知る必要のあることです。

ネガティブな陰謀団の変化の多くは、わずか80年前のものです。驚きと不信は、事実を知ることに道を譲らなければなりません。

私たちの世界は幻想として、幻想は現実として私たちに提示されます。この世界は本当の姿ではありません。私たちが知っていることはすべて、アルゴリズムに従ってプログラムされた人工知能コンピューターによって書かれた、偽物、インチキ、虚偽なのです。

タルタリア人に関する我々のFWCシリーズの記事は、今、意図的に隠された真実の画像を含む90分の明晰なビデオによって補完された真実の物語を伝えています。千年以上前に建てられた荘厳な建物の壮大な外観を見て、今日の新しい建物の醜く、安っぽく、簡素で不十分な構造と比べてみてください!彼らのジオポリマーコンクリートは永遠であり、時とともに強くなっていきます。

時間をかけて、今の私たちよりも何倍も賢かった最近の先祖に注目してください。

歴史から抹消された世界最高の文明

偉大なるタタール帝国は、高度な技術と知識を備えた発展した大国でした。宝石、金、銀などの天然資源が豊富で、紙幣、絹、紙、火薬などの工業生産が確立されており、主に鉱業に使用されていました。

その発展により、この勢力は世界の他の国々の手の届かないところにまで及びました。例えば、マルコ・ポーロは、商人たちが金や 銀のディルハムと紙幣を交換する両替所について記述しています。彼らは早くも13世紀には紙を使用していました!

グレート・タルタリーの滅亡は、自然と魔術・技術の複合的な大災害と、核兵器や熱核兵器に類似した高エネルギー兵器の使用によって始まりました。

なぜWEFにギョベクリ・テペに対する独占的権利を与えたのか?
2024/06/11に公開

今日、偉大なるタルタリーとして知られる高度な文明は、1世紀も前に歴史の教科書から姿を消しました。その遺跡は今でもいたるところで見ることができます。この文明は現代よりも進んだテクノロジーを習得していました。

彼らのジオポリマー・コンクリートは永遠であり、時間とともに強くなっていきました。巨大な鉄とガラスの建造物は、ドームと金属の針で覆われ、すべての大陸で発見されました。

水銀と組み合わせることで、大気中のエネルギーをすべての人に無料で配布しました。そのタワーとステーションは今日でも使われています。残念なことに、エーテルからのフリーエネルギーの技術は破壊され、「幽閉」され、エネルギーを分配して多額の利益を得るためのケーブルや電線といった古い技術が再び導入されました。

18世紀から19世紀にかけて、偉大なるタルタリーの遺産を最終的に破壊し、略奪する目的で、アングロサクソン率いる西ヨーロッパ人によって画策された何百もの戦い、革命、戦争が繰り広げられました。

スクリーンショット (544)
スクリーンショット (528)

この帝国はその後、新しい地図や文献、そして人間の記憶からさえも意図的かつ注意深く抹消されました。その代わりに、専制的で偏狭なモンゴル人、すなわち黄金種族に関する無数の神話が作られました。

しかし、何事にも時があり、タルタリーの天罰と忘却の時は終わりを告げ、まったく新しい形で華々しく生まれ変わる時が到来しています。私たちはこの偉大なルネッサンス期に参加できることを光栄に思います。

公式の歴史には、19世紀末には存在していた世界的な大国が隠されています。タルタリーは独自の国旗を持ち、独自の政府を持ち、地図上に独自の位置を占める国でした。その領土は、今日私たちが知っている近代世界のほとんどをカバーしていたにもかかわらず、どういうわけかロシアと他のいくつかの国に静かに吸収されました。

18世紀のある時点で、モスクワのタルタリーは800万平方キロメートルを超える世界最大の国でした!タルタリーは1つの郡だったようですが、その後「小タルタリー」、「東タルタリー」、「ロシア・タルタリー/モスクワ・タルタリー」、「中国タルタリー」、「モンゴル・タルタリー」などの地域に分裂しました。

ウェブスターの1979年の辞書によると、タルタロスという言葉を受け入れなければ、 タルタリーやタルタリアという場所は存在しません。

ウェブスターは、タルタルソースが存在することを認めざるを得ず、またタルタルという単語を「タルタリアの原住民または住民」と定義していますが、その後に「気性が荒い、または乱暴な人」と付け加えており、これは別の定義として予想外に手強いことが分かります。

