WHO: 'Pandemic Treaty By 2025' Despite Global Outcry (worthynews.com)
スクリーンショット (708)

WHO:世界的な反発にもかかわらず「2025年までにパンデミック条約を締結」

ステファン・J・ボス 国際特派員 ワースティ・ニュース

ジュネーブ(Worthy News) - 世界的な批判にもめげず、世界保健機関(WHO)は2025年までに世界的なパンデミック条約を締結することを目指しています。

WHOは声明の中で、今後数カ月以内に協定締結に向けた協議が行われることを示唆しました。

その発表は、パンデミック条約が米国や他の国々の主権を損なうと警告する米国や他の国々の批評家の間で眉をひそめることになるでしょう。

米国議会共和党はジョー・バイデン大統領政権に対し、COVID-19パンデミック時の実績を考慮すれば、WHOがあまり大きな権限を得るべきではないと述べています。

「最終草案が国家主権を侵害したり、アメリカ国民の権利を侵害したりしないようにしなければなりません」と、医師でCOVID-19パンデミックを調査する特別小委員会の委員長を務める共和党のブラッド・ウェンストラップ下院議員 は述べています。

ウェンラップ議員や他の議員たちは、この協定がWHOの力を強め、言論の自由や信教の自由を含むアメリカの利益を犠牲にすることを恐れています。

共和党の懸念

共和党は、例えば、WHOが過去に推進した教会でのロックダウンについて懸念を表明しています。

この条約で重要な役割を果たしたオランダでは、11月の議会選挙で勝利したオランダ反イスラム自由党(PVV)の議員フルール・アゲマが、そうした懸念を共有しています。

この条約は指令書のようです。オランダのような豊かな国は、パンデミック対策が整っていない貧しい国に資金を提供しなければなりません。」

しかし、暫定政権の一員であるにもかかわらず、オランダのピア・ダイクストラ保健相は、協定の重要な共同発起人の一人であるオランダは、いずれにせよパンデミック条約を支持するだろうと述べ、引き下がることを拒否しました。

オランダは公衆衛生の分野での国際協力に関しては国際的なリーダーであり、この問題に関しては欧州連合(EU)内で "コンセンサス "が得られている」とダイクストラ保健相は最近述べています。

WHOによれば、COVID-19での失敗を認めた後、194の加盟国がパンデミック前およびパンデミック時の「協力」を強化するための協定について2年間交渉してきたとのことです。

国連機関は先週、合意を目指していましたが、ワクチンの分担や準備などの問題で裕福な国と貧しい国との間に緊張があったため、協議は延長されました。

平行協定

しかし各国は、国際保健規則(IHR)として知られる、法的拘束力のある既存の保健規則を更新するための並行合意に達しました。

その中には、最も重大で世界的に脅威となる健康危機のための新しい「パンデミック緊急事態」のカテゴリーが含まれています。

「WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエソス事務局長は、「今回の歴史的な決定は、公衆衛生上の緊急事態や将来のパンデミックという共通のリスクから自国民と世界の人々を守りたいという加盟国の共通の願い」を示したものだと述べています。

「この合意により、私たちは各国に責任を負わせ、米国人と私たちの安全保障を脅かす前に感染拡大を食い止めるための対策を強化します」と、ザビエル・ベセラ米保健福祉長官は付け加えました。

しかし批評家たちは、この協定は情報共有にとどまらず、今後何年にもわたって世界を拘束する方針を定めるものであるため、米国や他の国々の弱体化につながりかねないと警告している。

WHO Demands Crackdown on Critics of Anti-Human Agenda - Slay News
スクリーンショット (710)

WHOは、その親機関である国連と同様、世界的な統制を主張するために、市民の権利と自由を剥奪しようとする計画を進めてきました。

世界経済フォーラム(WEF)とともに、選挙で選ばれたわけでもないグローバリストの組織は、迫りくるパンデミックや「気候変動」との「闘い」において、反人間的な対策が不可欠であると主張することで、自分たちのアジェンダの先駆けとなることを望んでいます。

しかし、税金を払っている国民のほとんどは、泥小屋に住まわされたり、昆虫を食べさせられたり、旅行を断念させられたり、昇圧死させられたり、家に閉じこめられたりすることを望んでいません。

WHOにとって不運なことに、そのグローバリズムのアジェンダに対する世論の反発が、各国政府による「世界パンデミック条約」の採択計画を頓挫させつつあります。

5月27日から6月1日にかけてスイスのジュネーブで開催された世界保健総会で、WHOは主権を放棄する意思のある独立国からの支持を集めることができませんでした。

WHOは、失敗した計画を推進するキャンペーンの次の段階を前に、安心感で批判者を打ち負かすのではなく、別の計画を持っています。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエソス事務局長や他のグローバリストたちは、自分たちのアジェンダに対する批判者を取り締まるよう促し、かえって倍増しています。

