クリス・カーター監督は90年代に鳥インフルエンザをこのように語っています。ランス・ヘンリクソン主演の「ミレニアム」というテレビ番組から。

※↑いくらなんでも速攻すぎるだろ....あっと言う間に死んでいく家族.....

テキサス州で猫を殺している鳥インフルエンザの株は、「脳出血」と「失明」を引き起こしています

2024年4月30日 マイケル・スナイダー

これからお話しする内容は、非常に憂慮すべきものです。コーネル大学獣医学部によると多少の違いはあるにせよ、「ネコの肺は人間の肺と同じような構造をしており、同じように動き、同じような役割を果たしている」とのことです。 ですから、テキサス州でH5N1が20匹以上の猫の 『肺、脳、心臓、目』 に感染したという事実は、まったく良い兆候ではありません。 CDCによれば、テキサス州のある農場でH5N1に感染した猫の一部は明してしまいました.....

約 2 ダースの農場の猫が感染した牛のミルクを飲んだ後に H5N1 型鳥インフルエンザに感染し、何匹かが失明し、半数以上が死亡しました。

米国疾病予防管理センター(CDC)は今週、テキサス州の農場で少なくとも24匹の猫にうつ病の精神状態、体の硬直、協調運動の喪失、失明、旋回、目や鼻からの過剰な粘液が見られたことを発表しました。

死亡した猫の剖検の結果、発病後わずか2日で死亡した猫もおり、肺、脳、心臓、目にウイルスが広がっていることが判明しました。

H5N1が失明の原因になるとは知りませんでした。

CDCはまた、鳥インフルエンザが一部の猫に「脳出血」を引き起こしたと言っています...

科学者たちは猫たちの頭蓋骨の後部に脳出血を発見しました。しかしそれ以外は普通だったようです。

検査の結果、猫の脳、肺、心臓には微細な病変があることが明らかになりました。

もしH5N1が猫に感染するなら、人間にも感染するのでしょうか?

数日前に投稿した記事で、2003年以降のH5N1によるヒト感染例の半数以上が死亡していることを指摘しました。

悲しいことに、テキサス州のある酪農場で感染した猫の半数以上が死んでしまいました...

この春、鳥インフルエンザの検査で初めて陽性反応が出たテキサス州の酪農場周辺の猫の半数以上が、感染した牛の生乳を飲んだ後に死亡したと科学者たちは今週報告し、このウイルスが畜産業界を通じて前例のない広がりを見せている際に、その被害を出したことを明らかにしました。

これは極めて致命的な病気です。

これらの猫は、生乳を飲んだことでH5N1に感染したようです。

科学者たちがその生乳を生産した牛を検査したところ、そのうちの何頭かに「乳腺に小さな病変がある」ことを発見しました...

ネコの死後、CDCは牛の検査も行い、不可解な症状を発見しました。

死亡した牛の中には、病気で倒れる前は正常な乳を出していた牛もいれば、乳腺に小さな病変があるという珍しい症状の牛もいました。

これは確かに非常に憂慮すべきことです。

また、科学者たちは、「感染した牛の乳房に含まれるH5N1の量が桁外れに多い」ことも発見しました。

呼吸器感染の寄与についてはまだ疑問が残りますが、多くの感染拡大が、牛を搾乳機に縛り付ける搾乳パーラーで起きていること、そして乳牛では H5N1 が主に乳腺に感染していることは間違いないようです。感染牛の乳房に含まれるウイルス量は桁外れに多く、1頭の感染がすぐに牛群の問題になることは容易に想像できます。

「オランダのロッテルダムにあるエラスムス医療センターのウイルス科学部門の病理学者であるティース・クイケンは、「このような牛が搾乳牛舎で搾乳された場合、搾乳に使われた乳頭カップに残った数滴のミルクが、次の牛の乳頭を汚染することは想像に難くありません。ですから、数日の間に、その牧場で搾乳されている牛の間でウイルスが急速に広がることは容易に想像できます」、と述べています。

この2つのパラグラフをもう一度読んでください。

これは、皆さんが食料品店で購入する牛乳がどこから来ているかということです。

FDAが最近検査した食料品店の牛乳のサンプルの約5分の1が陽性でしたが、FDAはまだ飲んでも安全であると主張しています...

