https://report24.news/corona-wissenschaftler-wollten-menschen-reinfizieren-und-scheiterten/
コロナ:科学者たちは人々に再感染させようとしたが失敗した
シンボリックなイメージ:freepik @cookie_studio

コロナウイルスは感染力が強いと言われていたのを覚えていますか?最近の研究で、科学者たちは過去に陽性と判定されたボランティアのグループを意図的に感染させようとしましたが、見事に失敗しました。ウイルスを大量に投与しても効果はありませんでした。特に興味深いのは、オミクロンの「画期的な感染」の場合、ワクチン未接種者の防御効果が著しく高かったことです。

いわゆる「パンデミック」が去って久しいとはいえ、恐怖を煽り、規制と強制に満ちたこの不幸な時代の再評価はまだ続いています。この点で、『ランセット』に新たに掲載されたコロナウイルスの感染性に関する研究は非常に興味深いものです。ボランティアのグループに、時には極めて大量のSARS-CoV-2(古いウイルス株)を感染させようと試みましたが、うまくいきませんでした。

研究者らは、過去にRT-PCR検査でSARS-CoV-2陽性と判定された18歳から30歳の健康な英国人ボランティア36人(「ワクチン接種の有無」にかかわらず)に、高用量のコロナウイルスを投与しました。ウイルスは鼻腔内に投与されているため、自然感染と同じように振る舞うことができます。その後、データが改ざんできないように隔離されました。著者らは要旨で次のように書いています:

1×105 TCID50まで用量を増やしても、どのボランティアにも持続感染を誘発することはできませんでした。36人のボランティアのうち5人(14%)は、PCR陽性の綿棒の動態から一過性に感染したものと考えられました。この一過性感染ボランティアは、非感染ボランティアに比べて、ベースラインの粘膜および全身のSARS-CoV-2特異抗体価が有意に低かっただけでなく、CD8+ T細胞SARS-CoV-2ペプチドプールに対する末梢のIFNγ反応も有意に低かった。36人中14人(39%)のボランティアが、隔離解除後にオミクロン変種によるブレークスルー感染を発症しました。隔離されたボランティアによって報告された有害事象のほとんどは軽度で、疲労(16人[44%])と鼻づまり(16人[44%])が最も一般的でした。重篤な有害事象はありませんでした

研究著者らは、(実験用ワクチンだけでなく)以前の感染の結果、再感染に対する十分な防御があるようだと結論づけています。しかし、補足資料の付録の表2を見ると、ワクチン未接種の被験者9人のうち1人(11%)だけが、12ヶ月の追跡調査期間中に市中感染によるブレークスルー感染を起こしたのに対して、COVID-19に対する実験的ワクチンを接種した被験者27人のうち13人(48%)であったことは明らかです。この事実は研究者たちによって意図的に無視されました。

研究グループが比較的小規模であったにもかかわらず、次のような事実が明らかになりました: まず、呼吸器系ウイルスに感染したことのある人に再び感染させるのは非常に困難であること。第二に、Covid-19の場合、以前の感染に加えて「ワクチン接種」を行うと、変異株による再感染感受性が高まるようです。なぜなら、ワクチン未接種の9人に1人しかオミクロン陽性にならなかったのに、ワクチン接種を受けた27人中23人が後に陽性反応を示す場合、明らかな不均衡が生じるからです。

さらに、この研究に関連して科学ジャーナル『ネイチャー』に掲載された解説によれば、このような高レベルの免疫は、ワクチンや治療法のテスト努力を「複雑化」させると説明しています。そこにはこう書かれています:

5月1日付のLancet Microbe誌に発表されたこの研究結果は、ワクチンや医薬品、その他の治療薬をテストするためのCovid-19チャレンジ・テストの有用性に疑問を投げかけています。「人に感染させることが出来なければ、これらのテストは出来ません」とインペリアル・カレッジ・ロンドンのウイルス学者トム・ピーコックは言います。チャレンジ・テストに使用されるウイルス株は生産に何ヶ月もかかるため、集団に存在する高レベルの免疫に打ち勝つことのできる、新たに出現した循環変異株と一致させることは不可能です。」

しかし、どう見たとしても SARS-CoV-2に対しては、自然感染によって獲得された免疫が明らかに優れていることが証明されました。加えて、実験的ワクチンの投与は、自然に獲得された防御効果を著しく低下させることが示されています。