ロックフェラーによる「BRICS新世界秩序計画」 : メモ・独り言のblog
旧世界秩序、暫定世界秩序、新世界秩序 : メモ・独り言のblog

※クラウスシュワブがいなくても順調そうですな...
https://off-guardian.org/2024/06/05/spief-24-multipolar-world-order-converges-on-st-petersburg-to-take-pcr-tests-chat-about-sustainable-development/

SPIEF '24 - 多極的な世界秩序がサンクトペテルブルクに集結、PCRテストと持続可能な開発についてのおしゃべりを披露
riley-spief-24-banner

それは起こっています。又。残念ながら、それは毎年起こっています。

もちろん、世界で最も反グローバリストの頭脳が毎年集まる年次総会の、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムのことです。

伝統に従ってPCR検査が陰性でないと会場に入ることはできません。SPIEFは、ウイルス・ステータスについて質問がある場合に役立つビデオを公開しています。


注意:SPIEFのデジタルIDは、あなたがウイルス検査で陰性と判定されるまで有効にはなりません!

riley-spief-24-pcr-test-800x472

また、チケットを購入する必要があります。

チケットは19,860ドルです。

riley-spief-24-ticket-price

注意:エスコートはチケット料金に含まれていません。エスコートは別売りです!
.
それでは、この多極的伝統的価値観のステークホルダー・シンディグで何が議論されるのかを検証してみましょう。

riley-spief-24-sustainable-developmen

EAEU, SCO, BRICSの気候アジェンダ: 持続可能な開発のためのパートナーシップ

最重要議題は「多極する世界経済への移行」、すなわち長期的な「持続可能な開発」への道を開く「グローバルな炭素規制システム」の構築です。

生産とサプライチェーンに関する開発戦略は、パリ協定の世界的な目標と、排出削減と気候変動への適応に関する各国の計画を考慮して立案されています。EAEU、SCO、BRICS加盟国間の炭素規制のアプローチとペースが一致することで、移行技術を含む公平なエネルギー移行に基づく世界的な炭素規制システムを構築し、多国間取引システムと技術的中立性の原則を遵守することが可能になります。EAEUにとって、気候変動規制へのアプローチの収束は長期的な優先事項です。[市場ベースの炭素価格メカニズムは、SCO、EAEU、BRICS諸国の気候変動目標の達成に役立つのか、また炭素の適正価格とは?

BRICSカーボン1つにいくらの費用がかかるのか?5デジタルルーブル?10ルーブル?サンクトペテルブルクに来れば、気候問題担当ロシア大統領特別代表のルスラン・エデルゲリエフ氏や、スベルバンクのESG担当上級副社長タチアナ・ザヴィヤロワ氏など、世界で最も有名なカーボン鑑定家たちとこの重要なテーマについて議論することができます。

また、別のパネルでは、「トランジション・ファイナンス」や、「BRICS諸国が、伝統的に炭素集約的なセクターにおける排出削減の動きを積極的に支援している」ことを合理的な疑いの余地なく証明するその他の持続可能な活動について議論します:

気候変動目標を達成するための選択肢の一つとして、温室効果ガス排出量の多い産業や事業の近代化プロジェクトにキャッシュフローを誘導するトランジション・ファイナンスを推進することが考えられます。2021年9月、ロシアは「適応(移行)プロジェクト分類法」を採択し、中国はすでに7つの地域別移行プロジェクト分類法を持っています。一般的なアプローチは、中国のイニシアティブに基づき、G20で提案されたものです。

専門家はまた、ロシアにおける生体認証技術の「急速な発展」を恐れる理由がない理由についても議論します。

生体認証技術のグローバル市場は急速に発展しており、ロシアはそのリーダー的存在です。ロシアでは生体認証を利用したサービスがますます増えており、ロシア人にとって政府や商業サービスを受けることがより簡単でアクセスしやすくなっています。しかし、人々はこの新技術を警戒しています。詐欺師を恐れる人もいれば、情報漏えいを恐れる人もいます。また、国家による完全な管理を意味する人もいます。こうした固定観念が、バイオメトリクスの発展を妨げています。 しかし、実際に生体認証とは何なのでしょうか?私たちはこの技術を必要としているのでしょうか?そして恐れる理由はあるのでしょうか?

SPIEF '24では、ロシアの「デジタルトランスフォーメーション」が特に注目されます。結局のところ、2030年までにほぼすべての「社会的に重要な」サービスをデジタル化することを望むのであれば、関連する利害関係者は協力する必要があります:

また、ダボス会議のプレスリリースからコピーペーストされた無意味な流行語について、グローバルサウスの専門家たちが知的刺激に満ちた会話を繰り広げます:

riley-spief-24-brics-new-world-order
新世界秩序におけるBRICSの目標

最終的には、この会議は、カーボンクレジット、生体認証による家畜タグ、そして高価な売春婦に基づく、極めて持続可能な世界秩序の到来を支援することを目的としています。