先週、米国食品医薬品局(FDA)は、米国の小売業者から持ち込まれた牛乳の約5検体に1検体からH5N1陽性反応が出たと発表しましたが、これまでの研究では、低温殺菌が牛乳中のウイルスを死滅させ、無害な断片だけが残ったことを示しているとのことです。当局は何度もアメリカ人に生乳を飲まないよう呼びかけています。

良いニュースとしては、低温殺菌処理によって牛乳中の H5N1 は死滅するようです。

しかし今、乳牛が全米で感染しており、専門家は人間にとって非常に危険な病原菌が出現する可能性があると警告しています。

数のゲームです。 すべてのウイルスは日常的に変異を起こしますが、インフルエンザウイルスは特に変身が得意で、動物が複数のインフルエンザウイルスに感染した場合、遺伝物質の塊全体を他のインフルエンザウイルスと入れ替えることもあります。このような変異はランダムに起こるもので、ほとんどの場合、ウイルスが人間にとってより危険なものになることはありません。例えば、野生のキツネに感染したインフルエンザウイルスに、時折ヒトを脅かすような変異が起こったとしても、それがヒトの間でパンデミックを引き起こす危険性が特に高いわけではありません。何しろ、野生のキツネが人間と接触することはほとんどないためです。しかし、牛の体内で変異が起これば、ウイルスが新しい機能を効果的に働かせる機会がはるかに増えます。

酪農場で働く人たちは、乳房をチェックしたり、搾乳機のフックをかけたり外したり、牛の世話をしたりと、常に牛やその乳に触れています。そのため、牛に感染したウイルスと接触する機会が多いのです。もしこのウイルスが人に感染して死亡することのないものであったり、インフルエンザのように簡単に変異したり適応したりしないものであれば、おそらくそれほど心配する必要はないでしょうが、H5N1は動物の近くにいる人に感染しますし、1996年にこのウイルスが登場して以来、感染した900人以上のうち少なくとも半数が死亡しています。

H5N1が、近い将来、人間の間で容易に拡散するような形に変異しないことを祈りましょう。

もしそうなれば、これまでに経験したことのないようなパニックが起こるからです。

牛乳の検査が終わった今、米国当局は食料品店の牛肉の検査も始めています...

米国政府は、乳牛の鳥インフルエンザが発生している州の店舗で牛ひき肉のサンプル検査を開始すると発表しました。

連邦政府当局は、3 月下旬以降、 9 つの州で 34 頭の乳牛群、テキサス州で 1 人が H5N1 ウイルスの陽性反応を示したことから、牛肉と牛乳の安全性を確認するために調査を行っています。

これらの検査が完了すれば、牛肉の供給に関して良いニュースが聞けることを期待しています。

今のところ、米国農務省(USDA)は「消費者を保護するために複数の安全対策が講じられている」ことを保証しています...

USDAは月曜日の声明で、「厳格な食肉検査プロセス」と「消費者を保護するための複数の安全対策」を実施していると発表しました。

「消費者は生肉を適切に扱い、安全な内部温度で調理することをお勧めします」と当局は付け加えました。

もちろん政府関係者も、鳥インフルエンザは牛乳から排除されていると話していましたが、現在では食料品店の牛乳の約20%にH5N1の断片が含まれていることが分かっています。

非常に長い間、科学者たちはH5N1が世界的な危機を引き起こす可能性があると警告してきました。

私たちは間もなくその地点に到達するのでしょうか?

幸いなことに、H5N1に関する膨大な量の研究がすでに行われています。たとえば、研究者は、サンブコル大きな可能性を示していると語っています...
【楽天市場】sambucolの通販 (rakuten.co.jp)

マドレーヌ・ムムクオール博士は、エルサレムのヘブライ大学ハダサ医療センターで働き、研究を行っています。

ロンドン大学クイーン・メアリー・カレッジ傘下の英国有数の医学研究機関であるレトロスクリーン・ウイルス学は、サンブコルが鳥インフルエンザウイルスH5N1に対して少なくとも99%有効であり、細胞培養においてウイルスの感染力を有意に中和したと発表しました。

「サンブコルは大きな役割を担っていると思います。本当に命を救うことができます」とムムクオール博士はISRAEL21cに語った。

私は読者の皆さんに、私たちは大きな疫病が蔓延する時代に突入していることを何度も警告してきました。

H5N1は、そのような大きな疫病の1つになるのでしょうか?

私にはわかりません。

もしH5N1が人間の間で簡単に広がり始めたら、死者の数は壊滅的なものになる可能性がありますから、私たちはH5N1を注意深く見守る必要があると信じています。

The Strain Of The Bird Flu That Is Killing Cats In Texas Is Causing "Brain Hemorrhaging" And "Blindness" (endoftheamericandream.com)