無重力の説明...


このビデオでは、磁石とテスラコイルを使って空中に浮く方法を明確に示しています。

つまり、宇宙飛行はすべて演劇であり、宇宙飛行士はこの男と同じトリックを演じる良い役者であるということです。

そして、このような欺瞞に宇宙的な金額が投資される限り、この劇場はずっと続くでしょう...

南極大陸は私たちが聞かされていたものとは違います


地球の果てに住む南極探検家は、自分の目ですべてを見ただけでなく、ドームの支柱やその他の奇妙なことを密かに撮影することに成功しました。

私は2002年の第47次南極観測隊に参加しました。
陸路で向かう調査団に加わっていたとき、彼らの車の運転手が病気になり、旅に出る前に運転手を交代させたのですが、調査団の団長から指示されました。そして秘密保持契約書にサインするよう強要され、何もかも忘れろと言われました。

私は地球が球体だと学校で教わりました。地球はフライパンのように平らで、私たちはその端にいて、すべてが球状のドームで覆われています。 そこでは写真を撮ったり、ビデオを撮ったりすることも禁止されていました 。

私たちは6日間南へ車を走らせ、凍結していない水が流れる広い川にたどり着きました。

団長は「放射能がある」と言って水に触れることを禁じましたが、川の向こう側にあったものは鳥肌が立つようなものでした。

高さ2キロの巨大な金属製の支柱があり、リーダーが言うには、このような支柱は地球の周囲53キロごとに設置され、ドームを支えているんだと言っていました。 

どんなドームかと言えば、よく見ると、確かに空がガラスか青いプラスチックのように見え、時折火の玉がドームの表面を急上昇しながら飛んでいきます。 

私はトイレに行くふりをして、流氷の裏に滑り込みました。 

私は隠していた古い携帯電話で撮影を始めました。 

しかし、その携帯電話は古く、カメラの性能も悪かったので、このような写真になってしまいました。
スクリーンショット (590)

懐疑的な人たちは、おそらくコメントを書くのが待ちきれないでしょう。

ああ、それは偽物で、古い携帯電話で、ひどいカメラですが、1つの証拠があります。

私も同じことを思いました 、次のビデオに出くわさなければ。

このビデオは同じアングルから撮影されました 。同じ川から撮影したものですが、携帯電話ではありませんし、2002年のものでもありません。

2017年に撮影されたもので、画質は素晴らしい 

スクリーンショット (591)

異なるソースからの2つのビデオ 

もちろん、彼らは皆、空想することができますが、最も不思議なことは、彼らが皆、同じような空想をしていることです。

※こんな話は初耳ですが、さらにまったく別のソースから出てこない限り、信じられませんな...


当時のナチス第四帝国?オリオングループ?
スクリーンショット (587)

08
033
279
379
rhsl53


バード提督の探検の古い映像 😮 南極大陸のさらに向こうの隠された土地



スクリーンショット (589)
月は3つありますか?


#latetotheparty #eclipse #clouds #solar (youtube.com)

地球は平らである by 『フィラデルフィア・インクワイアラー』紙1964年2月17日号