悔い改めの力が私たちを取り巻く世界に

Search - BitChute
https://gregreese.substack.com/p/the-power-of-repentance-on-the-world

偽のパンデミックと実験的な強制接種というこの致命的な時代に、ロシアはほとんどの大国よりもうまくやっていたという多くの主張があります。そこで私は昨年12月、自分の目で確かめるためにロシアを訪れました。そこで私が学んだのは、これは事実だが、政府の功績ではない、ということです。ロシア連邦の一部はロシア国民とその文化を保護・保存していますが、その証拠に、私たちが西側諸国で見たのと同じように致命的なワクチンを打っていたことがわかりました。

ロシアでのワクチン接種中の死亡者数は240万人を超え、1945年以来最悪の死者数となりました。ワクチン接種と罹患率・死亡率の増加には相関関係があることがデータで示されています。また、ロシア保健省のトップは、妊娠中の女性に対し、より快適で安全な妊娠に貢献するとして、ワクチン接種を促しています。

ロシア国民を救っているのは政府ではなく、国民自身でした。私がロシア国民について最も感じたことは、アメリカ国民よりもはるかに団結しているということです。私がここで話した誰もが、マスクの義務化やワクチン接種の際には、大多数の国民が一致団結してそれらを無視したと言いました。警察はあごから下にマスクを着用し、国民にマスクを強制しませんでした。また、雇用主はワクチン接種がないにもかかわらず、それを示す書類を偽造していました。彼らは騙されることなく、互いに協力し合いました。

この団結は、何世代にもわたる苦難の結果であり、共同体の重要性をすべてのロシア人の精神に埋め込んだものだと、多くの人が私に語ってくれました。そして、それが大きな要素であることは間違いないのですが、彼らの団結に貢献したもうひとつの大きな要素があります。それは、誰にでも取り入れることができる「悔い改め」です。

正教はかつてロシアの国教でした。ソビエト連邦時代に違法とされ、共産主義が崩壊すると、正教が大々的に再興されました。最初の数年間で、2000万人以上のロシア人が洗礼を受けました。そしてこれらの人々の多くは、革命時にロマノフ家がボリシェヴィキによって残酷に処刑されたことを国家が悔い改めなければならないと信じています。何百万人ものロシア人が、悔い改めこそがロシアを救う唯一のものだと信じているのです。多くのアメリカのクリスチャンが、アメリカも悔い改めなければならないと言っているのを聞いたことがありますが、ロシアに来る前の私は、悔い改めとは何かを理解していませんでした。

聖ヨハネ・クリュソストムによれば、悔い改めの目的は癒しと変容のためです。悔い改めには5つの道があり、それはとてもシンプルなものなので、どんな教義や信条にも服従したり従ったりすることなく、誰でも実践することができます。

悔い改めの最初の道は、悔恨、つまり自分の罪を責めることです。何かを上達させるには、自分の弱さを自覚しなければなりません。例えば、もっと上手な大工になりたければ、自分のどこが下手なのかを自覚し、それを改める必要があります。何事も同じです。良い人間になりたければ、自分の欠点を自覚しなければなりません。

悔い改めの第二の道は赦しです。他人の罪を見過ごすことです。これは法律や正義を守るべきでないと言っているのではなく、他人の欠点に目を向けていると、自分のことに集中すべき時間を無駄にしてしまうということです。私たちには他人を強制する権利も力もありませんが、自分自身を変える力と責任はあります。

悔い改めの第三の道は祈りです。具体的には、情熱的で、集中し、心から発する祈りです。時間をかけて、心配事や 欲望、世俗的なことから思考を遠ざけ、愛と感謝の周波数を培っていくのです。祈りの力は科学的に測定されています。そして、一貫した集団の祈りによって、それが実践された地域の犯罪を減少させました。

悔い改めの第四の道は、他人に対する親切な行いです。世の中には、困っている人に思いやりと寛大さを示す機会がたくさんあります。

そして、悔い改めの第五の道は謙遜です。思考、言葉、行動においてより謙虚になることです。

これらの教えによれば人は毎日、これらの道のうち少なくとも一つを選ぶだけでよいのです。これは責任を取るということであり、健全な社会の根源です。この5つのシンプルな道を実践する人が増えれば増えるほど、社会が癒され、変容していくことは明らかです。