THE END OF HUMANITY - As Planned By The Global Leaders (rumble.com)
人類の終焉 – グローバルリーダーたちの計画通り
2024年4月23日世界経済フォーラムが大々的に推進している、人類をロボット、サイボーグ、AIに置き換えるという公式のアジェンダがあることをご存知ですか?彼らの計画は、人類の時代を終わらせ、人間と機械が混在し、私たちの思考や感情がAIによって監視されるネオ・ヒューマニティの新時代を到来させるというものです。

「それは、あなた自身とあなたの子供たちが望む世界ですか?」と私たちに問いかけるストップ・ワールド・コントロールは、この極悪非道な計画を阻止し、人類を根絶やしにし、この極端な奴隷制度から救うために、人類への警告となることを意図して、短編映画「人類の終焉(THE END OF HUMANITY)」を公開しました。

「地球を救う」ために人類を滅ぼす

ロボットが世界を征服し、人類を根絶するというSF映画を見たことがある人は多いことでしょう。しかし、これこそがグローバルリーダーたちによって準備されていることだということを、私たちはほとんど知りません。彼らが世界中で推進し、開発し、資金を提供し、呼びかけていることなのです。

グローバリストたちは、これが地球を完全崩壊から救う唯一の方法であるとさえ主張しています。人間の時代から抜け出し、NEO-HUMANITYの時代に入らなければ、世界は破滅するのだと。彼らの主張のひとつは、気候変動の原因は人間にあり、「地球を救う」ためには人工的な代替物に置き換えなければならないというものです。

この世界的な改革は「第4次産業革命」と呼ばれ、地球上のあらゆる生活の側面を完全にデジタル化することを目的としています。

私たちの映画『THE END OF HUMANITY(人類の終焉)』は、この世界的権力者が、世界の有力組織から大規模な支援を受けながら強力に推進しているアジェンダを暴露するものです。

これは単なる映画ではありません。これが現実です。

世界経済フォーラムの創設者で会長のクラウス・シュワブは、最近ドバイで開催された世界統一政府サミットで次のように述べました:

「未来はすでにここにあります。それは津波のようにやってきます!この第4次産業革命は、私たちの行動すべてを変えるだけでなく、私たちが何者であるかにまで影響を及ぼすでしょう。」

人間の人格をロボットのキャリアに移植し、人間に人工的な不死を与えるための大規模な開発が進行中です。これはエリートたちの究極の夢、不老不死になることです。

ロボットはすでに世界のいくつかの地域で、看護師、ソーシャルワーカー、心理アシスタント、医師、レジ係、コック、法執行機関などに取って代わりつつあります。最初のコンピューターチップはすでに人間に埋め込まれています。人間と機械の融合は現実のものとなり、AIは世界を席巻し、何百万もの人間の仕事を奪っています。

特に恐ろしいのは、人間的な触れ合いや真の理解、感情的なサポートが必要とされる繊細な仕事が、ロボットに取って代わられようとしていることです。病院や老人ホームでロボットに世話されることを想像できますか?まさにそれが起こっていることです。とても貴重で、美しく、深い人間的体験を取り除き、それを感情のないロボットの代用品に置き換えることです。

すべての人に思考や感情を挿入します

同時に、世界中のあらゆる国に、すべての人の考え、感情、夢を記録し続けるテクノロジーが導入されようとしています。これらのテクノロジーは、国民に思考や感情を挿入する能力さえ持っています。これは陰謀論ではなく、チリのセバスチャン・ピネラ前大統領や、世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーであるデンマークのアイダ・オーケン前環境大臣が公言していることです。

ヨーロッパでは、公共の "School TV "が、脳にチップを搭載することがいかに 「クール」であるかを子供たちに伝えています。

グーグルは、人間がいかにコンピューターと一体化するかを宣言するシンポジウムを開催し、ノキアのCEOは、数年後には誰もがスマートフォンを体内に備えるようになるだろうと述べています。つまり、私たちの生活の細部まで常に監視されるようになるということです。一方、世界経済フォーラムでは「脳の透明性」に関する会議が開催され、私たちの最も親密な個人データがすべてクラウドに保存され、ビッグテックによって管理されるようになることが議論されています。

これらはすべて、2030年までに誰もプライバシーを持てなくなるというWEFの発表と一致しています。クラウス・シュワブは、私たちは「完全な透明性」の社会に慣れなければならず、そこでは私たちが考え、感じ、夢見ることすべてが監視されるだろうと述べています。

映画『人類の終焉』は、この邪悪な計画を阻止し、人類を根絶やしにすること、そしてこの極端な奴隷制度から救うことを目的とした、人類への警告です。


The End of Humanity as Planned by The Global Leaders by David Sorensen (bitchute.com)
人類をロボット、サイボーグ、AIに置き換えるという公式のアジェンダがあることをご存知ですか?このアジェンダは世界経済フォーラムが大々的に推進しています。彼らの計画は、人類の時代を終わらせ、人と機械が混在するネオ・ヒューマニティの新時代を到来させるというものです。また、気候変動と闘うために、私たちの思考や感情がAIによって監視されるようになるとも述べています。それが、あなた自身とあなたの子供たちのために望む世界ですか?