ウクライナ問題でE.マクロンの政治的消滅: ルペンの圧勝でフランスで早期議会選挙が実施
macron-lepen-2-960x478
https://warnews247.gr/diethnh/europe/ektakto-politikh-eksaulwsh-tou-e-makron-logw-oukranias-prowres-ekloges-sth-gallia-meta-th-sarwtikh-nikh-ths-lepen/

エマニュエル・マクロンは、マリーヌ・ルペン党の圧勝を受け、国民議会の解散と6月30日の議会選挙の実施を発表しました。

国民集会(RN)は、エマニュエル・マクロン大統領の政党の2倍以上となる32.4%の得票率でフランスの欧州選挙に勝利する見込みです。

マリーヌ・ルペン氏が国民集会(RN)党を「平和のための愛国的政党」として打ち出した成功を受けて、彼女は政権奪取の準備が整ったと述べています。

ルペン氏の政党は選挙で過去最高の結果を達成する一方、エマニュエル・マクロン大統領の連立政党は欧州の選挙でフランス政府の政党として過去2番目に低い結果を受け取ることになりそうです。

世論調査機関イプソスの推計によると、マクロン連立政権の現在の支持率は約15.2%で、ラファエル・グラックスマン率いる社会民主党の14%にわずかに1ポイント差をつけています。

国民連合のユーロリストのジョルダン・バルデラ党首は、マクロン大統領に総選挙の実施を要求しました。

「エマニュエル・マクロンは今夜、弱体化した大統領だ 」と支持者を前に語り、「今夜の大統領多数派と有力野党の前代未聞のギャップは、大統領とその政権に対する強い否認と拒絶を反映している 」とコメントしました。

マクロンはこの要求を受け入れました。

マクロン フランスの国政選挙!

「今日の最後に、何事もなかったかのように振る舞うことはできません。マクロン大統領はエリゼ宮からフランス国民に向けて、「このような状況に加えて、近年、わが国の国民と議会の議論を支配している熱病があります。」

「だからこそ、憲法第12条に規定された協議を経て、私は皆さんの投票によって議会の将来を再び選んでいただくことにしました。」

あと数分したら、第一回投票を6月30日に、第二回投票を7月7日に実施する議会選挙を招集する政令に署名するつもりだ」とマクロン大統領は付け加えました。

フランス大統領は「重大で重い決断だが、何よりもまず信頼のための行動だ」と述べました。

ウクライナ問題、フランス軍の派遣、第三次世界大戦につながるロシアとの紛争への直接的な関与は、マクロンの政治的浄化をもたらしました。

それは、数カ月前の急進的な改造も、ウクライナでの「好戦的」に近い高揚したトーンも、最後の選挙週に行われた西側諸国からの数十人の首脳のパレードも、彼の知名度を上げる可能性があったにもかかわらず、マクロン党の崩壊を抑えることはできませんでした。

フランスは今、マクロンの戦争計画をすべて見直し、取り消すことができるようになりました。

サルヴィーニの爆発 

つい24時間前、マッテオ・サルヴィーニは、彼の戦争計画とヨーロッパを第三次世界大戦に導こうとする執念から、E.マクロンを激しく攻撃しました。

フランスのウクライナでの戦争に関するますます厳しい暴言は、イタリアの政府副大統領でレガ党党首のマッテオ・サルヴィーニが月曜日にフランス大統領に「ヘルメットをかぶって戦争に行き、イタリア人の@@を壊すのはやめろ」と言った時の反応を引き起こしました!

この発言は、サルヴィーニがイタリア南部の都市バーリで開かれた選挙集会で述べたもので、同連盟党首は、マクロンは「ヘルメットをかぶり、ベストを着てウクライナに行く」べきであり、パリは「イタリア人に迷惑をかけるな」と発言しました。

https://warnews247.gr/diethnh/europe/marin-lepen-eimaste-etoimoi-na-analaboume-thn-eksousia-tha-termatisoume-th-mazikh-metanasteush/
マリーヌ・ルペン:「政権奪取の準備はできている - 大量移民は終わらせる」

エマニュエル・マクロンは、2024年の欧州選挙で同党が圧勝したことを受け、国民同盟のマリーヌ・ルペン党首が早期選挙招集を決定したことを歓迎しました。

「この歴史的な投票は、国民が投票すれば国民が勝利することを示しています。」

「フランス国民が今度の国政選挙で私たちに信頼を寄せてくれるなら、私たちは権力を握る用意があります。」

「私たちは権力を行使する用意があり、大量の移民を終わらせる用意があり、購買力を優先させる用意があり、フランスを再び生き返らせる用意があります」。

マクロンの発言

「今日という日を終えて、何事もなかったかのように振る舞うことはできません。このような状況に加え、ここ数年、わが国の国民と議会の議論を支配している熱狂があります。」

「だからこそ、憲法第12条に規定された協議を行った後、私は、投票によって、私たちの議会の将来の選択を再び皆さんに与えることに決めました。」

※各国も政変が起きているようです

https://warnews247.gr/diethnh/europe/allagh-sthn-kardia-ths-eurwpaikhs-enwshs-paraiththhke-o-prwthupourgos-tou-belgiou-meta-thn-pikrh-htta-stis-eurwekloges/
EUの『中枢』に変化:欧州選挙に敗れたベルギー首相が辞任

ベルギーのアレクサンダー・デ・クルー首相は、欧州選挙と同時に行われた議会選挙で党の評価が急落したことを受け、目に涙を浮かべながら退陣を表明しました。

ベルギーのアレクサンダー・デ・クルー党首は、月曜日の朝をもって首相を「辞任する」と発表しました。

デ・クルーは新政権が発足するまで暫定首相に留まる予定です。


https://warnews247.gr/diethnh/europe/polwnia-nikh-gia-to-komma-tou-ntonalnt-tousk-megala-pososta-gia-to-pis/
ポーランド:ドナルド・トゥスクの政党が勝利 - PiSが大勝利

本日行われた欧州選挙で、ポーランドのドナルド・トゥスク首相と彼の政党「市民連合」が38.2%の得票率を獲得し、僅差で勝利しました。

イプソスがTVN24のために午後9時の投票終了後に発表した出口調査結果によると、野党・法と正義(PiS)は33.9%を獲得しました。

トゥスク氏の政党が直接対決でPiSを破ったのは2015年以来初めてです。

右派のコンフェデレーション党は11.9%と好調で3位でした。

トゥスク氏は今回の選挙を、同政権が掲げる欧州の方向性と、EUがロシアの脅威にさらされている今、ポーランドをEUから引き離そうとしていると警告するPiSとの存亡をかけた一票であると表現しました。

出口調査の予測では、ポーランドの欧州議会53議席のうち政治連盟が21議席、PiSが19議席、連合が6議席、第三勢力が4議席、左派が3議席を獲得する見通しです。