テドロス事務局長は、数カ月かけて「世界パンデミック条約」を推進してきました。

この協定では、世界中の国々が「緊急事態」が発生した場合、自国の主権をWHOに明け渡すことに同意することになっています。

そのような「緊急事態」はWHOによって決定され、宣言されます。

このような場合、WHOは緊急事態に対処するという名目で、各国の法律を無効化する権限を持つことになります。

これにより、WHOは「パンデミック(世界的大流行)」を宣言し、市民に予防接種を受けさせたり、家に閉じ込めたりすることができるようになります。

選挙で選ばれたわけでもない機関と人々によって、憲法修正第1条を無視して市民を検閲することも可能になります。

さらに、WHOは「気候変動との戦い」のような、パンデミック以外の理由で「緊急事態」を宣言することができるようになります。

この動きは、国連加盟国のすべての市民を 「気候ロックダウン」に追い込むことになります。

2月12日のドバイ演説、「未来との約束: なぜパンデミック協定は人類にとってミッションクリティカルなのか?」テドロス氏は言いました。

「この歴史的な合意、世界保健における画期的な出来事を、故意であれ無意識であれ、嘘を広める人々によって妨害されることは許されません。」

テドロス氏が嘘つきや 『陰謀論者』 と烙印を押した批判者には、協定が国家主権を損なうと警告する人々や、WHOの能力に懐疑的な人々が含まれます。

後者の場合、WHOはここ数年、特にパンデミックの際には、自分たちのためになることはしていません。

結局、WHOはCOVID-19の起源を隠蔽する中国共産党(CCP)に協力したと伝えられています。

WHOはまた、中国共産党が国内ではそうしていたにもかかわらず、世界各国に対し、中国からの旅行者を制限したり、国境を閉鎖したりしないよう指示しました。

さらにWHOは、WHOのCOVID-19起源報告書に対する拒否権を北京に認めました。

WHOはまた、宣伝されているほど安全でも効果的でもないワクチンを承認しました。

パンデミック以前にも、性的虐待スキャンダル、無駄遣い、汚職などで物議を醸しました。

どうやら、WHOの事務局長は、自分の壮大な計画に対する反対派を貶めるだけでは不十分だったようです。

「第77回世界保健総会の冒頭で、テドロスWHO事務局長は次のように述べました。「もちろん、私たちは皆、この保健総会に間に合うように、合意についてコンセンサスを得ることができたことを望んでいます。」 

「意志あるところに道は開かれています。」

「皆さんの間には、これを成し遂げようという共通の意志が残っていることを私は知っています」。

その後の数日間、総会はゴールラインを超えるどころか、あと一歩のところまで近づくことさえできませんでした。

その結果、テドロス氏はレースをマラソンに変えようとしています。

WHOは、2年にわたる徒労に終わった交渉の後、この夢を持続させるために必死で、提案されたグローバリズム協定の交渉を継続することに各国を同意させました。

その間にパンデミック条約支持者を引き留めるため、中途半端な対策パッケージがどうやら受け入れられたようです。

土曜日の声明の中で、WHOは、世界保健総会とその194の加盟国が「国際保健規則(2005年版)(IHR)の重要な改正パッケージに合意し、遅くとも1年以内に世界的なパンデミック協定の交渉を完了させるという具体的な約束をした」と述べました。

パンデミックを含む公衆衛生上の緊急事態への世界的な備え、監視、対応を強化する」とされるIHRの修正に妥協した中途半端な措置です。

パンデミック」の定義を「気候変動」まで拡大し、「衡平性」といったマルクス主義的イデオロギーを推進しようとするものです。

これらには、「パンデミック緊急事態」の新たな定義、「公平性」主導の国際的な富の再分配メカニズム、その他の中途半端な措置の実施を監督する新たな官僚機構の創設、「各国内および各国間の規則実施の調整を改善する」ための加盟国のためのIHR当局の創設などが含まれます。
.
「国際保健規則の改正は、疾病サーベイランス、情報共有、対応に関する各国の能力、および加盟国間の協調を強化することにより、将来のアウトブレイクやパンデミックに対する各国の検知・対応能力を強化するものです。

「これは、公平性へのコミットメントと、健康の脅威は国境を認めず、備えは集団的な努力であるという理解の上に成り立っています。

交渉担当者がWHO年次総会での承認に向けた協定案を作成できなかった後、テドロス氏は保健イニシアティブとワクチンを推進するスピーチを行いました。

演説の最後に、彼はこう述べました:

「反ワクチン論者が提起している深刻な挑戦について、私たちは戦略を練る必要があると思います、 ワクチンには効果があり、ワクチンは大人に影響を与えます。」

「私は、今こそ反ワクチン派をもっと積極的に追い込む時だと思います。」

「彼らはCOVIDを好機として、大混乱を作り出しているのです。」