004


南極大陸で氷の下に続く扉が発見される

BitChute

279
280
※この写真は2009年当時のORIONコンスピラシーより保存してました...

7年前の記事:Atlantis found beneath Antarctic? Giant structures found buried HALF A MILE under ice - Daily Star

南極の地下にアトランティスを発見?
氷の下1マイルに埋もれた巨大構造物が発見される

南極の氷の地下深くに埋もれた謎の巨大構造物が発見されました。
スクリーンショット (637)

凍てつくようなツンドラの地表から約半マイル下に凍りついた陸地が発見されました。

南極には失われたアトランティスの都市やエイリアンの基地があるかもしれない、というとんでもない主張の中で、陰謀論者たちは大騒ぎになるでしょう。

発見された建造物の中には、「エッフェル塔に匹敵する」ほど巨大なものもあります。

この発見を行った科学者たちは、この発見についてやや現実的な評価をしています。

この巨大な地層は、氷の下に凍ったトンネルや尾根だと考えられています。

これらの巣は、上の氷を安定させるための自然の造形物であると考えられています。

YouTubeで削除された海中の壁 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

科学者:専門家は、トンネルのネットワークは自然の形成物であると考えています (画像:UOB)

LOST CITY:古代文明が大陸でどのように見えるかについてのアーティストの見解 (画像:MOONXELS)

ベルギーのブリュッセル自由大学の研究チームは、この構造物が「南極氷床下の導水路と堆積物の隆起」の証拠であると発表しました。

この巨大な地層は「氷の底に深い切り込みを刻んでいます」。

科学者たちは、これらの構造を理解することが気候変動が与える影響を予測する助けになると考えています。

しかし専門家たちは、氷の塊に古代文明の遺跡が隠されていると主張する陰謀論者たちを黙らせることはできないでしょう。

オスマン・トルコの提督が描いた500年前の地図をもとに、南極大陸の地下に失われた都市が埋まっていると主張する学者もいます。

一方、UFOの内部告発者は、南極に隠されたエイリアンの基地を見たと主張しました。