虫歯の原因となる歯石に関しては、すべての歴史から歯石を取り除こうとする意図的なものがあったことが明らかになりました。ギリシャ神話では、タルタロスは邪悪な者を苦しめ、苦しみを与える牢獄として、また巨人の牢獄として使われる深い淵のことです。

 巨人はタルタルの領土全体に存在することが知られていました。タルタリア人は「ブレスタリアン」であったと考えられており、食物や水からのカロリーの消化や燃焼に頼らず、植物が食物からエネルギーを得るように、エーテルから直接エネルギーを得る存在だと考えられていました。

エーテルは時空連続体の構造であると考えられており、電子、風、聖霊、大気、酸素、窒素、水素などの大気中の気体を連想する人もいるようです。

タルタリア人は私たちとはまったく異なる消化器官を持っていた可能性があるため、バスルームにトイレは必要ありませんでした。下水道や廃棄物処理場も見つかっていません。彼らは老廃物が出ないほど効率的な体を作ることができたのでしょうか?

タルタリア人は、石積み、レンガ積み、蒸気技術、普遍的なフリーエネルギー、そして壮大な建築の達人でした。彼らのローマ様式や ゴシック様式の建築は、今日でも水路、市庁舎、銀行、給水所、大聖堂、教会、病院などの公共建築や市民会館として見ることができます。彼らの建物は構造的に健全で、その多くは今日でも素晴らしい状態を保っています。また、多くの城には庭園がなく、農地へのアクセスもほとんどなかったため、食料をどこで栽培していたの か?という疑問もあります。

タルタリア(原語では「タターリア」と発音し、最初の「r」は発音しません)は、北アジアに起源を持ち、その後北半球全域に広がったモンゴル以前の帝国の名前です。

グレート・タルタリアは当時最大の帝国であり、現在でも最大の帝国であり続けるでしょう。冥界のタルタロスで永遠に過ごす失われた魂という表現は、タルタリア帝国が1582年に太陰暦を廃止し、ローマ・カトリックの太陽グレゴリオ暦に置き換えるとともに、その歴史を葬り去るために、液状化現象、泥の洪水、地震、火山、指向性エネルギー装置(DEW)を使った気象操作の間に埋没し、一掃されたことによるものです。

タルタリア人の世界は、文字通り私たちの世界の下にある世界です。タルタリア人(またはタルタル人)は、おそらくノアの息子たちによって築かれた先住民族で、世界的に有名なタルタル帝国を構成していました。タルタール人は背が高く、平均身長は約2.40~3.60メートルでした。
1900年代初頭に数千体の巨大人骨を破壊していた : メモ・独り言のblog

現代の平均身長約1.80メートルと比べれば巨人と見なされていたでしょうが、当時の平均体長は3.00メートルでした。彼ら以前の文明の平均身長が12フィート(3.60メートル)以上であったのと同じように。これらの長さは、大洪水の後、新しい占星術の時代が始まるたびに減少していきました。

スクリーンショット (730)
巨人が使用していたタイプライター

高さは、大洪水のたびに、そして新しい占星術の時代に入るたびに減少します。モスクワ・タルタリーは19世紀半ばにロマノフ家によって征服されました。独立したタルタリーの首都サマルカンドは、1868年にロマノフ軍によって征服されました。

18世紀の地図によると、モスクワ・タルタリーの国境はモスクワのすぐ近くにありました。この危険な近さはロマノフ家を悩ませました。ピョートル大帝がサンクトペテルブルクの首都をフィンランド湾の湿地帯に移す決断をしたのも、それが理由だったのかもしれません。ここに新世界秩序の新首都、サンクトペテルブルクが建設されました。

この場所はロマノフ家には好都合でした。この首都は、「大種族」として知られるホルディアン・タルタルから遠く離れていました......後に「買いだめ」という言葉が使われますが、これは必要以上のものを取ることを意味し、「奪った以上のものを返せばいい」というタルタルのマントラに完全に反していました。シベリア・アメリカ軍に侵略された場合、モスクワから西に逃げるよりもサンクトペテルブルクから西に逃げる方が簡単です。



