HERE WE GO!! ハリウッドが偽の月面着陸を映画化 - 『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』

BitChute

『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』2024年夏公開予定


偽の月面着陸については、1978年にすでに映画化されています。こちらでご覧いただけます:

『カプリコーン・ワン』-月面着陸のデマを皆に知らしめた1978年の映画

Capricorn One - The 1978 Movie that showed the moon landing hoax to everyone. (bitchute.com)

説明文:
『カプリコーン・ワン』は火星着陸デマを題材にした政府の陰謀スリラー映画。これは60年代と70年代の月面着陸で彼らがやったことであり、今日で言うところの予測番組です。地元のニュースや新聞は嘘で、真実は映画やアニメの中にあります。悪魔とはすべて逆さまであり、逆であることを忘れないでください。反対が常に真実なのです。



NASA(Not A Space Agency)を例にとってみましょう。ヘブライ語でNASAは "欺く "という意味です。NASAが巨大な詐欺であるという証拠は、今や圧倒的です。NASAは殺人と賄賂に支えられた年間260億ドルの詐欺です。以下はその例です: 最初の写真では、酸素マスクなしで月面にいる宇宙飛行士を見ることができます。

アポロ11号の撮影映像 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

これはNASAがブルガリアの風景を撮影し、赤く染めて火星と名付けた写真です

photo_2024-04-22_19-48-27


1976年の映画『カプリコン・ワン』は、月旅行の不正を暴き、"有人月旅行 "の終焉に導いた宇宙飛行士の実話


火星着陸ミッションが政府の陰謀の中心となる、手に汗握るSFスリラー「カプリコーン・ワン」(1976年)をご体験ください。宇宙飛行士たちが真実を暴き、危険から逃れるため、時間との戦いに挑みます。