「ホールセール中央銀行デジタル通貨(wCBDC)
による金融市場の近代化
スクリーンショット (608)
WEF_Modernizing_Financial_Markets_with_Wholesale_Central_Bank_Digital_Currency_2024.pdf (weforum.org)
グローバルwCBDCの取り組み
※日本の地図の場所の説明:
プロジェクト ステラ|2016-2020 日本銀行, 欧州中央銀行※中国:プロジェクトmBridge|2021年~現在(まだ完了していない模様)
プロジェクトCBDCPh|2022年 フィリピン共和国
※それぞれの国にプロジェクト名がついている


世界の中央銀行の「98%以上」がプログラム可能で追跡可能な「デジタル・キャッシュ」の新システムを準備中、2030年までに24カ国が「ライブCBDC」を導入へ
今日に至るまで、主要企業メディアによる報道はほとんど皆無に等しく、その大半はいまだに完全デジタル化された通貨システムを「陰謀論」と呼んでいるにもかかわらず、これらすべてが実現します

現金貨幣の時代は終わりに近づいており、それとともにプライバシーも終わりを迎えます。

世界経済フォーラムは、新しい報告書の中で、世界の中央銀行の98%が、グローバリストが長年待ち望んでいたキャッシュレス社会の夢を実現することに合意したと主張しています。

米連邦準備制度理事会(FRB)などのほとんどの中央銀行は、億万長者の銀行家が個人的に所有する準政府機関です。

そしてWEFは、紙の不換紙幣をなくすために何年も準備してきたグローバリストのエリートたちの計画を明らかにした最初のものではありません。しかし、この最新の報告書は、壮大な計画が実現に近づいていることを示しています。おそらく、「デジタル・キャッシュ」に切り替える前に、引き金となる出来事(ある種のブラック・スワン的な偽旗イベント)を待ち構えているだけなのでしょう。

Slay Newsが最初に報じたように最新の事実は WEFの83ページに及ぶ白書で明らかにされ、世界各国が伝統的な貨幣の代わりに中央銀行のデジタル通貨、CBDCを採用する準備が間もなく整うと宣言しています。

WEFは、「ホールセール中央銀行デジタル通貨による金融市場の近代化」と題した報告書で、CBCDが他のあらゆる形態の貨幣に取って代わり、単一のグローバルなデジタル通貨システムとして機能すると主張しています。

この報告書では、「世界経済の98%以上の中央銀行が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の能力を近代化し、中央銀行マネー(CeBM)へのアクセスを改善する方法を決定するために、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究、実験、試験運用、または配備を行っている」と述べています...このような背景と、2030年までに24のライブCBDCが存在する可能性があるという最近の調査により、次世代のホールセール金融市場におけるCeBMとホールセールCBDCの役割を明確にすることの重要性が強調されています。

オイルダラーが崩壊すれば、それにペッグされているすべての紙幣がドミノ倒しのように倒れるのは理にかなっています。
.
この崩壊はすでに事前に設計されています。唯一の問題は、このまま徐々に崩壊が進むのか、それとも破滅的なサイバー攻撃やその他の「ブラック・スワン」的な出来事をきっかけに突然崩壊するのか、ということです。WEFの創設者であり理事でもあるクラウス・シュワブは、すべての、あるいはほぼすべての通信、輸送、金融取引が長期にわたって停止する壊滅的なサイバー攻撃を予測しています。
※エリートの地下バンカー建築ラッシュや、大勢の人が餓死する為、2年間の備蓄が必要だと言ってたのはこれが理由ですか??

5年前にもチャールズ・シュワブのCEO(クラウスとは無関係)からこんな警告があった。
金融システムへのサイバー攻撃が次の危機の引き金になる可能性、チャールズ・シュワブのストラテジストが指摘
.
不換紙幣の終焉は長年にわたって示唆されてきましたが、おそらく最も明確な兆候は、2022年3月に経済学者のピッパ・マルムグレン博士が世界政府サミットで演説し、次のように述べたことでしょう。
スクリーンショット (954)

「大胆に言いますが、私たちは伝統的なお金と会計のシステムを放棄し、新しいシステムを導入しようとしています。その新しい会計とは、私たちがブロックチェーンと呼んでいるものです。これはデジタルという意味です。つまり、経済で起こる取引の一つひとつをほぼ完全に記録することで、何が起こっているのかをより明確に把握することができるようになります。」
666がやって来る! : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

デジタル・キャッシュは現金ではありません。デジタルキャッシュはデジタルであるだけでなく、プログラム可能です。つまり、あなたのコントロールの及ばない誰かが、キャッシュのオンとオフを切り替えたり、特定の店舗や特定の商品やサービスにのみ適用され、他には適用されないようにプログラムしたりすることができます。

WEFの報告書は次のように述べています。

「CeBMは、代替決済手段の出現にもかかわらず、システム的に重要な取引に最適です。卸売中央銀行デジタル通貨(wCBDC)はCeBMの一形態であり、現在では不可能な新たな経済モデルや統合ポイントを解き放つ可能性がある」と述べています。

この報告書では、国境を越えた取引を合理化するという主張に焦点が当てられていますが、それ以上のものです。

世界経済フォーラム(WEF)によると、中央銀行は様々な機関によって様々な理由で利用されるよう特別に設計された、様々な形態の CBDC を展開する準備を進めています。

ホールセール CBDC は銀行、政府、多国籍企業によって利用されます。リテール CBDC は一般消費者向けです。

また、WEFの報告書は、この新しいデジタル・システムへの転換は、ウォール街のエリートたちにさらに数十億の利益をもたらすことを意図した計画で、すべての物理的資産が最終的に「トークン化」されることを意味するという、私たちがすでに知っていたことを裏付けています。

「資産のトークン化とは、不動産、株式、デジタルアート、知的財産、さらには現金などの原資産を表すデジタルトークンを作成することです。」

「トークン化はブロックチェーンの重要なユースケースであり、2030年までにDLTa上でトークン化された証券が4~5兆ドルに達するという試算もあります。」

楽しそうじゃないですか?

そして、私たちの愛する政治家たちが、これらの怪物から私たちを守ってくれると確信していますよね?

愛する人たちにしっかりつかまっていてください。祈ってください。それが、唯一の救いです。物理的な準備は望ましいですが、これから起こることは精神的、霊的な強さを必要とします。主イエス・キリストだけが救いです。

出典:leohohmann.com
 

WEFは、2024年に「壊滅的な」サイバー事件が起こる可能性が高いと警告 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

銀行の破綻は人々にCBDCの受け入れを余儀なくさせます : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)