「プガチョフ」を打ち負かした後、ロマノフ家は囚人たちをさらに寒いシベリアに追放する機会を得ました。さらに極東、太平洋岸、サハリン島へ。

モスクワ・タルタリーは、ウラル山脈、シベリア、中央アジア、極東、アラスカ、北アメリカをカバーしていました。モスクワ・タルタリーとロマノフ・ロシア(当初は小国)の対立は、18世紀後半、「プガチョフ」に対する有名な「農民」戦争で終結しました。

ロマノフ朝はトルコと個別に和平を結び、グレート・タタール人を倒すことに成功しました。北アメリカ大陸の大西洋岸に定住していたヨーロッパ人移民が、西へ西へと大陸の内陸部へと進出したのは、この後のことでした。

何十年もの間、彼らはモスクワの 北アメリカ領土を占領し、モスクワ・タルタリアには何の政府権限もないままでした。今日、ハリウッド映画では、「とても高貴な」白人開拓者と「とても悪い」インディアンについて、美しくも不正確に語られています。実際には、アメリカ先住民はタルタルのモンゴル人の子孫でした!

ウィキより:プガチョフの乱は、1773-75年の農民戦争またはコサックの乱とも呼ばれ、1762年にエカテリーナ2世が権力を掌握した後、ロシア帝国で起こった一連の民衆蜂起の中で最も重要なものでした。

今日知られている「プガチョフ」との戦いの物語は、勝者であるロマノフ家の純粋な創作です。「プガチョフの乱」は、ロマノフ朝ロシアとシベリア・アメリカ・ロシアとの間の残忍な戦争でした。この王国は旧ロシア・ホルデの慣習を維持し、トボリスクを首都とする独自の皇帝を擁していました。

シベリア皇帝はロマノフ家をロシア西部の非合法な支配者とみなし、敵対していました。ロマノフ家は何としてもシベリアの自治領を欲しがっていました。ロシア国民全体が自分たちを支持していないこと、多くの人々がロマノフ家のサンクトペテルブルクよりもトボリスクの政権を好んでいることをよく知っていたのです。そこでロマノフ家は、シベリアの隣国の存在そのものを国家機密としました。

 この秘密を守るために、悪名高い秘密警察が創設され、その死刑執行人は「知りすぎた」人々を拷問し、絞首刑にしました。その結果、「プガチョフ」の敗北直後の1776年5月1日、フリーメーソンのアダム・ヴァイスハウプトが領有権を確立したアメリカ合衆国が誕生しました。

ロマノフ家は歴史を貪欲に書き換え、ロシア、ウラル、シベリア、極東を含むモスクワ・タルタリーの広大な領土を切り刻むことに着手しました。アメリカでは、アラスカ。ワシントンとオレゴンは1819年にロマノフ家に割譲され、北アメリカの残りの地域はアメリカに割譲されました。

今日に至るまで、アメリカの先住民であるロシア系住民は、自分たちの言語と過去を忘れるよう執拗に強いられています。

タルタリアの黄金時代
タルタリアは1940年代まで数千年間存在していました。タルタリアスの歴史の大半は光の時代でした。

今日に至るまで、地球の歴史におけるタルタリア文明の時代は、図書館のアーカイブでこの主題に関する文献が破壊されているため、不明です。隠れた支配者たちは、この遥かに優れた文明について人類に知られたくなかったのです。これが第二次世界大戦の理由でもあり、彼らの素晴らしい建築を可能な限り破壊するためでした。

必見の動画:

ジブラルタル

第二次世界大戦は、アーリア・タルタル文明を最終的に破壊し、新たな世界大国を完全に樹立するための隠れ蓑にすぎませんでした。

もし大洪水が150年前に起こり、過去の世界が文化的にも技術的にも現在よりはるかに進んでいたとしたらどうでしょうか?未知の寄生生物が大洪水を引き起こし、その結果生じた混乱を利用して権力を掌握したのだとしたら。どうやら1865年から1876年にかけて、私たちの古代文明は高さ1,000フィート(300メートル)を超える波によって破壊され、地球の大部分を横切ってオーストラリアの住民を洗い流し、広大な地域の人口を削減したようです。現在、多くの場所で建物の1階部分が数メートルの砂や泥に埋もれており、世界中の都市でその名残を見ることができます。

https://finalwakeupcall.info/en/2024/06/06/who-were-the-tatars/