なぜWHOは加盟国を脅して主権を放棄させることが許されるのか?
この腐敗した製薬会社戦線から最初に撤退するのはどの加盟国でしょうか?

シャブナム・パレサ・モハメド 2024年06月03日
c40a69ad-a82b-4854-abe7-bb4c2ac1095

土曜日、私はWHOとその世界保健総会77、そしてIHR改正と新たなパンデミック条約案の影響に関する優れた国際弁護士会議に参加しました。フィリップ・クルーゼとレナーテ・ホルツァイゼンが主催した9カ国10人の弁護士の一人である私は、4つのNPOを代表してWHOと国連に出した通知書について話しました。この通知は世界保健評議会(World Council for Health)からもWHOと国連に出されました。

我々の要求に同意するまでは帰国できない、さもなければ我々はあなたの国を罰します
.
LAWYERS AGAINST WHO (L.A.W)は、私とオランダの同僚弁護士であるメイケ・ターホルストによって結成されました。彼女は先週ジュネーブに滞在し、WHA77のインド代表が、IHR2005改正案が採択されるまで帰国するなと脅迫されていると説明したことを伝えました。帰りのチケットを買うなと言われたそうです。片道切符でジュネーブに行ったのです。彼らはイエスと言うまで帰国を許されませんでした。これはまったく受け入れられません。同意が得られていないのですから、違法な "合意 "です。非民主的で植民地的です。インド代表団は、米国代表団がIHRの採択を推進していると述べました。密かに、あるいは力ずくで。これがWHOカルテルのやり方です。

私はびっくりしましたが、ショックは受けませんでした。WHOとその資金提供者、そして受益者は、この2つの協定(そして『公衆衛生緊急事態』産業)に多大な投資をしており、協定に合意させるためなら何でもするのです。

他の代表団(および関係者)は、代表団が脅迫されたことを確認しました

以下は、私が信頼できる情報として得たものです:

1.何も受け入れられませんでした。WHOはあたかも全員が同意したかのように振る舞っており、後で改正案を変更しようとしています。「彼らは人類を欺こうとしています。」

2.「交渉は、制裁、貿易制限、国際メディアによる悪評などの圧力と脅しによって、合意することなく終了しました。」

3.「採択直後に介入した国々は、2005年IHR改正案から自らを切り離した」。つまり、複数あったということです。

4.「加盟国は圧力をかけられ、脅迫を受けています。加盟国は圧力には屈しないと言いました」。何人かの代表団は、抗議のためにWHA77を早々に去りました」。

具体的な加盟国の立場は?

スロバキア:世界保健機関(WHO)に代表団が報告: 「スロバキアは2005年IHR改正案全体から離脱します」。


コスタリカ 「パンデミック条約の長期化と不確実性は、我が国民の幸福に影響を与える既存の二極化を悪化させるだけであり、私は彼らの健康を維持し、保全する責任がある」という理由で、『決別する』。

イラン「IHRの成果文書は、多くの国々が提起してきた長年の懸念に完全には対応しておらず、このプロセスを通じて我々が期待していたもの、すなわち公平性と開発関連の問題にはほど遠いものです: イランは続けて 「IHRの国家の権利、締約国の権利、IHR第59、61、62条に対する拒否または留保の可能性をDG(事務局長)に通知すること。最後に我々は、この決議のいかなる内容も、WHOやその他の国際機関の権限を拡大し、締約国の主権を損なうものと解釈されるべきではないことを改めて表明します」。

ロシア:「ロシアの政党は、わが国の国内法の範囲内でIHRを検討する。我々は、憲法ならびにIHR第61条及び第62条に規定された修正を留保し又は拒否する国家の主権的権利を強調する。

アルゼンチン:「十分かつ複雑な修正案が、最後の瞬間に終わってしまったことを嘆きます。我々は、13.4において主権国家としての決定を下しました。パンデミック条約の実施については、各加盟国の主権に委ねられており、各加盟国が最善と考える方法で自国民を保護し、その独立と自由を守るために、自国の法律にこの条約を適用すべきである」と述べた。

WHA77最終日に投票が行われなかった要因は?各国がWHOに対し、反対または反対票を投じる意向を明らかにしたこと:

[速報]WHOがIHRの改定を決定 
6月1日21:07 (日本時間6月2日4:07) IHR改定案が「異議なし」方式で議長承認。出席者は3分の1以下。
<経過:日本時間で表示>
.
支持を表明したのは下に国名があるようにわずか37カ国(日本含む)
f2196e40-63c8-4766-8679-3ddf78

ツイート経由:@ChikatsuHayashi(林千勝)

提案されたパンデミック条約は一時停止中、
WHOは早ければ年末までに完了したいと考えています。
IHR 2005 修正案が可決されました。その内容を確認してください。

IHR 2005 改正に関する法的立場はどのようなものですか?
私の見解を要約すると:

1.WHA 77 における IHR 2005 修正採択プロセスは違法でした。

2.第55条第2項違反+2024年6月1日(土)の投票欠如を含む

3.194カ国のうち、支持を表明したのは37カ国のみで、この記事で先に挙げたとおり。

4.他の国々は異議を唱えましたが、無視され、承認も脅迫もされませんでした。

5.強制は同意ではありません。加盟国の代表は法的措置を取るべきです。

なぜ加盟国の代表や政府は、薄っぺらな大手製薬会社の従順な下僕のように扱われることを受け入れるのでしょうか?私たちの尊厳と主権はどこにあるのでしょうか?そして私たちは、オーウェルのような不正に抵抗するために何をするつもりなのでしょうか?

ここでは、情報を入手し、組織的専制政治への抵抗に役立てるための6つの重要な行動を紹介します:

1.1. WHOと国連に、この4つの重要な通知を出してください。

1.2. WHOの職員に直接、活動停止命令を通告してください。

2.1. CHD.TVのテドロス氏のエチオピア虐殺とケニアの不妊に関するエピソードをご覧ください。

2.2. 私たちが南アフリカで制作した2部構成の映画をご覧ください: WHOの世界的権力者たちWHO's Global Power Grab

4.私が昨年書いた、WHOと国連がこの2つの協定をブルドーザーで破壊するために制裁を課すであろうという批判的な記事、その理由と方法をお読みください。

5. 緊急事態を合法的に宣言するための5つの国際法上の基準を、世界保健評議会の法的概要に記載されています。
https://shabnampalesamo.substack.com/p/why-is-the-who-threatening-delegates