David Webb on the 'Great Taking' and Bankers' Plans to Takeover Property Ownership (needtoknow.news)

デビッド・ウェッブ、「グレート・テイキング」と銀行家による不動産所有権乗っ取り計画について

Screen-Shot-2024-06-03

国際金融の専門家であるデビッド・ウェッブは、銀行と政府を支配するグローバル・エリートたちが、すべての国が採用している統一商事法典を変更するために、30年以上にわたって静かに活動してきたことを発見しました。政治家が国家非常事態を宣言した場合に、またはその時点で、資産を本当に所有するのは誰かというルールが変更されました! 

「統一商事法典」の検索結果 - Yahoo!検索
日本統一商事法典 - 検索 (bing.com)

あなたが所有する資産のうち、融資の担保として保有されていたものはすべて、たとえあなたがその全額を支払った後であったとしても、過去のある時点で、その資産に関する当初の債務に対して融資を行った金融機関の所有物となります。
.
あなたは、銀行が資産そのものを保有し管理する一方で、紙の証明書を保有する受益所有者と呼ばれることになります。

あなたは決してその資産を取り戻すことはできません。

この現実に対応して、今、強力な動きが広がっています。これは、この計画を練ってきた邪悪な陰謀団に対抗し、世界中の人々を団結させるための「最後の藁」のような問題かもしれません。 

私たちは4月に「The Great Taking」について報告しました(こちらこちら)。デビッド・ウェッブは、2024年6月15日と16日にサウスダコタ州ラピッドシティで開催されるRed Pill Expoで、この重大な問題に関する最新情報を報告する予定です。ぜひご参加いただき、直接またはオンラインでご参加ください
 
https://redpilluniversity.org/expo-homepage/


デビッドウェッブビデオ:

動画へのリンク    

代替ビデオリンク/ Red Pill Expoホームページ: 
https://redpilluniversity.org/expo-homepage/